TOPに戻る
鬱るんです
躁鬱病の元ITエンジニア「はまー」が心と体の模様を記した雑記帳。 大手IT企業で心身ともにぼろぼろになり退職した後、派遣のエンジニアをやったり小さなIT企業でほそぼそと働いたり、Web制作事業を立ち上げようとしたりしたが、今は就労継続支援B型事業所でリカバリーを頑張っている毎日。

カテゴリー:IT関連

自分はウィンドウをいくつも立ち上げて、Alt+Tabで切り替えながら使っているのだが、Windows10になってからExcelだけそれが効かなくなった。Excelの画面でAlt+Tabを押しても他の画面に切り替わらない。それでときどき「キ~!」となっていたのだが、検索してみたら解決方法があった。同じことで困っている方がいるかもしれないので転載しておく。ただし、レジストリを操作するというちょっとリスクのある方法なので注意が必要。レジストリのバックアップの取り方などは解説しないので、その辺は自己責任で。

手順:

  1. スタートボタンを右クリックし、「ファイル名を指定して実行」をクリックします。
  2. 「regedit」と入力してEnterキーを押します。
  3. 「HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Windows
    \CurrentVersion\Explorer」とツリー構造をたどっていきます。
  4. 右枠の適当な空きスペースを右クリックし、「新規」→「DWORD (32ビット) 値」をクリックします。
  5. 新たに項目が作られ、名前入力の状態になりますので、「AltTabSettings」と設定します。
  6. 作られた「AltTabSettings」をダブルクリックし、「値のデータ」欄に「1」と入力し、OKをクリックして決定します。
  7. Windowsを再起動します。

ということで、無事ExcelでAlt+Tabが効くようになった。と言うか、なぜWindows10でExcelだけこの機能がデフォルトで殺されていたのか意味不明。

昨日インストールした接触確認アプリ。さっそくいろんな不具合が報告されてるが、私も見つけた。

接触確認アプリ

「2020年6月21日から使用中」と書いてあるが、昨日(6月20日)から使ってるのだが。昨日は「6月20日から使用中」と書いてあった。

なんでこんなのリリースするかな。と思うところだが、なまじっかITの現場を知ってるだけに「現場の工数見積もり無視でリリース日だけ上の人が決めてデスマーチ」みたいな修羅場な惨劇が目に浮かんできてご愁傷さま、という気がする。「どうしても間に合わないので、一部の機能を未実装なままとりあえずリリースして、残りの機能は後追いリリース」ということもあった。特定の顧客のシステムだったから、その顧客との調整しだいでそういうことが可能だったが、こういう不特定多数が使うアプリの場合は、ちゃんときちんとバグを出し切って(というのは難しいとはわかってるが)からリリースしてほしいものだ。他に致命的な不具合はないだろうな。「感染者と接触していたのにそれが通知されない」というような意味なしなステルス不具合は勘弁。

追記:
などと思っていたら、なんとこのアプリ、オープンソースではないか。Githubでソースが読める!開発言語はC#か・・・。全くわからん。え?開発者は誰?と思って検索したら、https://diamond.jp/articles/-/240905によると、

アプリを開発したエンジニア集団は、有志が集い、無償で開発に当たったという。

へ?有志?無償?

アプリの開発に携わったのは、日本マイクロソフトに所属する廣瀬一海さん。エンジニア界隈では「デプロイ王子」の異名で知られる有名人だ。

ひょえ~。なんか知らんけど、その辺のぼんくらSEなんかより、多分すごい人なんだろうけど、こういう国家プロジェクト的なものを、こういう形で開発していいものかな。いや、個人的にはこういう人たちが開発したほうが全然クオリティが高いような気もするのだが。

自分だったら個人情報が吸い上げられるようなアプリは使いたくありません。自分が嫌なものをつくって、世の中にばらまくはずがない。

いろいろなこだわりがあるようだが、個人情報は吸い上げない。多くの人が心配しているその点は頑なに死守しているらしい。オープンソースでこそそう言い切れる。誰もがソースをチェックできるのだから、怪しいことをしていたら一発でバレるのだ。

私たちはお金を1円ももらわずに、ボランティアで開発しました。たまには、そういう人たちがいるんだと信用してくれたらいいなと思います。

頭が下がります。

自分が感染しないためのアプリではなく、自分が誰かに感染させないためのアプリです。

マスクもしかり。最初からそういう思想なのですね。

追記のほうが長くなってしまったが、そういう信念を持ったエキスパート達がボランティアで開発したものらしい。外野から重箱の隅をつつくのはやめよう。

昨日スマホのOSアップデートが走り、Androidが9から10になったのだが、よくわからない不具合発生。自分のブログに仕込んでいるアクセス解析は、自分のアクセスをカウントしないようにしてるのに、それがカウントされるようになった。管理画面で「管理者のアクセスをカウントしない」にチェックしているのに、なぜかカウントされてしまう。Cookieで制御しているはずなのだが、Cookieの不具合なのか?アプリ側の問題?

それからアクセス解析の表示で、User-Agentから機種名が消えた。これは不具合というより、そう仕様変更されたのかな。不思議なのはサーバに渡されるChromeのバージョン情報と、実際のChromeの設定画面から見れるバージョン情報が違うこと。Chromeのバージョン情報は、設定画面から見ると、

Chromeのバージョン

Chrome83.0.4103.101である。しかし、Apacheのログを見ると、

xxx.xxx.xxx.xxx- - [19/Jun/2020:16:46:22 +0900] "GET /blog/hammer/ HTTP/2.0" 200 27533 "-" "Mozilla/5.0 (Linux; Android 10) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/80.0.3987.162 Mobile Safari/537.36" "-"

Chromeのバージョンは80.0.3987.162と書いてある。これはアクセス解析の画面でも同じで、

アクセス解析画面

やはり、80.0.3987.162である。それから上に書いたようにUser-Agentに機種名が書いてない。しかし不思議なことに、「確認くん」という自分がアクセスした際にサーバーに渡される情報を確認できるサイトがあるのだが、そこにアクセスしたらこう表示される。

確認くん

なぜかこれではChromeのバージョンは83.0.4103.101で、機種名がSHV46と書かれてある。Androidはもちろん10である。

別になにか不都合があるわけではないのだが、

Why?

てな感じだ。

昨日は21時半に寝た。また眠れなくていったん起きて、牛乳を飲んでチーズを食べた。それからPCを立ち上げて何かやっていた。多分昔の日記を読んでいたと思う。昔も今も書いていることはぜんぜん変わってない。Windowsのイベントログによると、23時17分に寝たらしい。

ちなみにこの時刻は、イベントビューアーのWindowsログの「システム」でイベントIDの7001と7002をフィルタするとわかる。前はいちいちイベントビューアーを起動していたが、Windows Power Shellを使えばコマンドラインベースでできるとわかったので、今は下記の内容をファイルを作って、右クリックで「PowerShellで実行」をやっている。

Get-EventLog System | Where-Object {$_.InstanceID -eq "7001" -or $_.InstanceID -eq "7002"} | Select-Object TimeGenerated, Index, EntryType, InstanceId, Message | more

出力結果はこんなの。

TimeGenerated : 2020/06/18 7:38:09
Index : 47663
EntryType : Information
InstanceId : 7001
Message : カスタマー エクスペリエンス向上プログラムのユーザー ログオン通知

TimeGenerated : 2020/06/17 23:17:28
Index : 47648
EntryType : Information
InstanceId : 7002
Message : カスタマー エクスペリエンス向上プログラムのユーザー ログオフ通知

TimeGenerated : 2020/06/17 22:43:36
Index : 47627
EntryType : Information
InstanceId : 7001
Message : カスタマー エクスペリエンス向上プログラムのユーザー ログオン通知

TimeGenerated : 2020/06/17 21:45:33
Index : 47612
EntryType : Information
InstanceId : 7002
Message : カスタマー エクスペリエンス向上プログラムのユーザー ログオフ通知

厳密には起動と停止ではなく、ログオンとログオフの日時なのだが。

そんなこんなで朝は7時半起床。7時半に起きれているのならまだいいのだが、疲れが取れているのかいまいちよくわからない。なぜ眠れないんだろう。暑いからかな、扇風機じゃもう限界なのかな、と思って昨日は冷房を入れてみたのだが、空振りだった。涼しかったらす~と寝てしまうかと思ったのに。

作業所に出勤。まだ上り坂がきつい。どうもまだ体力が戻ってないようだ。作業は昨日の予告通りマスクのゴム紐を30cmずつ切っていくというもの。ボール紙に端っこをクリップで留めて、引っ張らないで自然に這わせ、もう片方の端っこをハサミでちょん切る。こつとしては、端っこを机の端から外に出し、糸を下に垂らせば糸の自重で自然にまっすぐになるので、それでちょきんちょきんと切っていく。

ボール紙と糸

50本ごとに束ねて職員に渡し、職員がチェック。「Nさん短すぎ」とかダメ出しを食らってる人もいたが、「はまーさん、ばっちり」と言われた。ちょっと嬉しい。

50本のゴム紐の束

それはよかったのたが、いくらやってもやっても減らない。いやほんと、今までの仕事ならボスもどれくらいの量ならどれくらいの期間でできると見積もれるのだが、これはやってみないとわからない、という感じだ。繊細な作業なので任せられるメンバーも限られる。できそうにない人は箱を折っている。今日のひとり分のノルマはこれだけだったのだが、

今日のノルマ

半分も終わらなかったよ・・・。この仕事、いつまでかかるんだろう。他の仕事もあるのに。地道な仕事である。

地道な仕事・・・

今日のお昼ごはん。ローソンの「大盛!豚カルビの塩焼きそば」。お肉がおいしかったっす。

塩焼そば

今回受けた仕事の明細が貼ってあった。上の写真の1つの袋に入っているのがだいたい200何メートルとかで、それがこれだけある。

仕事の明細

Excelにだーっと入力して計算してみたら、全部で6,796メートルもある。これでまだ全部ではないのだ。ちょっと気が遠くなる。大丈夫なのか?

昨日は22時半に寝たが、寝付けずに23時10分に起きて牛乳を飲んでチーズを食べた。またPCを立ち上げて、なぜかレンタルサーバーの新ブログの常時SSL化という、「なぜ今やる?」ということをやり始めた。

常時SSL化というのは、サイトコンテンツの内部リンクを完全にSSL化すること。レンタルサーバーになってSSL証明書を発行してもらえたので、HTTPSでこのサイトに接続できるようにできたが、移行前の記事内の画像や他の記事へのリンクがhttpsでなくhttpで始まっており、それらは安全なリンクとみなされない。そのため「安全でないコンテンツへのリンクが含まれる」という状態だった。それを無理やり「Really Simple SSL」というプラグインで「完全にSSL化されている」ように見せかけていた。

しかしこれはあまり美しくない。本来なら自サイトのURLを全部httpsに書き換えるべきである。ということで「Search RegExp」というプラグインでDBの内容を一斉に置換してしまった。先日ローカルサーバーで、SSL化ではないがレンタルサーバーに移行したためホスト名を変えた際、旧ブログのDB内のホスト名を一斉置換するために試してうまくいった。同じようにレンタルサーバーの常時SSL化も近日中にやろうかと思っていた。それをなぜか昨日の夜にやりだした。DBのバックアップをとって、Search RegExpでURL置換。phpMyAdminからSQLでDBの中を見てうまくいったっぽいと確認。なのにReally Simple SSLプラグインを無効化してブログを表示させたら、「保護されてない通信」との表示。あれ~?というところで昨日は0時をまわったので寝た。起きたら8時45分。とほほである。

そして今日は昨夜の続き。多分この辺りが怪しいんだろうと思うところを修正したが、まだおかしい。どうやって調べるんだろうと思ってネットで検索したら、ChromeのデベロッパーツールでWarningが出てるからそれで問題の箇所を特定できると。調べてみたらFeedlyというRSSリーダーへのリンク内にある自サイトのURLがhttpだったのがいけなかったようだった。そいつを修正したら無事完全にSSL化できた。

ところでFeedlyのボタンを押したらエラーになった。また調べたら、なんと2年くらい前にFeedlyが仕様変更になって、コードを書き換えないとちゃんとFeedlyの画面に遷移しないという状態になっていた。ここからアクセスする人はほとんどいないと思うが、まあよくこのタイミングで気づいたものだ。一度設置したら自分もまず押さないボタンだった。

これである。

follow us in feedly

というところで、今日はいろいろいじっていたら前記事のphpMyAdminのトラブルに遭遇して格闘していた。最近こういうトラブルばっかりで、正直楽しい。そして昼間に記事をアップしたら、またサイトが「保護されていない通信」に戻ってしまった。なんで?え~と、どうやら画像をアップしたらhttpで始まるURLでimgタグが埋め込められてしまっていた。???と思ったら、WordPressのダッシュボードで肝心の自サイトのURLをhttpsに書き換えてなかった。プラグインに任せ過ぎだろう、自分。httpsに修正して画像をアップし直したらちゃんとhttpsになりましたよ。これで大丈夫かな。まだなにか罠があるのかな。

そういうことをしていて、日曜日だけど引きこもっていたよ。まだまだコロナは油断してはいけないからこれでいいのだ。明日からまた作業所だ。