TOPに戻る
鬱るんです
躁鬱病の元ITエンジニア「はまー」が心と体の模様を記した雑記帳。 大手IT企業で心身ともにぼろぼろになり退職した後、派遣のエンジニアをやったり小さなIT企業でほそぼそと働いたり、Web制作事業を立ち上げようとしたりしたが、今は就労継続支援B型事業所でリカバリーを頑張っている毎日。

カテゴリー:その他諸々

35周年の節目の話を書いたさっきの記事が、どうやらこのブログの4,900番目の記事だったようだ。

2001年から書いているこの日記も、5,000記事まであと100とせまった。

いまは6月か。最近は1ヶ月に日数以上の記事をアップしている(先月なんて76記事)ので、今年中に5,000に到達するだろうな。

ただただ書き散らせばいいというわけではないのだが、やはりここまで積み上げてきた、という自負がある。

ただ、日記を書き出してから、というわけではなくPCで文章を書くようになってからだが、頭の中で文章を構成する力が確実に弱くなった。いきなり鉛筆や、いや鉛筆ならまだ消せるからいい、ボールペンや万年筆で小説やらエッセーなどを書くとする。推敲はあとからするとしても、頭の中であとあとの構成や展開まで考えて文章を組み立てながら書かないといけない。当たり前の話だが、最近自分が書く時は、とりあえず自分が思いついたことをだーっと書いてしまい、この辺ちょっと日本語がいまいち、だとかこれとこれは入れ替えたほうがいいよね、あ、これは冗長だから削除、ここちょっと言葉足らずだから一言挿入、と書いたそばからコピペしたりして修正しながら次を書いていく、というような、スクラップ・アンド・ビルドみたいな文章の作り方をしている。システム開発でたとえるとアジャイル開発のような(強引にたとえるな)。

こういう文章の書き方に慣れてしまっていると、今度の一次選考での一般論文が少し不安である。「一般論文は問われている内容に対して知識や経験等を踏まえながら、意見を論理的に表現するものです」と書かれている。そういうことには自信がある。PCで書け、と言われたらさぞかし立派な論文に仕立て上げてやろう。しかし「手書きで」と言われたらとたんに自信がない。まず最初にどれだけ「前提」「論理展開」「結論」などの大雑把な組み立てを頭の中で行い、それぞれの中に自分の知識や経験をどう組み込みながら、できるだけ読んでいる人の頭にスタックを掘らせずに文章を書けるか。そう、今かいた「読んでいる人の頭にスタックを掘らせずに」というのが私は読みやすさのポイントだと思っている。

こういう文章の書き方には、それはそれでテクニックがあり、それは昔本多勝一の「理科系の作文技術」という本で鍛えた気がする。これから勝手に自分でテーマを作って、「勝手に小論文」とか書いてみようかな。もちろんシャーペンで。

誰かお題をちょうだい。そして誰か採点して。

ということで、4,901目の記事でした。

自分は携帯のプランは先月までauの通話定額ライトというプランだった。これは最初の5分までは何回でもかけ放題だが、5分以上になると30秒20円の料金がかかる。以前は通話といっても作業所や生活支援センターなどにちょこっと連絡するだけで、ほとんどが5分以内の通話だったのでそれで済んでいたのだが、父のことで兄と電話したり、他にも友達と電話で長話をすることが多くなって、3月から通話定額にした。プラス1,000円かかるが、通話定額ライトなら30分電話したらもう1,000円なのだ。

それで、今月の昨日(3月30日)までの通話料金だが、表示上はこういうことに。

通話料0円

0円と書いているのは通話定額代を別に支払っているからで、このプランだと通話料は常に0円と表示される。しかしその「内訳」というのを見てみると、

実際の通話料

 

15,060円!

 

今月は兄と友達だけでなく、父の死亡後に事後処理として解約やら退会などで電話をかけまくっていたからである。

通話定額にしていてよかった。しばらくはこれにしておこう。

作業所のトイレの鍵がちょっと前に壊れて、あららどうしましょう。でも誰か入っているとスリッパが置いてあるからわかるだろう、みんな注意してください、ということになっていた。トイレの鍵は直ったようだが、未だにトイレのドアにはこんなのが貼ってある。

トイレの貼り紙

もうトイレを開けたら誰かが入っていた、という心配はないんだけどな。

私は昔、合唱団の合宿で河口湖畔のぼろい宿に泊まったときに、朝起きてトイレをがちゃっと開けたら少し年上の女性がパンツを下ろして便座に座っていた、という経験がある。お互いびっくりして(そりゃそうだ)、「すすすみません!!!」と言って逃げ帰った。悲鳴をあげられてもおかしくなかったのだが、その女性は「ちょちょちょちょっと」という感じで「もうなにやってんのよ~」というようなことを言われただけだった。あとで分かったがそのトイレの鍵は壊れていたらしい。中から鍵を閉めると外から見たら青いのが赤くなって誰か入っているとわかるのだが、その状態でも外からドアが開け閉めできたらしい。半分寝ぼけていたのでその表示を見てなかった。

その合宿中はものすごく気まずくて、あああやばいもうこの合唱団には顔を出せないどうしよう、と思ったりしたのだが、でもその1週間後には団員同士の結婚式があって2人とも出席する予定だったので、どんな顔をして会えばよいのやらと頭を抱えていた。もっとちゃんと謝ったほうがいいのか、それとも彼女も忘れたい過去になってしまったのかもしれないので、何食わぬ顔をしてしれっと何もなかったことにした方がいのか。う~んと悩んでいたが、結婚式当日になると隣の席になった彼女はにこにこ話しかけてきた。「ああもうなかったことにしようとしてるのだな」と思ったのだが、それ以来やたら親しげにしてくるようになったので、ひょっとしてこれは「私の恥ずかしい姿を見たのだから責任をとって」的な何かのアピールなのだろうかと考え込んだことがある。その合唱団は辞めてしまったのでその女性ともう会うことはなくなったのだが、今頃どうしてるだろう。

昨日の夜中、朦朧とした頭でなぜかプロバイダのWebメールにアクセスした。迷惑メール振り分けサービスを利用しているので、普段PCで受け取るメールには迷惑メールはあまりない(と言ってもそこそこある)のだが、ここを開くと隔離された迷惑メールがいっぱいある。たまに面白半分に迷惑メールを見て新手のやつがないか見たりするのが変な楽しみ。怪しいところをクリックしないようには気をつけている。いろんなパターンが多いが、代表的なのは、

  • バイアグラやその他クスリの広告。俺にはそんなものいらんっちゅうのに。
  • 何も着ていないお姉さんのあられもない姿満開であんな姿やこんな姿の画像をもろに貼り付けてきて、怪しいサイトに誘い込むメール。なかなか刺激的だったから目の保養になっていたが、2月1日を境にばったりこなくなった。それはそれでちょっと寂しい。
  • Amazonから来たように見せかけた偽の領収書。そんなもの買ってない!と思って「支払いキャンセル」をクリックしたらアウト。これはいろんなパターンで来るが、たいてい日本語がおかしい。
  • AmazonやLINE、楽天のアカウントに異常が見られたので(第三者がログインしたとか)、確認のためにこのリンクをクリックしろとか。
  • 「あなたのPCにスパイウェアを仕込んで、ウェブカメラであなたが恥ずかしいこと(マ○ター○ーション)をしているところを撮影した。ばらまかれたくなったらビットコインを払え」という脅し。
  • クレジットカード会社から不正使用を検出したから、カードの利用を一時的に停止している。至急以下のURLにアクセスして確認してくれ。
    →これもたいてい詐欺だが、本物もあり得る。友達は同じようなメールが来て詐欺かと思ったら、本物だったという。自分もカードを不正利用された経験があり、そのときは電話で連絡があって、怪しいからカード会社が決済を止めてくれていた。このメールはリンク先が.xyzという変なドメインで終わるからおかしいとわかるが、巧妙にできている。とにかくまずは「リンク先URLを調べる」ことと、ヘッダー情報を見て発信元のドメインを確認すること。
  • あなたは幸運にも大金を受け取ることができます。詳しくは私にメールをください。というメール。
  • 似たような感じだが、私の資産運用をしてくれたらお金をあげます、というメール。そういうのに近いFAXがシリアから来たことがあるのだが、そっちの方が不思議。
  • ブランド品のコピー品の販売。はっきりと「コピー品」と書いてあるものもあれば、そうは書かずにただただ70%offとか書いているものもある。まあコピー品だろうが。
  • 寄付を募るメール。勉強したくてもできない子どもたちのためとか、オーストラリアの森林火災のためとか。これはかなりしっかりしたメールである。日本語は完璧で、調べてみたらメールに書いてある寄付金を集めるNPOも住所も実在するし、電話番号で検索すると「公益財団法人世界自然保護基金ジャパン(WWFジャパン)」というのが出てくる。しかしリンク先のURLは、少し怪しげなよくわからないドメイン名。実在するメールをそのままコピーし、アクセス先のURLだけを変えているのはフィッシング詐欺の基本なのでその類か。そうだとしたらかなり巧妙にできている。もう少し調べてみたら、まさにそのNPOを名乗るフィッシング詐欺が発生しており、注意喚起されていた。自分に来たメールもよく調べてみたら、発信元のIPアドレスが中国だった。危ない危ない。これは引っかかる人いそうだなあ。

もっとおもしろいのないかな。昔はもろに「セフレ募集」とかあったのだが。

Twitterでローソン公式アカウントがやってる「このツイートをリツイートしたら毎日何名様に商品が当たる」というリツイートキャンペーン。この前はロールケーキが当たった。今日からまた新しいキャンペーンが始まったのだが、

 

ローソン当たり

 

いきなり当たった。

 

当たりすぎじゃね?

 

なんか、当たりすぎて、怖い。