TOPに戻る
鬱るんです
躁鬱病の元ITエンジニア「はまー」が心と体の模様を記した雑記帳。 大手IT企業で心身ともにぼろぼろになり退職した後、派遣のエンジニアをやったり小さなIT企業でほそぼそと働いたり、Web制作事業を立ち上げようとしたりしたが、今は就労継続支援B型事業所でリカバリーを頑張っている毎日。

カテゴリー:作業所

昨日は21時半に寝たのだが、寝付けなかった。眠剤がデエビゴに変わってからよく眠れてたのだが、眠れないのははじめてだ。なぜだろうか。少し思い当たる節はある。いつも40分前に眠剤を飲むので昨日も20時50分に飲んだのだが、21時半より少し前に眠気が来てふらついていたのに、ちょっとやりかけのことがあったので、眠気を少し我慢してそれをやってから寝た。そうすると寝られなかった。45分経ってからいったん起きてコーンフレークを食べたら眠れたが、やはり最初に眠気が来たときに布団に入らないといけないのかもしれない。タイミングを逃すと眠れないのかな。夜中はよく眠れて朝は7時10分起床。疲れは若干残っている。が、なんとか頑張って作業所へ。雨が降ってなくて助かった。

今日の作業はひたすら箱折り。注文が入ってるので全員で全力で折る。そして昼休み。今日のお昼ご飯はローソンの「麺屋一燈監修 冷し塩らーめん~ピリ辛香味ネギだれ~」。名前が長い。

冷しらーめん

昨日書いた「徐々に負荷を上げていく件」について昼休みにボスにちょこっと相談した。もし公務員に受かったら来年の4月から週30時間の勤務になるが、いきなりそれはきついので、時間をかけて少しずつ体を慣らしていきたい。大雑把な計画として、3ヶ月くらいかけて徐々に負荷を増やして週25時間(1日5時間)にもっていき、それができたらまた3ヶ月かけて週30時間(1日6時間)まで、ということをやりたいという話をした。ここでそういうことができるか考えているし、できなければどこか他のところヘ行けばできるのか調べようかと思っている、と。1日6時間ということはおそらく9時~16時くらいの拘束時間になると思うので、私の一番の目的はそれだけの時間活動できるように「体を慣らす」ことである。

ボス曰く、今から他のところを探しても難しいと思いますよ、ここでできることはさせてあげます、とのこと。たとえば今はメンバーは9時40分に始業だが、職員は9時に出勤して作業をしている。自分も9時に出勤してそれを手伝う。それから15時になると作業終了で掃除当番以外は帰ってしまう。しかし職員はトイレ掃除やその他後片付けなどの仕事をやって、その後の時間で残りの作業をやっている。職員は17時(あるいはそれ以降)までだが、16時までは自分も職員の仕事を手伝わせてもらう、というようなことである。もちろん工賃は出ない。

作業所の枠組みとしてそういうものはないが、ボスの裁量で、ボランティアという形でそういうことを時間外にさせてもらうことは可能だという。ここで継続してそういうことをさせてもらえるのなら手っ取り早い。「まあ、受かってからの話なんで」と言っておいたが、7月31日の一次選考の結果発表で受かっていたら動き出すかな。そこから先、二次面接は8月で最終結果発表は9月11日である。その時点で4月まで半年きっている。体調調整はそれまでに開始したい。

作業所を14時半で早退して皮膚科へ。いつもめっちゃ混むのだが、先月は妻に15時に診察券を出してもらったら17時半頃とめっちゃ遅くなったので、今日は14時に出してもらっておいた。それでも15時15分と言われたと連絡があった。しかしこれでもだいぶ早い方だろう。皮膚科についてエレベーターに乗ると、相変わらず針のむしろ感。

エレベーター

皮膚科に着いてしばらく待ち、診察室に呼ばれてからまた看護師が来るのをしばらく待つ。そのとき壁に貼ってある一枚の紙を妻が見つけた。

「令和2年9月18日で診療を終了させていただきます。」

は?

どうやらこの病院、再来月でおしまいらしい。その後はどこへ行けばいいの?よく読むとその先に、

「年内をめどに他の場所で診療を再開する予定」

とも書いている。看護師に聞いてみたら、辞めるわけではなくて、いやいったんは辞めるのだが、そのあと場所を移して再開するみたい。しかし曖昧でよくわからない。近隣の皮膚科一覧の紙をくれた。わりと近くからちょっと遠くまで6つの病院名が書いてある。年内をめどに、ということは12月にわりと近い場所で再開してくれたら10月と11月だけどこかの病院で薬をもらえばいい。どこへ移転するのだろう。本当にどこかで再開してくれるのだろうか。してくれても遠かったら通えないなあ。ここにはもう20年近く通ってるのに。せっかく丁寧でいい先生だったのに。皮膚科はどこへ行っても混んでいると言うが、ここに溢れている患者はどこへ行くのだろう。

皮膚科のあとは、ついでなので2人一緒に内科に行った。2人とも来月は特定健診&がん検診なのでそれを予約。今日だけで医療費が15,300円もかかった。もう泣きそうである。薬代が高い!これでも今日私が飲んでいる薬が1種類ジェネリックになったんだけどな。

こういうことを書いていたら、昨日書いたクズを思い出す。そいつが皮膚科の軟膏が大量に余っている、という話をしていたので職員が「余っていたら貰わなかったらいいじゃない。みんな3割負担してお金払っているのよ」と言っても「だってくれるんだも~ん」とへらへら笑って言う。ちょっとかちんと来て私が「俺が嫁さんと2人で皮膚科行ったら5,000円以上かかるんだぞ」と言っても知らん顔。クズがうつるとやだなあ。この作業所では昨日も書いたけど、そういう「施されるのを当たり前」と思っているやつらが平然とこういうことを言うので疲れる。こういう奴らこそ税金泥棒というべきだろう。前に別の文脈で書いたが、「困っている分だけ施す」のが真の公平だと思う。こっちがこれだけ医療費を払ってるのに、こいつは「医療費はただ」と勘違いして湯水のように医療費を使う。世の中は不公平だ。

その後は、皮膚科で遅くなったときのルーティーンとなっている商店街の中華料理屋へ。最近ばてているから精をつけなければ、と思ってレバニラ炒めを食す。うん、なんか元気出てきた(ような気もしなくもない)。

レバニラ炒め

帰る途中に見かけた金魚。商店街のお店の前でひっそりと泳いでいた。本当ならこの季節には1ヶ月に3回縁日があって、金魚すくいとかも出てるんだけど、今年は全部中止。テキ屋はどこでどうしてるんだろう。

金魚

昨日も21時半より前に眠気が来たので寝た。よく眠れた。このデエビゴという新薬、よく効くぞ。「デエビゴ」て変な名前だな。なんとなく「アマビエ」を連想した(違う)。薬の名前ってどうやってつけてるんだろう。朝は7時20分起床。今日も外は雨。夜中のうちに豪雨予報が2回来ていたようだ。「高度なマナーモード」を利用するようにしてから警報で起こされることがなく、快適である。アラーム音とスター付きの連絡先からの電話しか音が鳴らない。そして9時間で自動的に切れるので便利。そう言えば地震があったな。震度4以上だったら高度なマナーモードでも鳴るのかな?各地で豪雨被害が相次いでいるが、これ大地震が来たらどうなるんだろう。

今日は朝からかなりしんどい。しんどいが、これくらいで音を上げてはいけない。ちょっとやそっとのことで休むわけにはいかない。もちろん体調のコントロールは一番の優先事項だから、行ってしんどかったら途中で帰ってくる勇気も必要だろうとは思いつつ、でも自分がまんしちゃうからなあと心配しながら出勤。

午前の作業は昨日の続きでポストカードを封入したPP袋の封緘。よくわからないポストカードだが、有名なイラストレーターの絵らしい。それが11時半くらいに終わったので残り時間は箱を折る。これはこれで注文がたくさん来ているので急がないといけない。

それはそうと、もし万が一来年の4月から週30時間働くようなことになってしまったら、いきなり週20時間から30時間にするのはきついので、少しずつ負荷を高めていきたいのだが、どうしたらいいか思案している。できれば段階的に勤務時間を長くしていき、体を慣らしていきたい。具体的な計画をざっくり立ててみた。今後3ヶ月かけて週25時間、その後3ヶ月かけて週30時間まで少しずつ自分の負荷を上げていって、その中で自分をコントロールできるように調整していくというものだが、今の作業所では週20時間、というか1日4時間までしか働けないから、ここにいてもそういう調整はできない。どうしたらいいだろうか。

どうしようとひとりで考えていても何も出てこないので、いろんなところに相談してみないとな。どこがあるだろう。生活支援センター、主治医、精神保健福祉士、あとは障害者就労支援センター辺りだろうか。その前に作業所のボスには「こういう方針で考えているのですが」と話を通しておかなくてはいけない。水面下で動くわけにはいかないし、いろいろな方面に顔が利く人なので、「こういうのはどう?」とアイデアを出してくれるかもしれない。他のところに移るのでなく、作業後にどこかに立ち寄って1時間くらい何か手伝うという手もあるかもしれない。まあすぐに動くというわけではないが、もう少し案を練ろう。7月31日が一次試験の結果発表だから、とりあえずその後くらいからかな。

今日のお昼ごはん。セブンイレブンの「肉大盛!豚肉うどん」。ネギがしゃきしゃきで旨かった。

肉大盛!豚肉うどん

午前中もしんどいなあと思いながら仕事をしていて、昼休みに帰ろうかと思ったりもしたのだが、なんとかできるところまでやろうと思って午後からも仕事をした。しかしやはりしんどい。ひたすらしんどいが、箱折りという単純作業なのでなんとか工夫して自分の調子を整えながら作業を続けようとした。普通の深呼吸、2種類の腹式呼吸、あとは全身の力を抜く。自律訓練法を長くやっていると、瞬間的に全身の力を抜くことができるようになる。ただし一瞬。あとは水を飲む。ただひたすらそれを繰り返していた。

やっているうちに少しずつ疲れが抜けてきたような気がする。14時の休憩時間にはだいぶ復活していた。これは箱折りという頭は使わないが手先は使う作業だったからよかったのかもしれない。頭はぼ~っとしていたから、数を数える作業なんかだとやばかったかもしれない。ただの封入なんかでも単純すぎてしんどかったかもしれない。

作業が終わり、ローソンに寄って帰った。アイスカフェラテとわらび餅とブラックサンダーを買って120円。アイスカフェラテはTwitterのリツイートキャンペーンで当たったクーポンを使用。わらび餅はローソンアプリに常にあるウチカフェスイーツ20円引きクーポンを使用。ブラックサンダーは毎月来るお菓子のクーポンを使用。せこい話題ばかりだ。

アイスカフェラテ

家に帰ったら、妻がコウペンちゃんのシールブックを買ってきていた。コウペンちゃんというのは皇帝ペンギンの赤ちゃんのキャラで、人を褒めたり慰めたりするセリフばかり言う「肯定ペンギン」である。

表紙。

コウペンちゃんシールブック表紙

ほめほめシール。

ホメホメシール

えらいシール。

えらいシール

すごいシール。

すごいシール

他にもいっぱいある。先の記事に書いたような人の揚げ足ばっかり取っている作業所の連中に、爪の垢でも飲ませてやりたい。ペンギンに爪ってあるのかな。

疲れていたので、帰りに魚屋でついお寿司を買ってしまった。私は疲れるとお寿司が食べたくなるのだ。この握りで税抜598円はコスパがいいと言えよう。これでめちゃうまいのだ。

お寿司

就職活動をしていた友達から「内定をもらった」というLINEが来て、「いろいろ相談に乗ってもらったから、今度お寿司ごちそうします」と言われた。と言っても遠方なので、次はいつ会えることやら。とりあえず「おめでとう!」ということで、コウペンちゃんのシールを贈ろう。

コウペンちゃん

今日作業所で仕事をしていると、他のメンバーが実にレベルの低い会話をしているのですげー疲れた。

レベルが低いと言っても、知的レベルや低俗な趣味がどうのこうの、ということではない。ここの作業所は「施されるのを当たり前と思っている」人が多く、話をしていてそういうのが垣間見えるとなんだか自分は嫌なのだ。一応ここではまじめに働いてはいるのだが、前向きに目標を持って日々生活を送るのでなく、「毎日楽をして遊んで暮らせればいい」という人がちらほらいる。

「施されるのを当たり前として遊んで暮らして」を具体的に言うと、「生活保護でパチンコしてる」人がリアルに何人もいるということ。私は作業所というと、障害があっても前向きに頑張って上を目指しているような人たちが多いと思っていたが、そういう人もいなくはないが少数派、というか上を目指している人は1人しかいない。「ここへ来るので能力的に精一杯」という人が多いのだが、それならそれでいい。ただ、人生を舐めきっているやつはどうにも話していて気持ちが悪い。

そういうパチンコ連中は暇つぶしとちょっとした小遣い稼ぎに作業所に来ている。生活保護では就労による収入は基礎控除分までしか手元に残らない。それ以上稼いでも保護費が減らされるだけである。フルタイムで働くと基礎控除を超えるから「ただ働きはしない」と言って半日しか来ない人もいる。そして仕事の遅い他のメンバーを公然とばかにし、自分たちが何か注意されると「自分クズな人間だからわかりませ~ん」「あたしハート弱いからいじめないで~(男である)」などと開き直る。確かにクズである。今日はずっとそんな会話ばかりで精神的に疲れた。

なんというか、A型の事業所ならともかく、B型ってのはここに来るのでいっぱいいっぱいで、能力的に上を目指すとかそういうレベルではない人が多いんだな、というのはわかったのだが、それはそれで居場所作りなどの意義はある。しかし「社会から施してもらうのを当たり前」と思っていて、「やっぱりクズはクズなりに、こんなところやめて家で1日中テレビを見て遊んで暮らそうかな。お金の心配はないし」と言っている輩と一緒に働いているというだけでなんか虚しい。

障害者がみんな頑張っているわけではない。障害者はいい人ばかりではない。当たり前のことだが、障害者も同じ人間なので、いいやつもいれば悪いやつもいる。そして一度楽を覚えると、そこから這い上がろうとしない。これは障害者に限らないと思うが、先に書いたやつの場合、「施してもらう」は金銭面だけでなく「俺を優しく扱え。もっと配慮しろよお前ら。俺は障害者なんだぞ」みたいなのもある。

こういうのを聞いていると自分にも悪影響があるので、ここは早めに抜け出した方がいいのかもしれないと思えてくる。とは言え、他の人のブログを読んでると他の作業所でも似たり寄ったりなところがあるから、逃げればいいという問題ではない。しかし今日は自分のコンディションが悪いのに、聞きたくないことばっかり聞かされたのでよけいに疲れてしまった。

昨日は21時半に寝た。寝る40分前に眠剤を飲むので昨日も20時50分に飲んだのだが、いつも21時半の時点では眠気が来てないけどしかたがなく布団に入っている。しかし昨日はもう眠気が来てふらふらしていたので、ああやばい縦になってられない、と思って寝たらすーすー眠ってしまった。夜中2時過ぎにトイレに目覚めたが、その後朝方まで寝て、6時くらいには目が覚めた。まだ早いので枕元のスマホで遊んでいたりしたが、6時20分に起きてきた。眠剤がデエビゴに変わってから変化があるだろうかと思っていたが、2日連続でよく眠れたし、主治医の言う通り今日は朝はすっきり起きれた。このまま同じ調子で明日からも続いてくれるといいのだが。しかし6時から起きてたら作業所に行く頃にはなんだか疲れていた。ちゃんと睡眠時間は確保しないといけないのか。

夜中に岐阜、長野に大雨特別情報が出ていた。昨日からの風水害はすごいな。横浜は風はかなり激しいものの雨は降ってない、と思っていたらスマホに豪雨予報が来た。本格的に降る前に動こうと思って10分早く家を出た。作業所に着く1分前くらいに雨が降り出して傘が役に立った。早めに出てよかった。それにしても各地の豪雨被害は凄まじい。

今日の作業は昨日の続き。昨日PP袋にポストカードを封入していったのだが、今日はそれを封緘していった。テープをびりっと剥がしてよく空気を抜いて封をする。地道な作業である。黙々と単調作業をしているとだんだん無の境地になってくる。

ポストカードの封緘作業

今日のお昼ご飯はカレー。うちの職員が時々やる企画で、作業所内のキッチンでご飯を作ってみんなで食べましょう、というもの。作るのは職員である。飯盒炊爨ではない。

カレーたくさん

無料ではなくて、ひとり400円。しかし量はたっぷりあるし、サラダもついているので安いものだ。

夏野菜カレー

夏野菜カレーでお肉もお野菜もごろごろ入ってておいしかった。カレーもご飯がかなり量が多く、みんな食べ終わった後はお腹が苦しいと連発。

おしんこもあった。写真を撮るのを忘れてたので、残り物の写真。

おしんこ

お腹いっぱいになったまま、午後もひたすら単純作業を続けていると、本当に無の境地になってきたようで、休憩を知らせるチャイムが鳴ってはっと我に返ると、目の前に整然と封入したポストカードが・・・というわけはない。眠い目をこすりながらちゃんと作業しました。

終わって家に帰ってきたらもうへとへと。今週はずっと疲れをひきずったまま仕事をしていて、もうダウン寸前。いや、今週でなくて先週からか。明日はダウンして休むんじゃないか、明日は無理なんじゃないか、そう思って毎日過ごしている。明日は本当にだめかもしれない。この辺で手を抜かなければ。手を抜ける環境、休みたい時に休める環境でないと今の体調ではまともに仕事はできそうにない。でも明日はこの作業の続きがあるし、いつも隙間の仕事で折っている箱の注文が急ぎで入ってる。5,000個納品しないといけないからそっちもやっつけないといけない。地味に忙しい。

昨日は21時50分に寝た。21時半に寝るつもりが少し遅くなった。眠剤が新薬に変わって眠れるだろうか、あまり期待しないでおこうと思ったのだが、見事に眠れた。わりと早い段階で寝付けたのではないだろうか。朝はベルソムラよりすっきり、という話だったがそうでもなかった。7時の目覚ましで目が覚めて、7時半になんとか起きた。朝はそれでいいから、寝付きがこのままこれからいい状態が続いてくれるといいのだが。

作業所に行ったら、今日は七夕ということで「短冊に願い事を書いて」と言われた。第1作業所が飾りを作った笹にぶら下げるらしい。適当に「休まずに毎日来れるようになりますように」と書いておいた。みんな人それぞれだが、ちょっとひねくれてる奴もいる。

短冊

七夕飾りは玄関に飾った。明日には川に流すのだろうか(ちょっと違う)。それともお焚き上げ?(それも違う)

七夕飾り

今日の作業は、最初は昨日の続きで封緘をしていたが、1時間で終わったので残り時間はマスクの紐を切る。まだまだある。48,000本納品したらおかわりが来るらしい。前回やりかけだったのが終わったので、新しい塊をとった。200メートル超えが多い中、短いのをチョイス。とは言えどうせやる量は変わらないんだけどね。

マスクのゴム紐

今日は3月に突然辞めたメンバーが遊びに来た。元気な女の子(でも40歳)だったけど、家庭の事情で朝早く起きるのがつらくなって、自宅の近くの作業所に移った。そこではビーズ細工を作ってたりしてるらしく、作品を見せてくれた。

ビーズ細工

こういう細かいのは、自分は老眼なので無理だなあ。手先も器用じゃないときれいにできない。これでも簡単な方なんだろう。その子も目が悪いのでもうできない、辞めるとか言ってるらしい。ちなみにコロナで今はずっと休んでいるらしい(作業所が休みなのではなく、個人的に)。相変わらずしゃべり出したら止まらなくて、えっとみんな仕事してるんですけど、という感じだがそれが懐かしい。

今日のお昼ごはん。ローソンの「醤油だれの冷し中華~直火焼チャーシュー~」。チャーシューが旨かった。

冷し中華

午後もマスクの紐を切っていたが、次の仕事が届いたのでそっちをやった。ポストカードを透明の袋に入れていく仕事。ただそれだけだが、みんな混乱。100枚ずつ作業をするのだが、袋が100枚ずつの束、ポストカードも100枚ずつの束になっているので、1枚ずつ入れていったらぴったり100枚の束になります、ということで作業を始めた。それなのに「ぴったり終わった」という人もいる一方「1枚袋が余った」という人が続出。間違えてカードを2枚入れてしまうとそうなる。なのでみんな2枚入ってないか地道にチェックしていくのだが、間違ってない、おかしい、ということで数を数えたらちゃんと100枚ある。袋が1枚多かった、ということがあるのだ。どの束も予備として袋が1枚多くあるのならまだそれでいいのだが、100枚ぴったりのもあるから、結局入れ終えた後にみんな数え直し。2束やったが、どっちも袋が1枚余って、しかも数えたら数が合わなくて弱った。何回も数え直してやっと合った。透明な袋がこの湿気もあってぴったりくっついていたからなのだが、「数が合わない、数が合わない」と難儀した。作業自体は超簡単なのだが意外と苦戦した。

作業後、職員や他のできるメンバーと焼肉の件でちょっと話をした。先月の時点では「コロナは収束はしないだろうけど、これくらいのレベルで推移すると、なんとか大丈夫ではないか」と言っていたが、東京で新規感染者が連続100人超えで、横浜も前は0人とか1人だったのに、ここに来て8人とか10数人とかになっているので、ちょっと嫌な感じだと思っています、とボスが言う。それは私も気になっている。この前私がお店に確認したコロナ対策が思った以上に甘かったのもあるし、それで欠席にしたメンバーもいる。

他の客も一緒にいる、というのも嫌だから貸し切りにできないか、と言われたが「いくら平日だとは言え12時過ぎというお昼の時間帯に、70人入る店を20人で貸し切るのは無理だと思います。それに牛角はチェーン店だから、店長の一存で決めたりはできないと思います」と言うと、それはそうねえ、という感じ。貸し切りにするならせめてもっと小さいお店じゃないとだめだろう。近くの駅前に新しくできた焼肉屋はどうっすか?と他のメンバーが言ったが、誰も行ったことがないのでわからない。ボスが「私が偵察に行ってきます」と言った。おお、行くのか。それとは別案で、もう繁華街に出ていくのはやめて、ピザとかお寿司とかとってみんなで作業所で食べましょうか、ということもボスが言っていた。コロナを恐れて行かないと言ってるメンバーもいるし、そっちの方がいいかもしれない。まあ、もう少し様子を見よう。とは言え、今の勢いだとコロナは収まりそうにない。

帰ってくる途中にローソンに寄って、Twitterのリツイートキャンペーンで当たったアイスカフェラテを引き換えた。いつも持って帰るのはいいが途中で容器を捨てられなくて困るので、イートインにしたいと思ってよくクーポンを見たら、税率8%と10%の差額をレジで払えば店内で飲んでいい、と書いてある。そうしようと思って店員に言ったら、コロナのせいでイートイン自体を今やってないと。しかたがなくそのままもらって、店の外で飲んだ。

アイスカフェラテ

そして店内に戻って「これ、捨てたいんですけど」と店員に言うと「氷をどこかで捨ててください」と言われた。「どこかって?」と聞くと「そこの、外の下水溝とか」と言われたので下水溝に捨てて、店内のプラゴミに捨てたが、なんか納得いかない。店の中にあるでしょ、捨てるとこ。イートインスペースがあるんだから。

世の中よくわからない。わからないのは、私のくじ運だ。今回の10日連続キャンペーンは今日で終わりなのだが、

ローソンリツイートキャンペーン当たり

当たりましたよ最終日。2回目。これでこの1年半で18回目。なぜ当たるの?