TOPに戻る
鬱るんです
躁鬱病の元ITエンジニア「はまー」が心と体の模様を記した雑記帳。 大手IT企業で心身ともにぼろぼろになり退職した後、派遣のエンジニアをやったり小さなIT企業でほそぼそと働いたり、Web制作事業を立ち上げようとしたりしたが、今は就労継続支援B型事業所でリカバリーを頑張っている毎日。

カテゴリー:団地生活

昨日は22時半に寝たが、寝付けなかったので30分経ってから起きて、コーンフレークを食べてしまった。なぜ食べてしまうのか?食べるならベビーチーズを1個と決めてるのに。ちょっとこれはやめないと、コロナでずっと引きこもっているうちに体重が1キロ増えてしまっている。運動不足もあるだろうが、夜中に食べてしまっている方がやばいだろう。なんとかしないといけないな。と曖昧なことばかり書いてると一向に改善しないから、具体的に何をどうすればいいか考えよう。

午前中はぬるぬる過ごす。妻がお向かいさんと常任委員のことで話をしに行ったのだが、どうも前任者から「常任委員セット」だけ受け取って、ちゃんとした引き継ぎはしてないようだ。7年前にやったときも同じお向かいさんと組んでやったのだが、そのときはご主人が委員だった。しかしご主人が亡くなったため今度は奥さんがやってるので、詳しいことは把握していないようだ。7年前に作った「常任委員の仕事」という資料の今年度版を作ってちょっと説明した方がいいな、と思って以前作った資料をメンテしていた。この7年で少し変わったこともある。

電子証明書の有効期限更新手続きに出してたマイナンバーカードが返ってきたので、さっそく特別定額給付金のオンライン申請をした。「ぴったりサービス」というサイトから手続するようだ。

ぴったりサービス

まずは画面の指示に従って動作チェック。そう言えば確定申告のときはブラウザがIEに限定されていてChromeが使えず、なんだこのシステムは、と思った。こいつはどうだろうと思って「動作環境の確認」というのをやると、

STEP1 OSの種類・バージョン:OK 対応しています
STEP2 ブラウザの種類・バージョン:OK 対応しています

と出た。どうやらChromeも対応しているようだ。

続いて、

STEP3 マイナポータルAPのインストール:NG マイナポータルAPのインストールがされていませ。こちら(インストール手順)よりマイナポータルAPをインストールしてください。

とのこと。私はAPと言えばアプリのことだとわかるけど、普通の人はわかるのかな。「アプリ」と書けばいいのになぜ1文字だけ節約したのか。とにかくアプリを入れないといけないようだから、その手順通りにやるとアプリというよりChromeのブラウザエクステンションだった。

そして久しぶりに取り出したカードリーダー。活躍するのは確定申告以来か。

カードリーダー

これで準備OK。あとは「申請する」ボタンを押してそのまま進んでいき、電子証明書のパスワードを入れて、必要事項を入力。ちょっとめんどくさかったのは振込先がわかる書類の添付ということで、通帳の見開きをスキャンしてPDFファイルで添付。そのまま画面の指示通りに進んでいって終了。めっちゃ簡単。

2種類のパスワードが必要だが、これを忘れたために役所に人が殺到しているとか。

パスワード

パスワード

全部終わったら申請書控えをダウンロードできる。PDFとCSVのファイルがあるのだが、PDFはこんな感じ。

申請書控え

CSVファイルをExcelで開いたら文字化けした。

CSVファイル(文字化け)

このファイルUTF-8なのか。まあ最近ではそれが当然だろう。しかしBOMなしのUTF-8のファイルはExcelで普通に開けない。CSVファイルをBOM付きに変換してやるか、Excelから外部のデータソースとしてCSVファイルを取り込んで、そのときに文字コードを指定するというやり方があるが、私は手っ取り早くファイルを秀丸で開いてからBOM付きで保存。Excelでまともに見れるようになった。

CSVファイル(正常に表示)

実は私のExcelは少しバージョンが低いのだが、最新のExcelはUTF-8のファイルはどうなんだろう。やっぱりBOM付きでないと読み込めないのか?そして今ここに書いたことが理解できない人はどうするんだろう。文字化けした画面を見て途方に暮れるだけなのか?

ちなみにこれらのファイルはダウンロードし忘れても、あとから来る確認のメールにZIPファイルとして添付されている。いるのだが、

ファイル名文字化け

ファイル名が文字化けしてるでござる。なんだかなあ。このシステム作ったのどこの会社だよ。ちなみにこのシステムは今回の給付金のために作ったものではなく、元からある「ぴったりサービス」を利用したものなので、この添付メールのシステムも急いで作ったものではなく、もともとあったもの。なんでこんな仕様のままほっとかれてるのか。あまり利用する人もいなくて誰も文句言わないのか。

終わってから、改めてマイナンバーカードの電子証明書のチェック。公的個人認証サービス(JPKI)アプリを起動して確認。まずは署名用電子証明書。

署名用電子証明書

ちゃんと令和7年になっている。続いて利用者証明用認証局の電子証明書。

認証局の電子証明書

ちゃんと令和11年になっている。万事OK。

ところで「電子証明書って何?」「なんで2種類あるの?」という人のために、総務省のサイトから引用しよう。

署名用電子証明書・・・インターネット等で電子文書を作成・送信する際に利用します(例 e-Tax等の電子申請)。「作成・送信した電子文書が、利用者が作成した真性なものであり、利用者が送信したものであること」を証明することができます。

利用者証明用電子証明書・・・インターネットサイトやコンビニ等のキオスク端末等にログインする際に利用します(例 マイナポータルへのログイン、コンビニでの公的な証明書の交付)。「ログインした者が、利用者本人であること」を証明することができます。

これを読んでも意味がわからないという人がいる場合、「ユーザーがもっと勉強する」「もっとわかりやすくする」のどちらかだと思うのだが、これ以上簡単にどうやってできるのかなあ。もうちょっとわかりやすい表現ってあるだろうか。「電子サイン」「電子身分証明書」。う~ん、いまいち。

昨日は22時40分に寝た。夜はちゃんと眠れた。朝は8時に起床。まあ普通である。しかしこの2週間、なかなかその普通な日がなかった。サーバとブログでトラブったり、相続関係の書類を進め始めてからけっこう乱れまくっていた。

お昼にお向かいさんがピンポンとチャイムを鳴らしてやってきた。今年の常任委員についてちょいと話す。毎年各棟から自治会の役員を2名出さないといけなくて、今年度はうちとお向かいさん。今日は本当は総会があるはずだったのがコロナで中止になって、総会で配布するはずだった横浜市の広報誌のうちの棟の分をお向かいさんが取りに行ってくれた。そのついでいろいろ申し合わせした。

ゴミ置き場の掃除当番を部屋番号順に回しているのでその当番表を貼りだしているのだが、以前は「部屋番号、名前、日付」が書いてあったのに、去年から名前が消えて、部屋番号と日付しかない。なんで消したんだろう。誰か「名前は書かないでくれ」と言ったのだろうか。それとも単なる手抜きか。「最近は個人情報にうるさいですからかねえ」とお向かいさんは話すが、同じ団地で他の部屋になんという名前の人が住んでいるかまで隠す必要があるのかなあ。だって月1回の清掃のときにはみんな(原則的には)出てきて一緒にやるわけでしょう。でも表札出してない人もいるしなあ、その辺の感覚は人それぞれか。まあ別に部屋番号だけでみんなわかるから、今年もそう貼り出しましょうか、という話に。

自治会でもらってきた和菓子をいただいた。そう言えば総会では新旧常任委員にお菓子が配られてたな。

和菓子

なんだか今日は久しぶりにのんびり過ごした。今までサーバとかブログとかトラブったりプロバイダ関連であれこれやったり、あと相続関連の書類をあーだこーだしていて忙しかった。まだ終わったわけではなくて、今日は日曜日だから止まってるだけである。また明日になったら不明点をあちこちへ問い合わせたり、忘れないうちに区役所へ行ってマイナンバーの電子証明書の更新手続きもしなければ。期限の3ヶ月前から手続きできるのだが、2ヶ月前なのにその通知が来ない。横浜市のウェブサイトを見ると、

マイナンバーカードに記録された電子証明書には、有効期限があり、有効期限前に更新をお知らせする通知をお送りしています。
(現在は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、通知の発送を一時停止しています。)

「発送を一時停止」て、おいおいそれだと気がつかずに失効する人、続出じゃね?私はたまたま気がついたからいいけど。なんて思ったりするのだが、役所もいっぱいいっぱいなんだろうな。失効しても再度手続きするのはそんな難しくない。今は給付金を最優先でやってるだろうし。

生活保護のケースワーカーがぶっちゃけてるブログがあるのだが、「コロナのせいで生活保護の申請者が急増しているのに、特別定額給付金対応で逆に人は引き抜かれてもう死にそう」というようなことを書いていた。そのブログのコメントに「公務員は給料減ってないんだから死ぬほど働け」「こっちは収入が激減しているのに何の文句があるんだ」というようなコメントを何人も書いていて、殺伐としてやだなあなんて思ったりしている。格差があるとき、高い方を低い方に合わせるのではなく、低い方を高い方に合わせるのにどうしたらいいか、みんなで知恵を出さないといけない。お金に余裕のない人は心に余裕もなくなるのか。足を引っ張り合ってもしかたがない。公務員が過労死しても給料減っても、あなたの収入は増えませんから、残念。

少し前に自治会の総会資料が来た。

総会資料

しかしこれも中止になった。実は今年はうちは常任委員という自治会の役員である。前は7年前、ここの団地に入居して2年目というところでまわってきて、右往左往しながらやっていた。そして部屋番号順でもちまわりでまた今年にまわってきた。とりあえず拒否権はない。

しかし総会が中止になったら、いろんな決め事とかどうするのかな。まあ全部決まっていて、総会なんて形の上で住人の賛同を得るようなものだが、形の上もできない。まあなんとでもなるんだろうけど。とりあえず自分たちの仕事がよくわからない。本来ならその総会をもって前年度の常任委員から引き継ぐのだが。まあ常任委員は2人いて、1年の前半はお向かいさん、後半がうちがやるということにしたので、当面はお向かいさんに任せておけばいいか。

今日の朝、玄関でなにやらがちゃがちゃ音がしていた。ゴミを捨てに行った妻が鍵を開けようとしても開かないらしい。妻は超心配症で、団地の階段を下りて出たら30秒もかからないゴミ集積場に行くのにも鍵を閉めていく。それで戻ってきたら鍵が開かなかったようなのだが、とりあえず私が内側から開けて試してみた。確かに鍵を挿しても左右に回らない。鍵を変えてもだめである。どうやらシリンダーの方がおかしくなったようだ。2人そろって外出してなくてよかった。

しかたがないので県営住宅のサービスセンターに連絡した。シリンダー交換が必要になりますが、居住者の負担になります、と言われた。「またかよ」というところだ。トイレの鍵が壊れたときも自己負担だった。故意に壊したわけでもないのに、玄関の鍵なんて県営住宅の設備なんだから県の方で負担するべきでしょう。とは言わなかったが、言ったほうがよかったのか?「知っている業者があればそちらに頼んでもらってもいいのですが、こちらからも業者を紹介できます」と言われて、知っている業者なんかないのでそのまま紹介してもらった。

紹介してもらった業者に電話をしたら、金額は税込みで22,000円です、と言われた。

22,000円、2万2千円、にまんにせんえん、ニマンニセンエン、nimannisenen・・・・・・・・・・・・

ううううう、この数ヶ月臨時出費が続いて経済状況がどんどん悪化しているので、もう大きな出費がないといいのに、と思っていた矢先である。なんでうちで負担せなあかんねん。思わず関西弁が出てしまった。はあ、頭が痛い。

そう言えば昔、妻と結婚した頃に住んでいたマンションで、防犯のために玄関にもう1つ鍵をつけたいと思って管理会社に相談したら、「自費でつけるのはかまわない。鍵は退去時にこちらに渡してもらう」ということで了解が得られたので、業者に頼んでつけてもらったことがある。消費税がまだ5%の頃だったのだが、事前の電話では「料金は21,000円になります」と言われていた。そして業者が工事に来て代金を請求されたときに、「21,000円と消費税で22,050円です」と言われて、「なんじゃそりゃ」と思った記憶がある。21,000円と言われたら20,000円+税だと思うだろう、普通。なんだか腑に落ちなかった。

改めてネットで鍵の業者を探してみたら、4,000円とか10,000円とか書いてあるが、「部品代が別とか言って法外な金額をふっかけてくる悪徳業者もいる」というのも書いてあったので、自分で業者を手配して失敗するよりまだいいか、と自分を慰めてみる。

今日は団地の自治会の行事で餅つき大会。と言っても自分は参加しない。こういうのは自治会役員や、お年を召したお祭り男たちの独壇場なのだ。うちは5年前に自治会の役員をやったから、その時は妻がお餅を丸めたりするのを手伝いに行った。自治会の役員のうち「常任委員」というのは毎年各棟から2名出さないといけなくて、うちの棟では部屋番号順に回ってくる。拒否権はない。次は2020年の予定。めんどくさいなあ。

ついたお餅は全世帯に配られる。小雨が降る中妻が取りに行ってきた。こんなにくれた。つきたてのお餅は美味しいので毎年楽しみにしているが、衛生面が少し心配なところ。

餅つき大会

お汁粉にしていただきました。お汁粉とぜんざいの違いが今ひとつわからない私である。

お汁粉