TOPに戻る
鬱るんです
躁鬱病のITエンジニア「はまー」が心と体の模様を記した雑記帳。 大手IT企業で心身ともにぼろぼろになり退職した後、ほそぼそと働いたり事業を立ち上げようとして頓挫したり、作業所に通ったりと紆余曲折したが、今は障害者雇用でなんとか働く毎日

昨日は先の記事に書いた通り、0時くらいまでスラックスやら礼服やらあれやこれややっていた。

今日はまともに起きれなかった。午前中に皮膚科に行くつもりだったのに、目が覚めたら9時。それから起きて行けばよかったのだが、しんどくて動けない。結局皮膚科には行けず、昼過ぎまで寝ていた。

13時ごろに起きてカップ麺を食べた後、スラックスを注文したりブログを書いたり。ずっとしんどいままやっていた。しんどいならさっさと寝ればいいのに、こういうところがいかんなあ。夕方少しだけ横になった。もっと休むべきだったか。

この天気のせいかなあ。明日は大丈夫かなあ。来週は大丈夫かなあ。大事な書類を持って行かないといけないのだ。

なんだか最近1日6時間の仕事がきついと感じてきた。休暇が取れない。休暇は体調を崩したときにやむを得ず取るもので、自分が遊びに行くためにとるものではない。ぜんぜん遊びに行けない。土日は疲労困憊になった1週間の疲れを取るためにある。今年のGWは、去年の4月に働き始めてから初めて遊びに行った。

今の仕事を辞めたいわけではないのだが、いや辞めたいのか?今はいてもいなくてもかまわないような仕事で、充実感も何もない。そういう意味ではもっと簡単な仕事でも成果が目に見えるようなものの方が張り合いがあるのだが・・・結局どうしたいのかよくわからない。正直作業所にいた時の方がやりがいがあった。今では作業所でみんなが作業している隅っこで「一人でそこで座っててください」と言われているようなものだ。こんなに不毛な仕事だかなんだかわからないことをやってて、それでいて体がきつくて、休んだはいいがそれで休暇を消費して、遊びにも行けずに結局休暇が足りなくなって年度末には給料が減る。

自分は何をやってるんだろう。何がやりたいんだろう。どんな形でもいい。成果が目に見える仕事がしたい。そして体調に余裕をもてて、自分の時間がとれてたまには遊びに行きたい。そんな感じか。

当たり前のことなんだけどなあ。


コメントする

メールアドレスは公開されません

*は必須項目です