TOPに戻る
鬱るんです
躁鬱病のITエンジニア「はまー」が心と体の模様を記した雑記帳。 大手IT企業で心身ともにぼろぼろになり退職した後、ほそぼそと働いたり事業を立ち上げようとして頓挫したり、作業所に通ったりと紆余曲折したが、今は障害者雇用でなんとか働く毎日

昨日は21時半に寝た。寝つきはよかった。夜中はよく眠れた。気がつくとトトノエライトが光っていた。少しうとうとしてからまた目を覚ますと7時前。アラームは7時半にセットしてあるが、もう起きた。早く起きれるときは起きる。気分は・・・微妙。元気とは言えない。これから落ちてくるだろうなあという感じだ。

朝食を食べてしばらく様子を見る。気力がない。心がしんどい。そのまままた横になった。そしてそのまま午前中は寝ていた。早めのお昼ご飯を食べた後、午後からはどうするか思案する。今日は体がしんどいわけではないのだが、心がしんどい。体が動くなら頑張って出勤しようか。しかし、こういう時は行ったとしても頭がまるで働かずに仕事が手につかず、精神的に疲労をためて帰ってくることが多い。そもそも体がしんどくないと言っても、気力がないとそれは動けないのと同じである。う~動けん、と思って悩む。

とりあえずステイ。上がってくるのを待つ。13時半を過ぎて、なんとか体が動くのではないかと思い、のろのろと動き出す。行ってだめなら帰ってくればいい。そう思って13時55分に家を出て、14時20分に職場に着いた。着いた頃にはなんとかなっていた。動いてみないとわからないな。2時間仕事をして帰ってきた。細切れだけど、できる範囲のことをやる。やって帰ってきたらへろへろだった。しんどいよ、やっぱり。

今日は私と同じ会計年度任用職員の女性が最終日だった。私と同じと言っても別に障害者でなく、単なる非常勤で、出産のために退職とのこと。ご挨拶をしてもらって、みんなで記念写真を撮った。こういうのも久しぶりだなあ。アットホームでいい職場である。

お世話になりました、と言って金魚の柄のキューブ型の箱に入ったカステラを配っていた。そう言えば長崎出身と言っていた。直送?(違うだろう)

カステラ

カステラ


コメントする

メールアドレスは公開されません

*は必須項目です