TOPに戻る
鬱るんです
躁鬱病の元ITエンジニア「はまー」が心と体の模様を記した雑記帳。 大手IT企業で心身ともにぼろぼろになり退職した後、派遣のエンジニアをやったり小さなIT企業でほそぼそと働いたり、Web制作事業を立ち上げようとしたりしたが、今は就労継続支援B型事業所でリカバリーを頑張っている毎日。

昨日は次の日が休みなので22時半に寝た。1時間遅いとゆっくりできる。夜はしっかり眠れて8時起床。朝からだらだらとPCの前に座ってなにかやっていた。何をやっていたかあまり覚えてない。なんでだろ?

Android10になったらダークモードを選択できるようになったので、それにしてみた。ついでに壁紙も真っ黒にしてみた。グーグルの検索窓の枠が見えない。

ダークモード(ホーム画面)

通知画面も真っ黒。

ダークモード(通知画面)

設定画面とか真っ黒。

ダークモード(設定画面)

LINEとかTwitterとか、ダークモードに対応しているアプリも真っ黒。

ダークモード(LINE)

ダークモード(Twitter)

目にいいらしい(本当かな?)というのと、消費電力が少ない(本当かな?)というので、しばらくこれを試してみよう。

と思ったが、消費電力が少ないというのは本当なのかちょっと気になるので調べてみたら、「液晶は常にバックライトを発光させているので変わらないが、有機ELの場合は黒の表示ではピクセルが発行しないので省電力になる」と書いてあった。私のAQUOS Sense3 Plusは液晶だっけ?とスペック表を見たら「IGZO」と書いてある。はて「IGZO」とは?また調べる。Wikipediaによると、

「IGZO(イグゾー)は、インジウム (Indium) 、ガリウム (Gallium) 、亜鉛 (Zinc) 、酸素 (Oxygen) から構成される物質の略称。」

はあ。物質名。

「液晶ディスプレイや有機ELディスプレイを始めとして、太陽電池、不揮発性メモリ、紫外線センサーなど様々な分野に応用が期待される物質である。

はあ。「液晶ディスプレイや有機ELディスプレイを始めとして」。で、私のスマホはどっちなんだろう。まあ有機ELならそう書いてあるだろうから、普通に液晶なんだろうな。この機種とほぼ同時期に発売された上位機種のAQUOS zero2の場合ははっきりと「有機EL」と書いてある。ということは、バッテリー節約効果は期待できないということか。

次の話題。昨日から利用可能となった接触確認アプリというのをさっそくインストールしてみた。

接触確認アプリ

接触確認アプリ

絶えずBluetoothのビーコンを発しているのでバッテリーを食うというが、どれくらいなんだろう。あまりひどいと使い続けたくはないが、みんなが使わないと意味がないアプリだしなあ。

なんてことをやってたら、ちょっとしんどくなってきた。お昼ごはんを食べたあと、夕方まで横になってしまった。やはり1週間フルタイムで働いたら疲れが溜まったか。暑さとマスクにもけっこうダメージを受けたぞ。元気だったら焼肉に行きたかったのに。来月作業所で焼肉に行くので、ちょっと偵察に行きたかった。レクの企画でいちいち自腹で下見なんか行ってられないが、5月は2日しか出勤してないのに休業補償として4月と同じ給料をもらったので、「レク委員への調査費」として、それで焼肉の下見に行くか~なんて思っていたのだ。明日に行きたいところだが、明日もちょっと無理だろうし、平日は夜遅くなりたくないからまた来週。別に行かなくてもいいけど。


コメントする

メールアドレスは公開されません