TOPに戻る
鬱るんです
躁鬱病の元ITエンジニア「はまー」が心と体の模様を記した雑記帳。 大手IT企業で心身ともにぼろぼろになり退職した後、派遣のエンジニアをやったり小さなIT企業でほそぼそと働いたり、Web制作事業を立ち上げようとしたりしたが、今は就労継続支援B型事業所でリカバリーを頑張っている毎日。

カテゴリー:日々の出来事

昨日は21時に寝た。寝付きはよかった。よく眠れた。最近またちゃんと眠れる日が多くなってきた。朝は6時半の目覚ましが鳴ったが、どうしても起きれない。その後妻の目覚ましも何度も鳴ったが、妻も起きれない。ふたりしてやっと7時20分に起きれた。なぜかふたり同時に起きることが多い。しかしもっと早く起きないと4月からやばいのだ。どうしたら朝眠たくてしんどくても起きれるようになるんだろう。5時に目覚ましをかけると6時半に起きれる?いや、それは違うだろう。

なんだかしんどいので9時まで横になっていた。今の時点でこの体調はやばいな、と思ったが今日は10時からWRAPなので9時半に家を出て生活支援センターへ。

今日のテーマは「注意サインと対応プラン」。はじめての参加者がいたので「WRAPとはなんぞや?」というところから最初に少し詳しく解説。常連メンバーだけだとこの辺はすっ飛ばす。注意サインとは「自分の調子が悪くなる兆候となる、内側からの小さな小さなサイン」である。ファシリテーターによると、それは小さければ小さいほどいいらしい。小さい段階で気がついたら、早めに対応プランを実行できる。

解説のあとは、今日も付箋を使ったワーク。自分の注意サインを付箋に書いて、それに対する対応プランを横に書く。それをペタペタ模造紙に貼っていって、それを見ながらひとりずつ「これはこういうことで」という説明をした。私は注意サインとその対応プランを4つずつ書いた。

「肩がこる」「ストレッチ。踊る」
「睡眠が浅い」「次の日にできるだけ体を動かす」
「本やネット(文章)が読めない」「諦める。頭を使わない」
「喉が渇く」「とにかく水を飲む」

ということを書いた。予想通り「踊る」って何を?と聞かれた。これはまあ、ラジオ体操でもなんでもいいのだが、肩が凝ったときには肩だけでなく全身の血流をよくした方がいいと思うので、家の中でできる少し激しめの運動をすることです、踊りは適当です、と答えた。そんな感じで今日のWRAPは終わった。

WRAPクラスは毎月1回あり、12回で1クールで、それに全部出たら修了証をもらえる。私は昨年度は2回欠席したのでもらえなかった。今のクールはコロナの影響で7月から始まったので、今日はまだクールの途中なのだが、去年度と今年度と合わせて全てのカリキュラムに出ていて、私は今日が最後の出席ということなので、特別に修了証をもらった。

修了証

これをもらえると何かいいことがあるかと言うと、WRAPのファシリテーター養成研修を受けることができる。ただしその研修を受けるための条件としてもう1つ、「自分のWRAPを持っていること」があるのだが、自分はまだ未完成である。ちゃんと作らないといけないが、クライシスのプランは自分でなく支援者に実行してもらわないといけないとか、なかなか作るのが難しいところ。でも手をつけないとな。

11時半までの予定が12時近くまでかかって終了。本当はその足で作業所に行く予定だったが、朝も疲れ気味だったし、夕方に通院もあるのでお休みにした。もうあと1ヶ月しかないので、絶対に調子を崩してはいけない。慎重過ぎるほど慎重にいこうと思っている。

家に帰ったら、Amazonで注文した靴が届いていた。DUNLOPの靴は私も妻も気に入っている。

買った靴

うん、いい感じだ。履いてみたらぴったり。しばらくそのまま家の中を歩き回る。大丈夫そうだな。あとは長い時間歩いていて靴ずれがしなければOKだ。

履いた靴

やはり少ししんどいので、14時ごろから15時まで1時間横になって休憩。仕事中でもちょこっと横になれればいいのだが、そういうわけにはいかない。作業所では横になっているメンバーはいるけど。

15時過ぎに家を出てメンタルクリニックに通院。ここ2週間くらいは調子が上向きだが、今日はちょっとしんどくてまだまだ油断ならない、もうあと1ヶ月なので、慎重にいこうと思っている。ということを話した。医師は「そうですね、そうですね」と相変わらずわかっているのかわかってないのかわからない謎の相づちを打っていた。アブレーションを行うことや勤務地が市役所になったことも話したが、いまいち反応が薄い。まあいいや。

帰りはルーティーンのカレー屋。さっそくお試しに履いて行った靴が、なんだか店内でつるつる滑る。やば~いこれ滑るやつだ。雨の日とか気をつけないと。雨の日は別の靴を履いていこう。

カレー

今日Facebookを見てると、大学の先輩が「風疹のワクチンを受けてきた。お前らも受けろ」と書いていた。そうだ、受けてなかった。うちらは受けてない世代。去年抗体検査のクーポンが来ていたはず・・・ああ、あった。しまったな、せっかく無料で受けられるんだから早く受けておけばよかった。これ、すぐに抗体検査して受けられるものなんだろうか。受けられるのなら早めに受けておこう。

しかし3月は忙しい。18日から21日までは入院。23日から25日のどこかに実習が入るがいつ連絡が来るのやら。26日は四者面談、30日には視野検査と予定が詰まっている。4月までに済ませられるものは済ませておきたいので、その前に受けたいところだが、手術する前にワクチン接種していいものなのか。クーポンの期限は来年の3月までだから4月以降でもいいのだが、それだと休暇を使わなければならないかもしれない。かかりつけの内科なら仕事の後でも行けそうであるが、そこで受けられるのだろうか。

厚生労働省のサイトに「抗体検査とワクチンが受けられる医療機関のリスト」があったが、いまいち。県別のPDFファイルになっていて、神奈川県のファイルを開くと、受けられる全医療機関が一覧で載っている。めっちゃ長い。52ページもあるし、サイズも2MBある。最後まで見ると全部で2824個もある。しかもちゃんと住所でソートされてない。横浜市A区の病院がずっと載っていて、その次に横浜市B区の病院が並んでいると思ったら、またA区の病院が載ってたりする。見つけにくいやろう。

一応テキスト検索はできたので、自分のかかりつけ内科で受けられることは確認できた。次の診察の時にとりあえず抗体検査ができないか、明日電話して聞いてみよう。風疹は昔やったことがあるような気がするのだが、はっきり覚えてないなあ。抗体があればいいのだが。

昨日は22時に寝た。夜はよく眠れた。6時半の目覚ましで起きたが、まだ眠いのと体がしんどかったのでまた寝た。結局8時に起きた。昨日と全く同じパターン。10時間も寝ないといけないのは困ったな。土曜日に多少疲れが残っていてもその日のうちに解消して、日曜日の朝は爽やかに起きたいのだ。

午前中はPCに向かったりして適当に過ごしていた。外に行こうかどうか迷ったが、今日はやめておいた。昼過ぎ、ちょっとしんどいと思って横になった。今の時点でこの状態はちょっとやばいなあと思いつつ、今はとにかく体調を整えないといけない。無理はしないのだ。

寝ながら、4月までにあと何を揃えればいいかいろいろ考えていた。スラックスとジャケットは買ったが、ああ靴だ。スニーカーばっかり履いている。革靴もあるがそれはけっこう高かったので日常的に履きたくないな。1足だけあるウォーキングシューズがちょうどよさげだから、これと同じようなのがもう一つほしいぞ。

しかし、近くに靴屋がなくなってしまった。ダイエーの靴屋が安くてよかったのに、ダイエーはなくなった。イオンもなくなった。ABC-MARTとかはちょっと高いし、買いに行くのがめんどくさい。結局Amazonで良さげなのを注文した。昔は通販やネットで靴を買うのはためらっていたが、最近はもっぱらネットだ。返品無料だから、履いてみて合わなければ返せばいい。しかし今のところハズレに当たったことはない。

それから地味な色の靴下も何足かあった方がいい。まあ靴下なんかすぐに買える。あとはシャツだな。白いワイシャツではなく、でもカジュアルすぎないビジカジ的な清潔感のあるシャツ。洗濯してアイロンする手間を考えたら5枚くらいは揃えておきたい。はて?昔着ていたのが残っているだろうか。あったとしても着れるだろうか。

起きて衣装ケースをひっくり返して見てみると、いくつかあったが大きすぎたり小さすぎたり、あとは黄ばんでいたりして、まともに着れるのは3着だけ。2着買い足そうとまたまたユニクロの商品をネットで探す。ストライプが入ったのとか薄いブルー辺りが定番かなあ。黒というのはどうだろ?セシールのサイトも見てみて、気に入ったのがあったので、またポチッと2着頼んでしまった。

またまた出費がかさんでしまったが、4月までにいろいろ準備するのが楽しいのだ。4月まであと32日。先は見えた。

昨日は22時に寝た。なんだかんだやっていたら、少し遅くなってしまった。寝付きはよく、よく眠れた。最近睡眠が乱れていることが多かったので、眠れるとほっとする。

朝は6時半の目覚ましで起きて、いったんスマホの体調管理アプリに起床時刻を入力したのだが、まだ眠いし疲れが残っている、と思ったのでまた寝た。昨日の面談で、仕事モードにしつつ心と体を整える、という話が出たので、とりあえず土日は自分を整えようと無理しないで横になっていた。そして8時に起床。少し疲れが残っているか。週末の体調は全体的な体調のバロメーターになる。1週間終わってどれだけ疲れないで切り抜けたか、4月からは今以上に重要になる。

昨日の面談のあと、次回はいつにしましょうか、と職員と自分とで手帳を見て3月26日の16時に決めた。家に帰ってきてから妻に話したら、ありゃりゃ?妻も全く同じ日の同じ時間に妻の担当職員と面談の予定となっている。面談をするミーティングスペースは1つしかないのに、どういうことだろう。どういうこと、と言うか昨日職員は自分の手帳だけ見て日程を決めていたな。いつもはその時間にミーティングスペースがあいているか確認して決めるのに。私の担当職員のミスだろう。

どっちの予定をずらしてもらおうか、と妻と話していたが、ちょうどいいタイミングだから四者面談にしてもらおうということに決めた。私が勤務を始める直前で、私も負荷が高くなるが、妻の方も私のサポートが薄くなる分負荷が高くなり、生活ががらっと変わる。今は妻の調子が悪いときや悪くないときに、私が作業所の帰りにお買い物をしていくということがあったが、そういうことをする余裕が自分もなくなりそうだから、妻の方でなんとかしてもらわないといけない。今日の午前中に生活支援センターに電話して職員に話をし、四者面談にしてもらった。

昼前に家を出て伊勢佐木町まで歩いて行った。職場はおそらくビジカジな服装なのだろうが、今はラフな服しか持ってない。この前スラックスを買ったが、ジャケットが1着もないので、今度はジャケットがほしいと思ってネットでいろいろ見ていた。セシールはいまいち。サカゼンはちょっと高い。ユニクロのやつがいいかなあと思った。サイズはXXLじゃないと無理だろうか、XLはやはり入らないだろうか。生地はどんなのだろうか。確かめに直接店舗に行ってみた。

その前に、今月はわりとお小遣いが残っていたので、久しぶりに回転寿司に行った。お寿司なら近くの商店街の魚屋で安くて美味しいのが売っているので、最近はずっとそれなのだが、そこのパックはいつも同じネタなので、やはり自分の好きなものをチョイスして食べたい、ということで久々に。うま~い。

回転寿司

その後ユニクロに行ってジャケットを見てみた。少し生地が薄っぺらいような感じだが、4月以降だとこれくらいでいいかも、寒ければ中にベストを着るとかアウターで春物のコートを着るとか、そういう調節をしたら大丈夫そうだ。XLを試着してみたが、ぜんぜんだめである。姿見で見てみたら、いつの間にか腹が前以上にみっともなく出ている。こんなに出てたか?うちには全身が映る鏡がないのでここまでは、とは思ってなかった。XXL以上は店舗には置いてなくてネットでしか買えない。XXLの試着もしてみたいが、それは無理である。まあでもXXLで大丈夫だと思う。

ユニクロを出たらなんだか疲れていたので、行きは徒歩だったが帰りはバスで帰った。途中で乗り換えるのだが、ぼ~っとしていたら乗り換える停留場を乗り過ごしてしまった。なんだか頭がまわってない。う~ん、ちょっと体調的にはよろしくないな。

家に帰ってきて、今日見たジャケットのXXLをネットで注文しようとユニクロオンラインストアのページを開いたのだが、どの商品かわからない。「感動ジャケット」という商品の1つで、商品のタグもカメラで撮って来たのだが、

ジャケットのタグ

ウールライクな感動ジャケットはたくさんあるよ。えっと、私が見たのはどれだろう。違いがわからない。ああ、商品詳細に商品番号が書かれていた。えっと、あれ~私が試着した商品はXLまでしかないではないか!まあ他のウールライクの商品でいいや。何が違うんだろう。

それから、私が気に入ったと思ったベージュ色のジャケットがない。あれもウールライクと思ったのだが、ベージュのやつは全てコットンライクと書いてある。これもよく見てなかったのだが、あれは色違いの同じ製品ではなくて別物だったのか。ミスった。コットンライクというのはどんな感じの生地か、もう見に行く気力はない。まあそんなに焦らないでいいかもしれないが、XXLは数が少ないので油断すると品切れになるかもしれない。

まあいいや~ということで、別製品でもいいやと思ってベージュとダークグレーのジャケットを注文。ジャケットを買うのは久しぶりだ。昔はジャケットが好きでいつも着ていたのに、いつ頃から着なくなっただろう。肥満体型になってからだなあ。ユニクロだからそんなに高くないとは言え、ジャケットを2着買うとそれなりにかかる。いろいろお金がかかっているのに、また散財してしまった。まあいい、これは初期投資だ。

夕方から録画したクイズ番組を見ていた。今日は頭が冴えていて、東大ナゾトレを全問、しかもほとんど短時間で解けた。調子が悪い時は頭の中にもやがかかっている。大丈夫、調子は悪くない。4月まで33日。慎重に慎重に。

昨日は21時に寝た。以前見た動画で紹介されていた、「これをやれば眠れる」というのをやってみたら割と早く寝付けた。その方法とは、たとえば「さ」で始まる言葉を思いつく限りゆっくり頭の中で思い浮かべる、というもので、ある言葉を思い浮かべたら次はできるだけそれと関係ない言葉を思い浮かべる。出尽くしたら他の文字からにする。そんなので眠れるのかいな、と思ったが昨日は眠れた。よけいなことを考えずに済むからかな。

夜中もぐっすり眠れて、6時半の目覚ましが鳴った。「起きなければ」と思ったがすぐには体は動かない。しかし5分後には起きれた。この3日ほぼ6時半に起きれている。いい調子である。朝食を食べてPCに向かっていたら、ふと「給料日って毎月何日なんだろう」と思ったのでネットで調べてみた。横浜市の「給料の支給日に関する規定」という条例によれば、一般職員の場合は5日だが会計年度任用職員の場合は21日だった。学校の教職員の場合は16日だった。なんでばらばらなんだろう?

作業所に行ってお仕事。今日も昨日の続きで1日中両面テープをひたすら同じ長さにカットしていく。地道な作業である。夢に出てきそうである。

今日のお昼ごはん。セブンイレブンのかき揚げ二八そば。

かき揚げ二八そば

終業後は生活支援センターで面談。心臓の手術の話をしたら驚いていた。そりゃそうか。前回の面談は健康診断の前だったし、急展開だったからかな。その後この1ヶ月の体調を説明して、もうあと1ヶ月になりましたねえ、なんて話をする。3月は仕事モードにしつつ、ゆっくり心と体を整えるつもりでいいんじゃないですか~と言われた。そうだなあ、ここで調子を崩すわけにはいかないが、負荷をかけないようにと自堕落に過ごすわけにもいかない。4月まであと34日。自分の体調と相談しながら慎重に過ごそう。

自分が懸念しているのは、健常者の中に障害者が自分1人だけ、という状況が久しぶりで、そういう環境で自分が言いたいことをきちんと言えるか、ということだという話もした。生活支援センターにしろ、作業所にしろ、周りの人はみんな障害者であり、福祉の職員である。障害に関する理解もあるし対応方法もわかっている。しかし今後の仕事の現場ではそうはいかない。自分がつらいときには「つらいです」と言えないと、またすぐに潰れてしまう。それは避けなければならない。現場の人間は、私にどれだけ負荷をかけたらつらくなるかなんてわからない。

私はずっと「どんな職場なんだろう。どんな仕事をするんだろう」と思っているのだが、役所の職員は職員で、私とは逆に「障害者が1人4月から来るらしいけど、どんな人だろう」と思っているかもしれない。障害者と言っても千差万別。どういう能力の人が来るか、どういう個性の人が来るかわからない。私はよく「障害者に見えない」と言われるが、そう思われるとキャパオーバーの仕事を振られるかもしれない。無理しないように気をつけなければ。