TOPに戻る
鬱るんです
躁鬱病の元ITエンジニア「はまー」が心と体の模様を記した雑記帳。 大手IT企業で心身ともにぼろぼろになり退職した後、派遣のエンジニアをやったり小さなIT企業でほそぼそと働いたり、Web制作事業を立ち上げようとしたりしたが、今は就労継続支援B型事業所でリカバリーを頑張っている毎日。

月別アーカイブ: 2018年5月

トイレの水漏れ対応の件で業者からの連絡待ちだったのだが、もう連絡が来た。けっこう待たされるかも、という話だったのだが、予想外に早い対応だ。最短で6月2日の午前中ならお伺いできます、とのこと。おお、あさってではないか。それでお願いした。

費用に関してだが、水漏れの原因が便器自体にある場合、県営住宅の設備であるトイレの不具合なので修理費用は県負担になる。しかし原因がウォシュレットの場合、うちの負担となるそうだ。自分でつけたから、まあそれはそうだろう。

その場合ウォシュレットの修理というのはできず、いったんウォシュレットからの注水を停止する処置を施すか、入居時の元の便座に戻すという対応が必要となる。どちらにしろ、今のウォシュレットは使えなくなる。ウォシュレットを買い替えるか、廃止するか。う~ん、でも自分としてはウォシュレットに慣れてしまっているので、ないのは嫌なのだ。

というわけでウォシュレットの値段を調べ始めている。業者の出張費もかかる上に、よけいな出費が痛いのだ。ウォシュレットの問題でないことを祈ろう。

昨日は寝付きは比較的良かったと思う。夜中も目を覚ますことなく5時まで眠れた。いつもならまた寝るのだが、トイレに行きたくなっていったん起きた。それからネットをしたり朝食を食べたりしてしばらく起きていたが、8時頃にもう一度横になると10時半まで寝てしまった。ちょっと変則パターンだ。

今日はトイレの水漏れの調査で県営住宅のサービスセンターの人が16時に来る予定、と言ってたのに15時10分くらいに来た。おいおい、えらくせっかちだな。トイレの水漏れを確認し、ペーパーをあてたり水を流したり、いろいろやっていた。内部のパッキンが劣化している可能性があるので、交換する必要があるとのこと。便器をいったん床から引っ剥がすのか。けっこうな大工事になりそうだ。

改めて後日業者から連絡が入り、修理日程を調整することになった。今はあちこちで水漏れなどが多発していて業者もてんてこ舞いらしい。連絡も遅くなるかも、とのことだ。幸い水漏れは大した量ではない。階下に染み出すこともないだろうから、いらなくなったボロ布を当てておくことにした。それにしてもこんなところから水が漏れるなんて。昭和56年築のこの団地も老朽化の影響があちこちに出ているんだろう。

洗濯機、トイレと来て次はなんだ?もしかして次は・・・、書くと本当に壊れるからやめておこう。マーフィーの法則で世の中はできている。

昨日も寝付きは悪かったが、扇風機のタイマーが切れた音を聞いた記憶が無いので、1時間以内に眠れたようだ。しかし夜中に目が覚めて、扇風機の電源を再び入れて回しっぱなしにしていた。いつもどおり朝方は寝たり起きたりして、9時半起床。

10時20分頃に洗濯機の修理屋さん到着。チャチャチャっとホースを交換し、無事修理が終了。昨日新たに発覚したトラブルにも対応してもらえて、追加の出張料金もかからずに直って無事よかったのだ。これで思う存分洗濯できる。

しんどくなって、11時過ぎから13時まで寝てしまう。今日もこのパターン。昼もずっと横になっていた。また調子悪いモードに入ってしまった。

夕方、県営住宅のサービスセンターに電話。実は洗濯機だけでなく、トイレもちょっとトラブルがあるのだ。いつの間にか床が濡れる、という現象が何ヶ月か前から起きている。たくさんではなくほんの少しずつだが、便器の下の床との接地面の辺りからちょっと水が染み出ている。拭いたらきれいになるが、10分くらいして触ってみるとまた少し濡れている。

今までは1日に何回か拭いていて、まあ拭けばいいしと思って放置していたが、洗濯機のホースのトラブルのこともあるし、やはりちゃんと見てもらわないと、と思って電話した。とりあえず一度見せてもらいたい、ということで明日の16時に来ることなった。今週は水まわりウイークなり。

昨日は寝付きが悪かった。暑くて眠れない、と思ったので途中で扇風機をつけた。それでもなかなか眠れない。扇風機のタイマーが切れる「ピ」という音は覚えているが、それまで眠れなかったのか、寝ていたけど電子音で一瞬目を覚ましたのかはわからない。タイマーが切れるときに音が鳴るの、やめてほしい。その後たっぷり眠ったような気がして、もう朝か、と思って時計をみたら2時。なんでやねん。しかしその後はちゃんと眠れて朝9時半起床。

しかし今日もしんどい。11時から13時前まで寝てしまった。その後もしんどかったが、今日は洗濯機の修理屋さんが来るので頑張って待つ。朝の時点では14時~15時くらいとの連絡があったが、15時過ぎになります、という連絡が13時半頃あった。待つ身はつらい。

15時20分頃にサービスマン到着。現象を確認し、部品交換とのこと。お見積りで10,152円と言われた。聞いていたより微妙に安いので安堵する。その場で払うのかと思ったら、後日払込用紙が送られてくるそうだ。昨日頑張って銀行に寄る必要なかったよ。サービスマンに修理を任せ、のんびりする。

30分くらい経ち、部品交換を行って修理が終わったというので一緒に確認する。すると、電源を切ってもやはり蓋が開かない。サービスマンも「あれ?」と言いながらあれこれ試しだした。直ってなかったのだ。ちゃんと動作確認しなかったんかい、と突っ込みたくなる。

再度調査すること40分ほど、ようやくトラブル解消、と思ったら新たなトラブルが。洗濯機の中のホースに亀裂があったのだ。動作確認後に洗濯機の下を見たら、床が濡れていたのでチェックしてみたとのこと。そう言えば毎日ちょろっとだが水が漏れていたのだが、拭けば済むので放置していた。そこの部材も交換する必要があるとのことで、また明日修理に来てもらうことになった。古い型式なので部材の在庫があるか問い合わせていたが、あってよかった。なければもう買い替えなのだ。明日も来てもらうが、部材費のみで出張費はかからないという。良心的なメーカーでよかったよ。

これで洗濯ができる、と思ってたのにもう一日の辛抱に。しかたがないのでコインランドリーに行った。徒歩1分のところにあって助かった。ついでにローソンに行ってお買い物をし、妻はコインランドリーに残った。明日はうちで洗濯できるかなあ。

昨日は寝付きもよく、夜中もよく眠れた。朝方からうとうとして寝たり起きたり。8時半起床。

朝から洗濯機トラブルに見舞われ、少し疲れてしまった。昼まで横になって休む。昼になっても疲れは取れない。まだ昨日までの疲れが残ってるのか。残ってるというより、そもそも調子が悪いモードに入ってしまっているのか。

今日は通院日。出発するギリギリまで横になっていた。どうもしんどい。少し早く家を出て銀行に寄り、バスに乗ってメンタルクリニックへ。

診察では、調子が上がってきて先々週は毎日でかけられて、先週も木曜日まで毎日でかけたけれど、その後反動が来たのか、ここ数日は疲れが取れないことを話した。

主治医はふんふんと聞いていて「良くなってきたけど、波があるようですね。ビプレッソが効いてきてはいるのかもしれません」とのこと。全体的な傾向としては上がってきていると判断したようだ。ビプレッソが150mgから300mgに増量となり、エビリファイが中止になった。本当に効いてるのかなあ、この薬。どうも自分では、調子が良くなったり悪くなったりするのは「たまたま」という気がしてならない。

前回言い忘れた、来月に大阪で法事がある件についても話した。去年の9月のときは「気候もいいし、行ってきたらどうですか」と言われたのだが、今回は「慎重にしたほうがいいですね」とのこと。上がってきたとは言え、やはり波というかムラがあるのを考慮してのことか。去年は戻ってきてから3週間も寝込んだ、という話をしたからなのかな。言われたとおり慎重に判断しよう。また寝込むのはごめんなのだ。