TOPに戻る
鬱るんです
躁鬱病の元ITエンジニア「はまー」が心と体の模様を記した雑記帳。 大手IT企業で心身ともにぼろぼろになり退職した後、派遣のエンジニアをやったり小さなIT企業でほそぼそと働いたり、Web制作事業を立ち上げようとしたりしたが、今は就労継続支援B型事業所でリカバリーを頑張っている毎日。

そう言えば父の形見をいくつかもらってきたが、それを載せてなかったな。ばたばたしていたので少しだけだし、あまり形見っぽくもなく「これまだ使えるやん」てな感じでもらってきた。

システム手帳。自分が使っているのはぼろぼろだが、これはほとんど使った形跡がなく、立派なものだったので頂戴した。「父の形見」っぽいのはこれくらいか。

システム手帳

応接間にあった時計。どうやら貰い物らしく、なぜか応接間には3個も時計があった。うちのリビングの時計がいつも遅れていていまいちだったので、これも他の兄弟に断ってもらってきた。

置き時計

薄型コンパクトキーボード。父のものを整理してたくさん出てきたのがPCの周辺機器。79歳にしてPCとiPhoneを使いこなしていたというのはちょっと凄い。何しろ新しいモノ好きな人だった。別に技術者とか理系とかではなく、経済学部卒で家電メーカーで広報の仕事をやっていたので、そういうのが専門ではないのだが。いや、家電メーカーで広報をやっているから電気製品に詳しいと言ってたっけか。

キーボード

手鏡。スタンドミラーにもなる。未使用だったのだが、どこからか出てきた。父のではなくおそらく母が誰かからもらったものだと思われる。写真を撮って妻に送って「ほしい?」と聞いたらほしがったので持って帰ってきた。

手鏡

これくらいなんだよな・・・。大量に物があったので、もっといろいろ貰えばよかった。昔はやったUMPC(ウルトラモバイルPC)なんかもあったのだが。


コメントする

メールアドレスは公開されません