TOPに戻る
鬱るんです
躁鬱病のITエンジニア「はまー」が心と体の模様を記した雑記帳。 大手IT企業で心身ともにぼろぼろになり退職した後、ほそぼそと働いたり事業を立ち上げようとして頓挫したり、作業所に通ったりと紆余曲折したが、今は障害者雇用でなんとか働く毎日

昨日は21時半に寝た。途中2時半くらいに1回目が覚めたが、よく眠れた。朝7時過ぎに目が覚めて、「ああ、今日もだめか」と思った。はっきりとした鬱ではないが、もやもやがある。最初は小さなもやもやだが、起きて活動すると鬱に成長する。そういう身体感覚である。

動き出せばなんとかなるかもしれない、と一縷の望みをかけて起床。朝食を食べる。食べているうちに案の定もやもやが大きくなってきて、食べ終わったころには「あかん、動けん」という状況に。体も心もしんどい。しかしここでなんとかしたい。できる限りの気合を入れる。その気合を持続させるために、自分の中にピンと糸を張る。この糸が切れたらおしまいなので、切れる前に緩めなければならないが、そのぎりぎりを狙って動く。抽象的過ぎてよくわからないと思うが。丹田で深い呼吸をしてその緊張を持続させる。

なんとか頑張って外に出て、歩いた。大きく手を振りながら歩いた。なんとか職場に着いた。事務のお姉さまが「あら大丈夫?」と気遣ってくれた。午前中だけがんばって席についていたが、お昼ご飯を買ってきて食べたらしんどくなった。糸が切れる寸前かもしれない。そこで今日はおしまいにして帰ってきた。実に19日ぶりの出勤だった。上出来だろう。

ローソンに寄って、高いおやつを買って帰ってきた。今月はぜんぜんお小遣いを使ってないから、これくらいいいとしよう。

ショコラエクレール

明日は動けるだろうか。


コメントする

メールアドレスは公開されません

*は必須項目です