TOPに戻る
鬱るんです
躁鬱病のITエンジニア「はまー」が心と体の模様を記した雑記帳。 大手IT企業で心身ともにぼろぼろになり退職した後、ほそぼそと働いたり事業を立ち上げようとして頓挫したり、作業所に通ったりと紆余曲折したが、今は障害者雇用でなんとか働く毎日

カテゴリー:健康

昨日は21時半に寝ようとしたのだが、昨日も眠れず22時半に起きてきて、PCに向かってなんだかんだやっていた。23時半になってやっと寝た。最近睡眠が乱れてる。

今日は休みを取っているが、2つの病院をはしごするためにいつもと同じくらいの時間に起きて朝イチで行こうと思っていた。が、ぜんぜん動けず起きたのは9時だったか。金曜日の朝でこんなに消耗しているとは。休みを取ってなかったら欠勤連絡を入れているところだ。やはり週30時間というのは厳しい。精神障害者には「週20時間の壁」というのがあるのだ。

県営住宅に送る収入申告の書類を書いてコピーした後、それをカバンに入れて家を出た。あいかわらず体がだるい。

まず近所の内科クリニックに行ったら、誰も待っていなかった。混んでるときには混んでるのに、よくわからん病院だなあ。血圧を測ったら上が147と高い。下はそれほどでもなかったが、やはりこの腹のせいか?腹のせいか?

その後郵便局へ行って書類を特定記録郵便で出した。こういう「郵便局へ行く」「役所へ行く」ということが、勤めだしてからできなくなった。行こうと思ったら休みを取らないといかん。まあたいていのことは妻に行ってもらっているが。

そう言えば先月更新手続きをした障害者手帳の更新完了通知がまだ来ない。今月いっぱいが期限なんだけど。新しい手帳が送られてくるわけではない。今の手帳に「有効期限欄」がいくつかあって、そこに新しい期限を追記してもらうために区役所に行かないといけない。これも妻に代理で行ってもらうことになるのか。手帳と言いつつプラスチックのカードなのだが、それはまあいい。

その後バスに乗って皮膚科へ。皮膚科はまあまあ混んでて、30分以上は待たされたか。ちょっと体が荒れてて痒いんですと訴えたが、そうでもないと言われた。医者にかかるタイミングでそうでもないことが多いのはなぜだろうか。マーフィーの法則というやつか。(古い)

皮膚科のあとはルーティーンのマック。今日はダブルチーズバーガーのセットにした。昼間だとセット550円と安いようだ。ビッグマックと比べるとボリューム感はないように見えるが、けっこう肉肉しい。ビッグマックばかり食ってるが、これでもいいよな。

帰りについ100均に寄ってぶらぶらしてしまった。この前から「判断に要する脳みその負荷を減らす」というのをやっているが、今日は逆に目的のものもなくぶらぶら眺めてみることにした。3つ商品を買ったが、3つとも当たりだった。何か目的のものを探しているときは、それがあるかないかだけ目に入って他の判断ができないが、何も目的がない方が「これは便利かも」といろいろ判断できるのかもしれない。うん、この前と書いていることが違う。

昨日は21時半に寝た。寝つきはよかったと思う。新調したイヤホンは、前持っていたのと同じで、型番が少し新しいやつだったのだが、それくらいだと何も変わらないと思っていたが、前のより耳にぴったりフィットするようになっていて、なかなか具合がよかった。朝は6時半過ぎに目が覚めたが、その後もまた寝てしまい、7時半より少し前に起きた。

小ぶりの雨の中を今日も徒歩通勤。足は少ししびれる程度になった。痛くはない。このまま少しずつ日常生活に支障がないまま薬を減らしていければいいのだが。

出勤して、穴を掘って埋める仕事を続ける。いや、穴を掘って埋めるというより山の中でひたすら木を切っているという感じか。誰も必要としていない木を切っているのだ。ここの部署の人は山の外にいて、私が何をやっているか知らない。

来週職場でジョブコーチと面談があるので、現在の状況と心境について相談してみるつもりである。大雑把な話は今日メールで伝えたが、毎月その場に来てくれる福祉施設の職員はいきなりヘビーな話をしたらびっくりするだろうと思ったのと、先にその職員にも相談したかったので、今日施設に電話をかけて、急で申し訳ないが、今週中に面談をお願いできないかお願いした。ちょっとお待ちくださいと言われ、5分くらい待たされた。裏でいろいろ調整していたのだろう。自分の担当職員が出てくれたらよかったのだが、ここの施設では電話に出た職員は他の職員に取り次がない決まりになっている。あと、電話は1人1日2回まで。ストーカーみたいな人もいるからだと思う。かわいい職員もいるからな。

5月21日の土曜日になんとか予約が取れた。いろいろ調整したのだろうか。こういう調整をするときに、他の人に電話して「申し訳ないですが、予定をずらせないでしょうか」と他の人の予定をずらすことがある。というか、ずらされたことが何回もある。まあ職員もいろんな利用者の要望に応えないといけないから大変だな。

電話口に出た職員が、「ちなみに、どういった話でしょうか」と言うので、「仕事を辞めたくなって」と話すと絶句していた。青天の霹靂というやつかもしれない。私はここの施設の利用者の中ではロールモデルなのだ。きちんとした仕事に就くまで行ける人はなかなかいない。

その後はひたすら木を切っていた。昔切った木が伸びてきたので、また切ろうとしたら切れなかった。なんでだろう?木こりに例えるとなんのこっちゃさっぱりわからんが、具体的に書くわけにもいかんのだ。

そんなこんなで、定時になったので帰ってきた。帰ってくる途中で「ああ、あれがこうかもしれない」と思いついた。明日行ったら試してみよう。

これからどうしようかなあ。仕事の内容は調整してもらえるようだが、私には能力がないらしい。ここでいう能力とは「仕事に必要なスキル」ではない。「1日6時間働く能力」である。1年働いてきて、その能力が怪しいと感じているのだ。今までの経験と照らし合わせると、ここで「逃げる」のが一番の選択なのだが。逃げるのは恥なのだが、なにかに役立つらしい。

昨日は21時40分に寝たが、布団に入ってから10分くらいYouTubeで動画を見てしまった。その後寝ようとしたのだが、なかなか眠れない。時計を見ると40分経過している。これは1時間コースだなあと思っていたが、そのうち眠れたようだ。朝は目覚ましで目が覚めた。今日は整形に通院。土曜日だというのにいつもと同じ時間に家を出て、職場のすぐ近くに行かないといけない。土曜日だからもう少し遅い時間に予約したらよかった。

うとうとしながらいつもの道を歩く。足は全くと言っていいほど痛くなかったが、歩くうちに少し痛くなってきた。と言っても許容範囲。だいぶ良くなってきたようだ。と言うか、薬は即効性のあるものでなく、じわじわと効いてくるタイプです、と言われていたので、良くなったというより、薬が効いてきたということか。

病院に着いて受付をしたあと、診察までめっちゃ待った。今まで平日の朝イチに行っていたが、待たされたことはなかった。土曜日はこんなに混むとは、病院は侮れない。待ってるのは4人くらいだと思ったら、次から次へと待合室が補充されていく。みんな診察券を出して外に行っていたのだろう。病院では当たり前の戦術だが、いまいち新しい病院では勝手がわからん。

1時間ちょい経ってから呼ばれて、爽やかな医者による診察。足の痛みは日によって違いはあるが、だいたい忘れているか我慢できる程度で、眠気もブラックコーヒーをがぶ飲みしてなんとか凌いでいるという話をしたら笑っていた。今後、できれば薬を減らす方向でいきたいとのこと。一応今と同じ量の薬を出すけど、眠気とか痛みとの兼ね合いで、自分で調節してみて下さいと言われた。朝の薬を減らしてみようか。眠気が少しは収まるか。

薬局で薬を受け取ったあと、バスに乗って横浜駅へ。目指すはベイクォーター。今日のブログは長くなりそうなので、とりあえずこの辺で。(続く)

昨日は疲れていたので20時過ぎに寝た。寝付くのに少し時間がかかったが、1時間はかかってないと思う。朝は通院のため6時半に起きたが、眠い、しんどい。頭がくらくらする。今日は忙しいが大丈夫か?と思いつつ、でも行くしかないのです、と自分に言い聞かせて家を出た。今日はなぜか足が痛いから、バスで行った。じっと立ってると足が痛いので、バスの中はつらかった。

先週はじめて行った整形の病院の2回目。先週から足の痛みは軽くなっていたのに、昨日か一昨日くらいからまた痛くなった、眠気は出るときもあれば出ないときもある、という話をした。前回神経の薬を出したが、それは少量から始めたので、最大で今の3倍の量まで服用可能だと。朝晩と2錠ずつ飲んでるので、6錠まで行けるということか。眠気の副作用があるので少量から始めた、という話は先週聞いた。今日はその薬が1錠増えて、1回3錠となった。これでどこまで改善するだろうか。今日は天気が悪かったので、「痛いのは天気のせいもあるでしょうか」と聞いたら、「それはあると思います」との答え。「今日は古傷が痛む」という状態になってるのかなあ(古傷ではない)。

早く終わったので今日は先に調剤薬局へ寄って、まだ眠いのでスーパーに行ってブラックコーヒーを買って、まだ勤務開始時刻には早いから適当なところに座って呆けていた。が、ちょっと怪しい人になるので、結局定刻より20分早く出勤。

今日は忙しかった。打ち合わせが4つあって、集中力が続くか、途中で体調が悪くならないか、そして眠くならないか心配だったが、なんとかなった。出勤してからとりあえずブラックコーヒーを飲みまくったのがよかったのか。9:30~10:00、10:00~12:00、13:30~15:00、15:30~16:30。はあきつかった。15時半からのミーティングは16時半以降も続いていたが、私は定時だったのでそこまで。

それにしても、まだまだわからないことばかりである。今年度から私の担当範囲がかなり広くなり、それらの打ち合わせにとりあえずは全部出ることになったのだが、今まで担当ではなかったところは正直何を話しているのかわからないところもあるが、まあおいおいだな。とりえあず業務的にわからない言葉などが出てきたら、後からファイルサーバで検索して関連するファイルがないか調べるとかしよう。

今週はあと2日だ。29日は昭和の日でお休みだが、一応その日から巷ではGW(ゲートウェイではない)と呼ばれる日が続く。私はカレンダー通りの予定だが、ぶち抜きで休む人もいるようだ。どっか行くのかなあ。私もせっかくだから、近場でいいからどこかにでかけたいところだ。でも横浜って思い切り観光地だから混むかなあ。コロナの影響はどうなのかなあ。もう関係なさそうな感じだなあ。

昨日は21時半に寝た。朝方4時以降に何度か目が覚めた。眠りが浅くて変な夢をたくさん見た。6時半に目覚ましが鳴るちょっと前に起床。今日は新しい病院に行くために早起き。起きたら足があまり痛くない。なぜだろう。注射が後から効いてきたのか?

今日は初めての病院に通院。メンタルクリニックの医師がお勧めの病院で、職場からも近い。診療は8時半からだが、予約は9時。しかし8時15分から受け付けをしているというので、8時20分くらいに着くように行ってみた。総合病院というわけではないが、中くらいの規模の病院で、とてもきれい。これはなんだか気持ちがいい。

初診の予約はネットからしてあったのだが、受け付けをしたらなんともう診察券ができていた。むむ、IT化が進んでおる。よろしい。しかもすいている。普通病院ってのは朝イチは混んでいて、待合室に人が溢れていたりするんではないの?あまり待っている人もない。9時の予約なのに8時40分くらいに呼ばれた。

診察では若い医師が、非常に丁寧に説明してくれた。めっちゃ感じがいい。なんか前の病院の医者と言っていることがまるで違う。「神経ブロック注射はもう打たなくてもいいですよ」と言う。へ?そうなの?「この病気は痛みをコントロールするんです。神経の痛みを取る薬を使いますが、神経ブロック注射の前にまずこれを試してみるんですけどねえ」と。これはひょっとしたら、私が最初の整形外科で「痛いのを早く何とかしたいから、神経ブロック注射を打ちたい」と言ったからそうなったのかもしれない。

あと、「腰部脊柱管狭窄症」と今まで書いていたが、明らかな狭窄はない。それはまあ、前の医者も言っていた。「ヘルニア」と言われた。え?ヘルニア?「ヘルニアってずれてるやつですか?」と聞いてみたら、別にずれてるとは限らなく、「ヘルニア」とは「飛び出ている」という意味らしくて、私の椎間板がずれているわけではないが、ちょっと飛び出ている状態なんでしょう、とのこと。ちょっと腫れたりして大きくなって飛び出したのかなあ。

と言うことを丁寧に説明されて、今までの痛み止めに神経の痛み止めを追加で処方してもらって、診察は終わった。会計が済んだら9時15分。職場までは徒歩5分だから、9時20分に着いた。自分の定時に間に合ったよ~。万歳。

職場で仕事のようなものをしていたが、今日はあまり足は痛まない。いや、痛くなくはないが、あまり気にならない。まだ神経の薬は飲んでいないのに、病気が治ってきたのだろうか。まあ原因はわからないが、よくなることはいいことだ。

定時になったので職場を後にし、病院の近くの調剤薬局に行って薬をもらったら、「この神経の痛みを取るお薬は、眠気が出る人が多いので、少量から始めることが多く、今回の処方も少量からとなっています」と言われた。ああそうだ、診察でも同じことを言われたが、眠気が出るのは困る。と言っても飲まないわけにはいかないから、明日仕事中に眠くならないことを祈ろう。