TOPに戻る
鬱るんです
躁鬱病の元ITエンジニア「はまー」が心と体の模様を記した雑記帳。 大手IT企業で心身ともにぼろぼろになり退職した後、派遣のエンジニアをやったり小さなIT企業でほそぼそと働いたり、Web制作事業を立ち上げようとしたりしたが、今は就労継続支援B型事業所でリカバリーを頑張っている毎日。

カテゴリー:相続関連

高知県N市から父の戸籍謄本が送られてきた。「出生から死亡までの戸籍謄本ってどんなもんじゃい」と思っていたら、なんと3部ある。父と祖父と、そして曽祖父の除籍謄本まで送られてきた。こ、これが戸籍というやつか。正直なめてた。こんな制度、日本以外にあるのか?正直曽祖父や高祖父(ひいひいじいちゃん)の名前なんてはじめて知った。難解で達筆(笑)な昔の戸籍を読んで、確証がなかったので友達に電話して聞いたりしてやっとわかったのだが、父は神戸で生まれたのでさらにこの前の戸籍が神戸にあると思っていたが、どうやらそれはなくて高知県がスタートのようだ。ということは出生から死亡までの連続した戸籍謄本はこれで揃った。万歳。

そう言えば昔父親は疎開していたと聞いたが、疎開と言えば田舎へだと思っていたので「神戸から高知に疎開していた」と思い込んでいたのだが、古い戸籍を読んでいたらはまー一族は代々高知だったようで、どうやら神戸に疎開していたらしい。神戸って高知よりも田舎だったのかな。

除籍謄本が1通750円、それが3種類、それを2部ずつ取り寄せたから全部で4,500円。けっこうかかったではないか。今度兄弟になんか奢ってもらわなければ。8枚ずつなので全部で16枚。封筒も分厚くて、返信用封筒には一応94円切手を貼っていたのだが、「46円足りませんから切手を貼って出せ」というハガキ付き。切手代140円かよ!46円なんかないので50円切手を貼った。

切手料金不足

あとはとりあえず必要なのは自分の印鑑証明書が1通なので、それをとって兄に送らなきゃ。しまった今日ローソンに行ったからマイナンバーカードを持っていって取ればよかった。まあ明日もLチキをもらいにローソンへ行こう。

昨日は23時15分に寝た。また遅くなった。昨日はプログラミングをやっていたわけではなく、あ、いやちょっとやっていたけど表示される文字のフォントを変えただけである。普通のゴシック体では味気ないので、LINEの画面に似たフォントに変えてみた。で、そのプログラムで作ったExcelで表示したLINEの友達とのトーク履歴を読んでいた。時間が過ぎているのはわかっていたが、もうちょっと、もうちょっと、とやっているうちに23時を過ぎ、ひ~寝なきゃ、と思って寝た。夜はよく眠れたが朝方頻繁に目をさました。7時20分に自然に起きれた。今日は早起き(というほど早くない)。

そのプログラムだが、手前味噌ながらこれはなかなか役立つものを作った(また言ってる)。LINEの画面で昔のトークを表示させるのはめんどくさいし、一度閉じるとまた上に遡る作業をやり直しだが、Excelにしてしまえばファイルを開けばいつでも履歴が見れるし、読んだところまででその辺のセルを選択して保存したら、次開いたときはそこから続きを読める。最近友達がちょっと悩んでいるというか困っているといる状態で、ここ数ヶ月頻繁にLINEのやり取りをしていたのだが、なんかアドバイスしたり一緒に解決策を考えたりできないかなと、なにかヒントがないか読み返していた。それにしてもコロナがなあ。いろんなところに影響が。

Pontaからメール。ポイントのお知らせだが、3,000ポイント以上あった。そうだ、パッチョポイントがたまってきたので3,000ポイントをローソンのPontaポイントに交換したんだった。

Pontaポイント

パッチョポイントというのは東京ガスのポイントで、電力会社を東電から東京ガスに変更してからたまり始めた。少しは電気代が安くなると言われたが、正直変わってない。まあ増えてないからそれでいい。このガスと電気のセットで「生活まわり駆けつけサービス」という、水道のトラブルや鍵がなくなったとかのトラブル時に無料で対応してくれるサービスがついているので、どっちかというとそれが目当てか。2年くらいでようやく3,000ポイント貯まったよ。

と言うことでポイントでお買い物をしようと、お昼ごはんを買いにローソンへ。お昼ごはんはお弁当にすることにして、私はつけ麺、妻はとろろそばを買って、ツイッターのリツイートキャンペーンで当たったLチキも引き換えて、チュッパチャップスの無料クーポンも引き換えて帰ってきた。ラーメンが食べたいと思っていたが、見事に温かい麺類は1つもなかった。

つけ麺

Lチキ

チュッパチャップス

正直チュッパチャップスはいらんのだが、まあくれる物はもらっておこう、というわけで口に含んで舐めていた(貧乏性)。

午後もなんかだらだら過ごした。午前中の続きでLINEの履歴をExcelで読んだり。まあ今日は天気も悪いし、ローソンにも行ったからまあいいのだ。その後は、先の記事で書いた、自分が作成したプログラムを公開するページを作っていた。う~ん、VBAだけ書いて、「これをExcelで実行してちょ」とやるのはあまりにも不親切だな。「マクロってどこに書くの?」という人が多いだろうから、1つずつ解説を書いていかないと。

今日も昨日までと同じリモート収録シリーズの動画を。渡辺美里 ♪「時代 ~ Sound Inn S @HOME Ver. ~」。まわる~まわる~よ~じだい~は~まわる~。

相続放棄の手続きがなかなか進まないと思って司法書士事務所に問い合わせたら、全部終わってて書類が来てた、という話を何日か前に書いたのだが、その書類が来た。

相続放棄申述受理通知書。

相続放棄申述受理通知書

相続放棄申述受理証明書。

相続放棄申述受理証明書

証明書の方はえらいあっさりしているな。「事件番号」と書いてあるが、裁判所にとってはどれもこれも全部「事件」なのか。

とりあえずこれで相続放棄の手続きは全部終わった。は~気が楽になったよ~。

今日も朝からずっと相続の書類関連のことをずっとやっていた。弟に送る書類がようやく揃ったので、それを全部スキャナーで読み込み、弟への説明の紙も再度チェックして大きな封筒に入れた。提出先は4種類あってややこしいので、1つずつクリアケースに入れて、説明の紙に書いてある資料番号をそれぞれの書類に付箋をつけて書いたりして、できるだけわかりやすくしたつもりだ。

そして父の出生から死亡までの連続した戸籍を取る手続き。兄が父の改製原戸籍謄本を取ってくれて前の住所がわかったので、そこから私にバトンタッチ。高知県N市に電話して何が必要か聞いたら、除籍謄本(改正原戸籍)と言われたのだが、他にいろいろ附票が必要な場合があるので、手数料は3千円くらい定額小為替で入れておいてくださいとのこと。3千円!2部ずつで6千円!除籍謄本は1通750円だけど、その他にそんなにたくさん書類ってあるの?まあなかったらお釣りは返してくれるというからいいけど、これの1つ前の戸籍もあるしなあ。あまりお金がかかるようだったら、必要経費として兄弟に請求しよう。

と言うわけでWebからダウンロードした申請書に記入して封入。確実に書類を集めるために、一つ前(大阪府K市)の戸籍謄本のコピーを同封して、「生前から」いや違った「出生から死亡までの連続した戸籍を集めているので、必要な書類を全部ください」と書くといいと友達が教えてくれたので、その通りにやってみた。

これで弟に送る書類とN市に送る書類がほぼ揃ったので、郵便局へ行って郵便小為替を買ってそのまま封入し、送ることにした。ちょうど今日は内科に行く日。郵便局に行ってから内科に行こうと時間を逆算する。内科は15時半からだけど夕方に行った方がすいているから、15時半くらいに郵便局に行こうかな、と思ったところで、郵便局って何時までだっけ?16時までだよな、と気になって念のためネットで調べたら、コロナの影響で今は15時までの短縮営業とのこと。やっぱりちゃんと調べていかないとだめだ。

と言うことで郵便局に15時前に行って手続き。「定額小為替6千円だと手数料が600円かかりますけど、よろしいですか?普通為替の方がよいかもしれませんが、相手から指定されてます?」と聞かれた。う、1,000円の小為替1枚につき100円かかる。それ以上大きな額面はない。指定されていると言えばされている。でも別に普通為替でもいいような気がするが、いちいち確かめるのもめんどうだ。「それでいいです」と言うことで6,000円の定額小為替を封入して2つの郵便物を送った。これでだいぶ片付いたな。この後N市から戸籍謄本が返ってきたら、その前の市から取り寄せる。多分兵庫県のK市だと思うのだが、それだけのことを祈る。

終わってから、そうだ印鑑証明書がもう一通必要なんだったと思い出して、徒歩で150メールくらい、走っても150メートルくらいの区役所へ行こうとしたが、印鑑登録カードを持ってないことに気がついた。しょぼーん。まあ区役所なんていつでも行ける。マイナンバーカードがあればコンビニでも取れる。マイナンバーカード、早く返ってこないかなあ。コンビニで証明書類がとれる最大のメリットは、役所へ行かなくても済むのはもちろん、待ち時間がゼロということである。役所ってのはけっこう待たされることが多い。タイムイズマネー。

昨日の日曜日はのんびりしていたが、今日の午前中はまた平日が動き出した。

弟に送る書類のことで問い合わせ。まずは保険会社へ。入院給付金が下りるというので申請書類を書いていたのだが、はんこを押すところに「印鑑証明書が必要な場合は実印」と書いてある。しかし「印鑑証明書が必要な場合」がどんな場合かわからない。どこを見ても書いてないが、書いてないということは実印でなくてもいいってこと?多分そうだと思うけど、一応確認してみようと思って電話してみた。

「ただいま電話が混み合っています。順番にお繋ぎしますので、今しばらくお待ち下さい。チャラリ~♪」

のおなじみのアナウンス。ハンズフリーにしてネットでSNSを閲覧しながら順番が回ってくるのを待つ。待つ。待つ。たっぷり30分待たされてようやく繋がった。今までの最長記録かもしれない。フリーダイヤルでなかったら発狂してるな。問い合わせは2分で終わった。印鑑証明書も不要だし、実印どころかはんこは押さなくて構わないとのこと。はあ、そんなもの?

次に別のところへ身分証明書のことで電話。相続しない方の弟(弟は2人いる)が免許証を持ってないのでマイナンバーカードでいいか、と言われていたので確認。別にそれで大丈夫だろう、と思いつつ電話してみたら「健康保険証の方がいいです」とのこと。どちらも公的な機関が発行したもので、マイナンバーカードの方が身分証明書として利用できそうなのに、小さな会社で担当者もマイナンバーカードをあまり見たことなくて「これって本物?」とわからないのだろうか。

マイナンバーカード制度ができたばかりの頃にネットで読んだのだが、TSUTAYAで身分証明書としてマイナンバーカードを出したのに、バイトの店員が実物を見たことがなくて本物かどうかわからず、店長に聞いてもわからなかったから、結局それは使えなかったとか。ネットに書いてあったことなのでデマとかネタかもしれないが、まあそれはあり得ることだな。障害者手帳も本人確認書類として使えるとたいていのところに書いてあるが、精神障害者保健福祉手帳を提示したらどういう反応をされるだろうか。

今日も兄弟LINEが飛び交っている。兄ともうひとりの弟は今日相続放棄の申述書を出したとか。私の方は裁判所から音沙汰がないので、司法書士事務所に問い合わせてみた。「書類を裁判所に送ってから1ヶ月以上経つのに、まだ照会書が送られてこないのですが。裁判所もコロナのせいで業務が滞っているんですかね」と聞いてみたら、なんと、相続放棄の手続きは全部終わっていて、相続放棄申述受理通知書が司法書士事務所に届いていると。「普通なら照会書を送って本人の意志を確認するのですが、たまにそれをしない裁判所もあるので、それかもしれないし、コロナのせいで手続きを省略したのかもしれません」と言われた。大阪家庭裁判所なのでもともと照会書の手続きが不要だったとは考えにくい。多分コロナのためだろう。とりあえず相続放棄が認められたとわかって安堵した。

いろいろ用事を済ませて通院して帰ってきたら、今日兄が役所で取ってきた父の戸籍謄本と改製原戸籍謄本がPDFで送られてきた。あと必要だったのはこれらのコピーだったので、ようやく書類が揃った。本当にこれで全部かな。改めて全部チェックしてみなければ。

夜になってもLINEがキンコン。弟が次から次へと借金を完済している。よくそんな金あるなあ。家が早く売れたらいいのだが。