TOPに戻る
鬱るんです
躁鬱病の元ITエンジニア「はまー」が心と体の模様を記した雑記帳。 大手IT企業で心身ともにぼろぼろになり退職した後、派遣のエンジニアをやったり小さなIT企業でほそぼそと働いたり、Web制作事業を立ち上げようとしたりしたが、今は就労継続支援B型事業所でリカバリーを頑張っている毎日。

カテゴリー:作業所

昨日は21時半に寝た。昨日も少し寝付くのに時間がかかって、眠れないなあと思って時計を見たら45分経っていた。しかしその後の記憶はないので、それからすぐに眠れたと思う。最近すぐに眠れる日が何日か続いたと思うと、寝付くのに時間がかかる日がぽつぽつと続いたりする。夜はよく眠れて、6時台にいったん目が覚め、7時に起床。今日も7時に起きれた。この調子だ。今はまだモチベーションが高いと言うか、気合が入ってるから早く起きれるのかもしれない。

いつも通り8時45分に家を出ようとしたら、急におなかが痛くなってトイレに駆け込んだ。おなかを下してしまった。おかげで家を出るのが遅くなってしまった。徒歩だからまだいいが、バス通勤だったら乗り遅れてしまう。乗り継いで行くとなると、家を出るのが5分遅くなると、下手すると職場に着くのが15分遅くなったりしてしまう。そういう事態を想定してさらに1本早いバスに乗るとなると、けっこう朝が早くなってしまう。電車通勤をやっていたときはどうしていたっけ?

早く作業所に行かなくちゃ、と早足で歩いていると、うしろから「はまーさーん」と呼ぶ声がする。誰?と思って振り返ると、9月だけ週2日来ている第3作業所のメンバーの女の子。偶然遭遇して、彼女と話しながら歩いてきた。足が悪い子で少し歩くのが遅いので、作業所に着いたら9時20分を過ぎてしまった。まあいいや。

作業は何をしようか。職員が両面テープを切っていた。お、50巻来ると言ってたのが来たか。これをマスクの箱ののりしろに貼る長さの幅の台紙に貼って切っていく。これをやり始めたのたが・・・、

両面テープ

自分、不器用ですから。

ハサミって、私が一番苦手な道具である(いや一番ではなくもっといっぱいあるか)。単なるテープカットとは言え、台紙の幅からできればはみ出さない方がいい。はみ出すと角の粘着力が落ちてしまう。しかし、その幅ちょうどに切れない。どうしてもはみ出してしまう。何十分もやってやっとこつがわかってきた。はあ、もう少し手先が起用になりたい。いまさら無理か。自前の左利き用のハサミを使ってるんだけどなあ。上の写真はだいぶ上手になってきた頃である。

今日のお昼ご飯。ローソンの五目焼きそば。定番である。

五目焼きそば

午後も同じ作業をひたすら繰り返す。できるだけ疲れないようにというのを意識してるつもりだが、すぐ忘れてしまう。しかし、月曜の午後から少しずつそれを意識するようにしている成果か、今日で1週間が終わったのに終業後にほとんど疲れを感じなかったし、肩も凝らなかった。たまたま調子がいいだけ?いやいや、自分のやり方は間違ってないことの証明である。そう信じて続けていくのみ。

帰ろうとしたら、行きに一緒になった女の子が「一緒に帰りましょう」と言うのでお喋りしながら帰った。途中で妻からLINEが入って「嫁さんからLINEだ」と言ったら、「結婚されてるんですね。いいなあ」と言う。自分も彼氏がいるらしいが、彼氏も病気で体調が悪くて結婚できないとのこと。うちのメンバーには奥さんも子どもも一家そろって障害者手帳をもってる人もいるし、うちも二人そろって障害者だし、そういうパターンは私の周りでけっこう多い。類は友を呼ぶのか。

16時から生活支援センターで面談。いつも通りメモというかレポートを渡して話を始めるが、まずは合格したことを報告。それからここ最近の体調について話をするが、わりと調子はいいのでさらりと流して、今後3月までの週30時間勤務に向けた訓練計画について長々と話す。「いいと思います」を連発された。これでいいらしい。いろいろ話したが、とりあえずこれでいいと言われたからこの調子で行こう。年内までに徐々にMAXまで持っていって、年が明けてから3ヶ月はそのまま流す。まだまだ大人の階段に片足を乗っけただけであるが、千里の道も一歩から。とりあえず明日から4連休だからしっかり英気を養おう。

昨日は21時半に寝た。昨日もブルガリアの音楽を聴きながら寝た。これが最近の一番のお気に入り。しかし昨日の夜にYouTubeでもっと良さげなCDを発見した。聴いているとめっちゃよかったので、またダウンロードして分割して、と思ったのだが残念ながら一部しかアップされてない。調べるとまた10ドルでダウンロードできる。どうしようかなあ。月末になってお小遣いが残っていたら買おうかな。それはともかく、昨日は少し寝付くのに時間がかかったが、30分くらいで眠れただろうか。夜はよく眠れて、朝は一度6時20分に目が覚めた。最近まず6時台に目が覚めることが多い。そうやって7時になって起きた。最近7時になった時の気合の入り方が違う。3日坊主だろうか。

今日も9時15分に出勤して仕事。昨日の続きでマスクの箱に両面テープを貼っていく。そのまま9時40分になって朝礼をやってから作業時間に突入。朝礼でボスが驚くことを言っていた。

「○○小学校でコロナが出たそうです。それから☓☓保育園でも出たそうです。△△病院とどこどこのパチンコ屋でも出たそうです」

ひえ~!全部近所近所~。病院は知っていたがちょっと離れている。保育園は昨日聞いたが、噂レベルで真偽の程は定かではないという感じだった。パチンコ屋と小学校は、思い切り通勤ルートだぞ。これだけ近くで頻発すると、流石にビビる。大丈夫か?

それはともかく、しばらくマスクの箱の仕事をしていたのだが、両面テープがなくなってしまった。取引先が50巻持ってきてくれることになってあるのだが(ぐるぐる巻きのやつを切って使っている)、まだ来てないので、マスク本体の仕事にスイッチ。このマスクも大量にある。今日は青いマスクにひたすら紐を通す。もうすぐ他の作業所からまた別の仕事もまわってくるらしい。忙しい。全部ちゃんとさばけるのだろうか。

青いマスク

今日も比較的調子がよかったせいか、疲れないように働くことをあまり意識できなかった。もっと体の力を抜く、肩を下げる、腹式呼吸をする。すぐに忘れてしまう。でも今週はあと1日だ。そして4連休だ。訓練を始めたこのタイミングで4連休はあまり嬉しくない。もっと自分に負荷をかけたい。でもここで突っ走ってはだめだというお告げかもしれない。

他のメンバーが第1作業所の話を聞いてきて、ちょっと唖然とした。今まで第1は10時から14時まで短縮だったのたが、それが10時から15時までになったらしい。その間に休憩は昼休みの1時間以外に20分入る。それなのに工賃は4時間分出るという。うちは9時40分から15時までで同じ工賃である。そうでないと休憩20分を除いて4時間にならない。第1は3時間40分で4時間分の工賃を出すということである。ちなみにうちの工賃は30分刻みである。なんだろうな、この不公平感。最近第1は所長が好き勝手やっていて、第2第3と分裂している。まあいいけど。

今日のお昼ごはん。セブンイレブンの「喜多方チャーシュー麺」。チャーシューがジューシーで旨かった。

喜多方チャーシュー麺

午後の作業中、メンバーの一人が「昨日8時間しか寝てない」という話をしたら、職員のひとり(ちょっと頭わるい系)が「8時間も寝てるの~?寝すぎ~」と笑う。前も同じ会話をしていたような気がするが、そこで私が「僕は10時間寝ないと体動かない」と言ったら、今度はベテランの職員(頭けっこういいはずなのだが)が笑って「おこちゃま」と言うので、ぷっつん来てキレて吠えてしまった。

「バカにするんじゃねーよ。去年ここに通い出したときに、体調を何度も何度も崩して、どうやったら体調が安定するか試行錯誤しまくって、寝る時間を1時間早くして2時間早くして3時間早くして、やっと安定して通えるようになったのに、それを職員がバカにするのか?こっちは来年から週30時間働かないといけないから、それに向けてまた体調をどう調整していけばいいかまだまだ試行錯誤しているっちゅうのに、バカにするんじゃねーよ!」

シーンとしてしまった。しばらくしたらまたみんなお喋り始めたが。

なんというか、前も書いたっけな。今まで私が何らかの障害者のコミュニティにいたとき、そこには「職員」と呼ばれる人たちがいた。それは入院中やデイケアの場では医師であり看護師であり、その他作業療法士や臨床心理士やケースワーカーだったし、生活支援センターでは精神保健福祉士がいる。みんな精神障害に関する知識は豊富で理解のあるプロである。しかし作業所の職員にはどうもその辺が感じられない。特に資格が必要なわけではないのはわかっているのだが、それにしても精神病の人は疲れやすい人が多いとか、睡眠障害で不眠とか過眠とかになる人も少なくない、ということは常識として知っておかなくてはならないだろう。そうでないと障害者を傷つけるよ。前も同じこと書いたような気がするが、傷つけられたよ。

特に今日いた頭わるい系の職員は、自分が知っていることを人が知らないとバカにする。今日雑談で、本当にしょうもないことだが、ELTが今は2人だが元は3人だったことを私ともうひとりのメンバーが知らなかったと言うと「え~?知らないの~?うける~」と嘲笑していた。いや、あなたの常識が世の中の常識ではないですから。「じゃあ私がみんな知ってて当然という思っていることをこれからあなたに聞きますから、もしあなたが知らなかったら思い切りバカにしていいですか?」と言ってやりたい。言ってやろうか。なんでこんな人雇ってるんだろう。

作業が終わったあと、頭のいい方の職員は「ごめんね、悪気はなかったの」と謝ってくれた。まあ悪気はないのはわかっているので、「こちらこそ声を荒らげてすみませんでした」と言って終わったが、頭のわるい方の職員は知らんぷり。まあいいや。

妻からLINEが来てこれからお買い物をするというので、途中で落ち合ってスーパーに寄って帰ってきた。今週はあと1日。なんとか頑張れ。それはそうと、たしかに睡眠時間10時間というのは自分でも長いと思っていて、来年からそんなに睡眠時間を確保できるのか?と思っているので、「訓練内容に睡眠時間を減らしていく」を入れたほうがいいかもしれない。

商店街の激安衣料品店で売っていたメーカー品の靴下。本物だろうか?一応ブランド名が書いているから本物かな?本物だろうか。本物かなあ。

プーマ

昨日は21時半に寝た。昨晩、YouTubeからダウンロードしたロシアの教会音楽の動画とブルガリアの動画2つをトラックごとに分割するというのをやったのだが、思ったより簡単だったので、それをスマホに移して聴いていた。簡単だったのは動画の解説欄にタイムテーブルと曲名が書いてあったからで、これがないと分割できないなあ。それはともかく、そのアルバムを聴きながら寝たらすっと眠れた。しかし夜中はなんだか重い。重いってなんだよ、と言われそうだがそんな感覚。一晩中ず~っと夢を見ていた気がする。疲れた。朝はなんとか7時に起きれたが、重い。

昨日と同じく今までより15分早く8時45分に家を出て作業所に着き、さっそく仕事。昨日の仕事の続きでマスクの箱を両面テープで貼る。昨日は集中力を欠いていたのか、のりしろの裏にテープを貼ってしまうという大失敗をしてしまった。今日は気をつけなくては・・・

間違えたーーー!

とほほ、またやってしまった。昨日は14時を過ぎて疲れていたが、今日はそういう言い訳は通用しない。しかし朝一番は頭がボケてるから要注意だという教訓になったかもしれない。

そのあとは午前中の作業にそのまま突入し、お昼休みに。今日のお昼ご飯は作業所の企画で唐揚げ定食。

唐揚げ定食

唐揚げが7つにポテトもついていて、それにたっぷりのサラダ。これで400円。おいしゅうございました。

午後も同じ仕事の続きなのだが、おととい死ぬほど搬入したやつである。やってもやっても全く進んだ気がしない。これ、いったい何部あるんだ?てか納期はいつなんだ?間に合うのか?他の仕事も入ってくるんだろ?黙々と仕事をする。今日もあまり「疲れないように働く」は意識できなかったが、あまり疲れは感じなかった。でも油断は禁物である。常に意識はしておかないと。

終業後、内科へ定期通院。先月特定健診とがん検診をやったのでその結果を聞いた。体重が増えているので中性脂肪とかコレステロールとかやばいかなと思っていたのだがそれは問題なくて、ただ1年半ぶりにクレアチニンがまた増えていた。動脈硬化が進行しているのでしょう、とさらりと言われた。さらりと言われてもなあ。

しかし今回はそれだけではなかった。大腸がん検診で便潜血が出た。これに引っかかったのは始めてなのだが、某科への通院をさぼっていてそこで処方されている軟便剤もさぼっているので、それが理由かと思ったのだが、ただなんとも言えないので、来月大腸の内視鏡検査をやることになった。はあ、これはやりたくないと思っていた検査だよ。下剤を2リットルも飲んで、腸の中を空っぽにして病院に行くやつだ。人為的にノロ状態を作り出すやつ。妻がやってるのを見て大変そうだなあと思っていた。

当日はトンカチで頭を殴って気絶させた状態でケツから突っ込むから痛くはないです、何かに目覚めることもないですと言われたが、ポリープがあればその場で採ります、あとから出血したりして大変なことになっても知りませんから同意書にサインして持ってきてくださいと脅される。はあ、やだなあ。看護師に前日と当日の注意とか説明されて、さらに受付で検査料について説明されてがっくり。ポリープがあったりしたら日帰り手術ということになって、ポリープの数にもよるが最低でも3割負担で33,000円くらいはかかります、ポリープがなければ1万円以下で済みます、とな。はあ、そんなにお金取らないでよう。

やだなあ。午前中に下剤を飲んで午後に病院に来てもらうので平日に予約をお願いします、と言われたので10月16日の金曜日にしたのだが、来年の4月からこういうのはどうしたらいいの?わざわざ休みを取らないといけないのか?そうなんだろうあな。体調不良で休んだりしてる場合ではない。

調剤薬局に貼っていた「いぬでもできる ひともがんばれ!」という紙と「ねこはやらない ひとががんばれ!」という紙がなんだかシュールだった。犬はおうちで踊るのか?笑うのか?

いぬでもできる ひともがんばれ!

ねこはやらない ひとががんばれ!

昨日は21時半に寝た。YouTubeから音声を抜き出したロシアの教会音楽をかけて寝たらすぐに寝つけた。1時間半くらい経って目が覚めたら、まだ音楽が続いていた。しまった、スリープタイマーにしてなかったからプレイリストの曲が次々と再生されていた。それにしてもダウンロードしたはいいが、1時間の動画が1トラックになっている。音声ファイルを編集できるソフトがあるから曲の切れ目でファイルに分割すればいいのだが、めんどくさいな。暇なときにやろう。

夜中は眠りが浅かった。2時半くらいに目が覚めたら、しばらく眠れなかった。30分、あるいは1時間くらい起きていたかもしれない。やけに長く感じた。いったん起きようかと思ったが、いやいやここはじっと寝ていなければならん、と思ってがまんした。そのうち眠れたが、4時半くらいにまた目が覚めて、また30分くらい起きていたような気がする。もっと短かったのかもしれないが、やけに時間が長く感じられた。6時過ぎには断続的な眠りに変わって寝たり起きたりだったが、7時の目覚ましが鳴るのを待って起きた。どうも今日から本格的な訓練に入る、早く起きなければ、というので神経が高ぶっていたようだ。

8時45分に家を出て作業所へ。今日から15分早く家を出ることにした。9時10分過ぎに着いて、さっそく作業に入る。職員は朝早くから来て作業をしているのでそれに合流。昨日の続きで某有名スポーツメーカーのほにゃらら。そのまま始業時間になって午前中の業務時間に突入。できるだけ疲れないようにいろいろ意識して、と思っているはずなのにすぐ忘れてしまう。幸い昼休みになってもあまり疲れてなかったが、それはたまたま調子があまり悪くはないだけで、こんな意識だとまだまだだめだろう。

今日のお昼ご飯。この前も食べたが、ローソンのスパイシーチキンカツカレー。昨日もカレーを食べたことは忘れた。

スパイシーチキンカツカレー

午後は14時でスポーツメーカーの仕事が終わったので、その後は昨日大量に来たマスクの箱の仕事。組み立てたら直方体の箱になる型紙を半分に折って、のりしろの部分を折って両面テープで貼り付けるだけの仕事だが・・・いきなりミスってしまった。のりしろを折り込まずに内側に両面テープを貼ってしまった。しょぼーん。職員が「なんとかする」と言って持っていったが、なんとかなったのだろうか。

15時になって終わって帰ってきた。そんなに疲れてはいないが、まだ火曜日である。今週はまだ3日ある。今日の疲れを明日に残さない。1日1日を大切にしていかなければ。今日くらいの調子だと、とりあえず15分前倒しは大丈夫そうだ。そう思っているとどこかに罠がありそうだが、その罠を早めに炙り出すのも訓練の目的である。

今作業所では問題が起きている。ふだんあまり来ないメンバーがいるのだが、最近はよく来るようになった。それはいいのだが、マスクをしないのだ。そしてずっと咳をしたりひとりでしゃべっている。ときどき奇声を発する。職員もメンバーもみんな「マスクをしなさい」「せめて咳をするときはタオルかハンカチで口を覆いなさい」と言ってるのだが、「喘息だから」「蚊取り線香の煙が」とか言うし、いや咳が出るのだったらそれは仕方がないが、だからそれならマスクをしろ、口を覆えと言っても「痒くなるから」とか色々理由をつけて聞かない。フェイスシールドもあるのでそれをつけさせようとしてもつけない。ちょっとみんな頭を抱えている。今は強引に手足を縛り付けてマスクを接着剤でつけてその辺に転がしている(一部誇張あり)。

発達障害だから仕方がないのだが(WHOもそうは言ってるのだが)、同じ病気でも言えばちゃんとマスクをする人もいるのに、なぜこの子は言うことを聞かないのだろう。変に知恵はあって、「強要罪で訴える」とか穏やかでないことを言い出す。いつも人の気を惹こうとして自己主張のつもりなのか、わざとみんなに聞こえるような大きな声で独り言を言ってたりするのたが、昨日なんかはみんなにマスクをしろと集中砲火にあったせいか、わざとらしくごほんごほんとやっていた気がする。今日も相変わらずだ。

「マスクをしない人がいる」という理由で最近第1作業所に移ったメンバーもいるし、今日一緒に仕事をしていたメンバーもいい加減頭に来ていて「俺も移ろうかな」とか言ってるが、なぜこんなわがままな障害者のために自分たちが動かなければならないのか。障害者だからといってなんでも許されるわけではない。電車の中でもノーマスクでごほんごほんやっているらしいが、どれだけ白い目で見られていることか、というかどれだけ周りの人に嫌な思いをさせていることか。「鎌倉に行こう」と張り切って企画しているメンバーなのだが(遊ぶことしか頭にない)、もう少し様子を見てから改善しないようだったら「電車の中でも外を歩くときもマスクをしないなら鎌倉には行きません」とびしっと言ってやろうかと思っている。

マスクは自分が感染しないためでなく、人に感染させないためにするということくらいわかっていると思うんだけどなあ。知的障害でもB1ならそれくらいは理解できそうだとは思うが、まあ自己中なんだろうな。正直、障害者だろうがなんだろうが、社会のルールが守れないんだったら一歩も外に出るなと言いたい。障害だからしかたがないじゃないか、という意見の人もいるかもしれないが、現場は大変なのだ。いったい誰の権利を優先するのか。アメリカには「マスクをしない権利」を主張する人たちがいるが、それは「他人の健康を侵害する権利」を主張しているようにしか聞こえない。それならこちらは「自分の健康を侵害されない権利」を主張するまでである。