TOPに戻る
鬱るんです
躁鬱病の元ITエンジニア「はまー」が心と体の模様を記した雑記帳。 大手IT企業で心身ともにぼろぼろになり退職した後、派遣のエンジニアをやったり小さなIT企業でほそぼそと働いたり、Web制作事業を立ち上げようとしたりしたが、今は就労継続支援B型事業所でリカバリーを頑張っている毎日。

昨日も21時半に寝たが、やはり眠れずにいったん起きて、なんだかんだして1時間くらいしてまた寝た記憶がある。夜はよく眠れて朝は6時15分に自然に起きれた。朝食を食べてから大阪に行く準備をする。昨日のうちにパッキングはほぼしているので、当日の朝に詰めるものだけさっさかさっさか詰めていった。

早く起きれたので、作業所の焼肉の企画書をパワポで作り始めてしまった。なんでこんな時にこんなことしてるんだろうなあ。これから旅に出るというのに。

9時に家を出てバスに乗り、地下鉄に乗り換え。電車に乗ってびっくり。けっこうな密ではないか。前は「隣り合って座るの嫌だなあ」てな感じだったが、今日は立ってる人がいっぱいいる。いやまあこれがふつうの光景なのだが、いつの間にか街は普通の光景に戻りつつある。それでもまだ横浜市は完全に封じ込められてはいない。毎日1桁代ではあるが、感染者が出ているのだ。

新横浜駅に着いて切符を買い、ホームへ。もっと閑散としているかと思ったらそうでもなかった。そこそこ人はいる。

新幹線

新幹線に乗ってみたらまたびっくり。3月に乗ったときは1両に数人しかいないというすかすかなレベルだったのに、今日はけっこういるぞ。乗車率30%くらいか。それでも30%かよ、と突っ込まれそうであるが、30%というと横1列に1人か2人は誰か座ってるという状態である。3月はこんなことなかった。土曜日だからだろうか。でも3月も日曜日に来て土曜日に帰ったんだけどな。一応指定席にしておいてよかったかもしれない。自由席はどんな感じだっただろう?

新幹線に揺られて定刻通り12時21分に新大阪に着き、友達と合流。せっかく大阪に行くので、と思ってお茶でもどう?声をかけてみた。とりあえず新大阪の駅ナカのラーメン屋で腹ごしらえ。

ラーメン

そしてお茶をしようとスタバに行ったら、対面で話をできないようになっていた。テーブル席はいすが片方しかない。それはちょっと、と思ったので他を探したら、もうひとつカフェがあったのでそっちに入った。

カフェ

こっちは対面で座れるようになっていて、がらがらだった。お値段高めだったが、穴場?くろみつきなこなんちゃらというのを頼んだ。

くろみつきなこなんちゃら

友達とは最近LINE でよくやり取りしているのだが、会ったら会ったで話は尽きず、いつの間にか16時を回ってしまった。4時間近く喋ってしまった。いつのまにそんなに時間経ったんだ?てな感じだ。友達とさよならしてちょっと予定時刻をオーバーして実家へ。おおさか東線ができて実家に行くのがとても便利になったのに、実家に行くのはこれが最後になるのだ。

実家の最寄り駅で降りてからコンビニで弁当を買って実家に行き、食事をしてから自分の部屋の私物整理。父親が自分たちの荷物を勝手に断捨離していたというので、たいしたものは残ってないだろうが、自分の持って帰りたいものだけでもないか、と思って捜索を始めると、意外と懐かしいものがたくさん出てきた。と言っても持って帰っても仕方がないので、片っ端から写真に撮って捨てることにした。学生時代のサークル時代のものは思い入れが強すぎて困る。定期演奏会のパンフとかどうしようかなあ。持ってても仕方がない、とはわかっているのだが、自分が人生で一番楽しかった頃の思い出なのだ。捨てるに忍びない。まあすぐに帰るわけではないし、卒業の時の色紙とか「これは持って帰る」と決めたものと、とりあえず一緒に置いておいてまた後で考えよう。

なぜか中学時代のナウシカのペンケースが捨てられずに持って帰ることにした。

ナウシカのペンケース

卒論はあった。これがあるのはわかっていた。他のものは全部ない。そう思ってたけど。

卒論

偏差値70オーバー時代の黒歴史。

模試の結果

明日は44個の粗大ゴミを運ばないといけない。老体にむち打って頑張ろう。

昨日は21時半に寝た。また眠れなくて起きてきて牛乳を飲んで、チョコレートを食べた。PCを起動した記憶があるが、また何かやったっけ?と思ってWindowsのイベントログを確認したら、起動したけど6分でシャットダウンしてた。22時半には寝たようだ。夜中にはちょっとうなされたが、朝は7時半に起床。ゆっくり過ごしてから作業所に出勤。

今日の作業は、え~とこれは説明しにくいなあ。コピー用紙の束みたいなやつと言えばわかるだろうか。売ってる状態で紙に包まれていてテープで端が留められているやつ。

紙の束

これは配布するリーフレットを包んだ紙の包みなのだが、その端っこを留めているテープをそ~っとはがして開き、薄い紙をボール紙を下敷きにしてそ~っと差し込み、またテープで封をする。これは何の作業か?

1番上の紙を入れ忘れた他の作業所のしりぬぐいである!

なんだよこの作業。ミスしたんならミスしたところでやり直せよ。なんでこんな仕事うちにまわってくるんだよ。ただでさえ忙しいのにな・・・。うちはレベルが高いからこういうのが来るのだ。トップ3が揃っててよかった。

という作業は昼過ぎで終わり、残りの時間はラミネートするカードをプラスチックのシートに挟んでいった。来週はまたシーラーなのかしーらー。

今日のお昼ご飯。セブンイレブンのパリパリ皿うどん。野菜たっぷりでおいしかった。

皿うどん

作業所の後は皮膚科に通院。妻に先に行って診察券を出してもらっていたのだが、それでも17時頃になるというので、皮膚科で妻と合流した後いったん生活支援センターに避難。待合室はけっこうな密だった。混んでる病院は混んでるのね。センターはがらがらで貸し切り状態。アマビエのペーパークラフトがあった。すぐにこういうの出るんだな。

アマビエ

皮膚科に上がるエレベーターは爪楊枝でボタンを押す状態になっていた。発泡スチロールにぶすぶす刺さった爪楊枝はまるで誰かが何かを呪ったみたいだ。爪楊枝は使ったら下のゴミ箱に捨てる。ついにこの世界はここまで来たかあという感じだ。

爪楊枝でエレベーター

「17時までに戻ってきてください」という札をもらって外に出たが、17時に戻ってもそれから10分~20分待たされることはざらにあるし、それから診察に時間がかかって、会計と薬が終わったらかなり遅くなってしまう。先にご飯を食べてしまおうと、16時半頃に商店街の中華料理屋へ。冷やし担々麺が始まっていたので注文。夏の風物詩である。

冷やし担々麺

金曜日は餃子半額デーなので、つい餃子を頼んでしまう。

餃子

食べ終わって病院に戻ったら17時ぎりぎりになってしまった。なのにそれから1時間待ってからやっと呼ばれた。診察と会計と薬局が全部終わって帰ってきたらもう19時だよ。やれやれ。大阪に行く前日に行くんじゃなかったな。明日は9時に家を出なければ。早く準備をしてさっさと寝よう。

昨日は21時半に寝た。また30分経って眠れずに起きてきて、アンケートを作り始めてしまった。ん?アンケート?

昨日生活支援センターに行って第1作業所のメンバーと焼肉食べ放題の企画について意見を聞いた時に、「第1のメンバーの生の意見が聞きたい」という話をした。レクの企画に関しては、いつも第2側の担当者の私と、第1側の担当者の所長(本当は第1にもレク委員がいるが機能していない)と話をしていろいろ決めているが、所長は第1のメンバーとちゃんとコミュニケーションを取ってくれてないから、あとになってから第1側で「それはやだ」ということになって、結局いきなり「第1は別行動にします」といったんコミットしたことを反故にされ、はしごを外されたりする。今回の焼肉も「自己負担をどうするか」というところを第1のメンバーがどう考えるか、ということを聞きたいのだがなあ、という話をしたら、そのメンバーに「アンケートを取ってみればどうですか?」と言われた。なるほどアンケートか、その手があった。

で、そのアンケートをせっせと夜中に作り始めてしまった。何をやってるんだかなあ。毎晩のように眠剤の効いた頭でなにかしらやってしまうのはちょっと怖いのだ。そんなこんなで23時過ぎに寝て、朝は7時半起床。朝食後、PCに向かってネットバンキングをチェック。おおおお、特別定額給付金20万円が振り込まれている。

定額給付金

作業所では一番乗りだ。なぜかアベノマスクも一番乗りだった。また羨ましがられる(いやマスクはあまり羨ましがられなかった)。ところでSNSで「マスクが来た」というのは何人も見たけど「使ってる」というのは聞いたことがない。

今日も作業はシーラーという名のラミネーターでひたすらカードをパウチしていた。他の人は挟んでいって、私がパウチする。正直この仕事、熱を使う仕事だから暑い。これからの季節は厳しいな。ずっとこの仕事でそろそろ飽きてきた。

午前中に見学者が来た。生活支援センターの私の担当職員も一緒だ。50代の男性で、奥さんと4歳の子どもも一緒に来ていた。話を聞いているとどうやら若年性アルツハイマーらしく、人の顔と名前が一致しないとか、「糊」とか言葉で言ってもわからないから見せてあげて、とか話していた。大変そうだなあ。明日からさっそく実習に来るらしいが、どうなるだろうか。「言葉で言ってもわからない」というのは知的障害者ではあったが、若年性アルツハイマーというのははじめてだから、どう対応したらいいのだろうか。うちの作業所はわりと難しい作業が多く、言葉での指示も多いのだが。センターではペーパークラフトをやったりしているらしく、手先は器用なようだ。そう言えば昨日センターに行った時に第1のメンバーがアマビエのペーパークラフトを作っていた。

それはそうと、私はセンターの担当職員と面談の日時を調整したいと思っていたからその場で調整した。タイミングが良かった。

今日のお昼ごはん。ローソンの大盛り冷やしぶっかけそば。ぶっかけが好き。

大盛りぶっかけそば

午後、作業をしていたらお客様。作業所のバイクの調子が悪いので、ボスが知り合いに頼んで見てもらいに来てもらったのだが、その人が差し入れをくれた。

お団子

私の好物のお団子である。おいしゅうございました。この作業所にあるとおいしいものにありつけることが多い。私は洋菓子より和菓子派なのでお団子は嬉しい。昔「だんご3兄弟」という歌が流行ったが、うちは花より男子4兄弟、いわゆるF4である(大嘘)。次の日曜日は4兄弟が揃うので、祭祀財産の継承についても話し合う予定である。まあ兄か相続した方の弟になると思うのだが、子どもがいるのは四男だけだし、墓も仏壇も全部弟が継ぐのかなあ。でも弟は仏壇は引き取りたくないというようなことを言っていた。まあそれを話し合うのか。

なんてやっているうちに、今度は「次の次の仕事」が山ほど来たので、大量の段ボールを積み込んだ。「次の仕事」は今やっているカードのラミネートを置いておいて明日やるらしく、その次にやはりラミネートの仕事を置いておいて今日来た仕事をやるらしい。で、来週中にカードの仕事を終えられるのだろうか。私は来週月曜日、もしかしたら火曜日も大阪に行くので休みなのだが。まあなるようになるだろう。そうして山場を抜けたと思ったら、ばったり仕事が来なくなるなんてこともあったりする。

今日の昼にLINEで弟が粗大ごみに出すもののリストと、その写真を全部送ってきた。全部で44個。

全部で44個。

ぜ・ん・ぶ・で・44・こ・・・。

凄まじい量である。でかい本棚とか机とかそんなものばかり。

おおおお、これ全部自分たちで運ぶの?運ぶんか?運ぶんだろうなあ?運ぶしかない。あの急な階段を降ろせるの?降ろすしかない。大丈夫かいな。弟はその筋のプロの仕事をしてるから大丈夫だという。

月曜日に出せるように、日曜日のうちに全部中身を出して、すぐに出せるところに移動させるか、あるいはガレージに放り込むらしい。そして月曜日に回収に来てもらう。さっきアップした今日の日記の冒頭に「6月6日に帰る」と書いたが、当初の予定では7日の日曜日に帰ってこれらを出す準備を手伝う予定だったが、新幹線で横浜から駆けつけてすぐにその作業を手伝うと体がきついので、もう前の日から実家に帰ってゆっくり休んでから、日曜日の朝10時頃から作業を始めるからそれを手伝うことにした。

絶対に忘れてはいけないもの。それは「コルセット」である。途中で腰をやってしまうと戦力外通告どころか、横浜に帰れなくなる。

大丈夫かいな・・・。

昨日は21時半に寝たが、また眠れないので40分くらいしてから起きてきて、牛乳を飲んでチョコレートを食べていた。少しだけPCに向かってからまた寝ようとしたが、それでも眠れないので、ふと思いついたことがあって、起きてPCを起動して夜行バスを調べ始めた。

6月6日(土)から8日(月)あるいは9日(火)にかけて、私物の整理と粗大ごみを出すのを手伝いに大阪に帰る。その粗大ごみだが、通常の粗大ごみの回収ではなく、自治体のサービスに予約すれば指定した日にトラックで来てくれて積めるだけ積んで持っていってくれる、というものらしい。もちろんお金はかかるが、廃品回収業者なんかよりぜんぜん安い。その回収時間だが、回収日の前営業日の16時以降に連絡があるらしい。つまり6月8日月曜日の何時に来るかは5日金曜日の夜にならないとわからない。

う~ん困ったな。午前中に来てくれたら午後には横浜に戻れるが、夕方だったりするともう1泊して戻ってくるのが火曜日になってしまう。今は忙しいからできるだけ休みたくないのだが。ボスには事情を話していて、月曜日と、もしかしたら火曜日も休むかもしれませんと言ってはいるのだが。

それで、昨日の夜中にふと「月曜日の夜に夜行バスで帰ればいいじゃないか。粗大ごみが何時に来てもいいし、火曜日に作業所にも行けるし、新幹線よりも安いし」と思いついて、ネットで予約してしまった。

朝になって冷静に考えて、「毎日のように「昨日も寝付けなかった」とか書いてるのに夜行バスとか無謀でしょう。まず眠れないよ。そんなんで火曜日から出勤するのはきついだろう。そのまま体調崩して寝込むようなことになったらどうするんだよ。それに夜行バスのほうが新幹線よりもコロナが危険じゃね?」と思い直して、キャンセルをしたのだった。キャンセル料1,350円を取られた。全く何をやってるんだか。最近夜中にまともなことをしていない。

まあそういうわけで結局昨日は23時半くらいに寝て、朝は7時40分に起床。今日は起きるのは辛くなかった。

今日は午前中は眼科に通院。9時半に家を出てバスに乗り、眼科に着いたら10時5分。10時から診察開始だが既に10人以上待っている。朝イチに来る人はそこそこいるみたいだ。広い病院で診察ブースも3つあり、待合室も広いのでゆったりという感じなのでソーシャルディスタンスは保っているが。

20分以上待ってようやく眼圧測定。早いときはすぐに呼ばれるのにな。その後さらに20分待って診察。眼圧は前回は両目とも16と高かったが、今回は左11、右12と良好だった。会計と薬局を済ませたらさらに20分経っていた。病院は時間かかるなあ。毎日暇を持てあましていたときはあまり感じなかったが、曲がりなりにも働いていると時間がもったいなく感じる。

眼科の後はバスに乗って戻り、第3作業所であるカフェに寄ってお昼ご飯を食べた。ランチの「たらこと舞茸のパスタ」を食べた。いつもながらこのサラダの量には圧倒される。

パスタ

これでコーヒーもついて500円というのは安すぎるが、これはここが作業所なので、障害者の人件費がただみたいなものなのと、横浜市から補助金が出るからである。そういう事情を知っているお客さんも常連さんの中にはいるようだが、知らなかったら「なんでこんなに安くできるの?」と謎だろう。けっこうファンが多いという。ここもコロナでずっとお休みだったのだが、6月1日に再開した。ホールの職員はフェイスシールドである。うちの作業所とかけもちで来ている職員をからかおうと思って行ったが今日は来てなかった。水曜日は休みらしい。残念。

作業所には昼から合流。昨日からの続きでひたすらシーラー(ラミネーター)で終わった。しばらくはこれが続くだろうな・・・。

帰りに久しぶりに生活支援センターに寄ってみた。第1作業所のメンバーでよくセンターに来ている仲間がいるかな、と思ったらいたので、焼肉食べ放題をやりたいという話をオフレコだけど少ししてみた。コロナの様子を見つつだからまだ確定ではないが、こっちでそういう話が盛り上がっていて、うちのボスから昨日所長(第1作業所の責任者)にも話を通した。そこで、ちょっと意見を聞きたいんだけど、ということである。

いつものレクなら作業所から補助が1,000円まで出て、自己負担も1,000円まで、合計2,000円の予算に収めないといけないということになっている。生活保護の人も多く、障害者は経済的に余裕のない人が多いのだ。しかし焼肉食べ放題となると2,000円なんか到底無理である。ちょっと調べたら、牛角なら2,980円の80品食べ放題コースに480円のソフトドリンク飲み放題をつければ消費税込みで3,800円くらい。なんとか頑張って交渉して補助を2,000円くらい出してもらって自己負担1,800円、あるいは2,500円出してもらって1,300円みんな出してもらえないだろうか。ボスは笑って「おいしい肉食べるのにそれくらい出すに決まってるわよ、みんな10万円入るんだから」と言う。このボスは人望は厚いのだが、ときどき勝手に決めつけたり強引に自分の考えを押し付けることがある。

で、「10万円入るから自己負担を1,000円以上出すか」というところが引っかかる。そもそも普通のレクでは自己負担500円が基本で、1,000円出させることもほとんどないのだ。で、他の作業所の人の意見も聞きたいと思ってこっそり話ができないか、センターに寄ってみた。そこにいた第1作業所のメンバーの意見は「それは違うと思います。それはそれ、これはこれで、10万円もらったから焼肉にたくさんお金を出していいと思う人ばかりじゃないと思います」と言う。そうだよなあ。うちの作業所はわりとみんなボスのイエスマンになっているのだが、第1作業所のメンバーとは考え方や物事の感じ方が違う。一部のメンバーはそれはわかっているのだが、なぜかボスはあまりわかってない。その溝は私が今埋めようとしているのだが、なんでボスはわからないんだろう?あの連中だと「10万円と焼肉は別です」と言いそうなものだ、とまだ1年しかいない私でも想像できるのになあ。

まあ明日出勤して「第1のメンバーがこう言ってましたけど」とボスに話してみよう。どんな顔するだろうか。