TOPに戻る
鬱るんです
躁鬱病の元ITエンジニア「はまー」が心と体の模様を記した雑記帳。 大手IT企業で心身ともにぼろぼろになり退職した後、派遣のエンジニアをやったり小さなIT企業でほそぼそと働いたり、Web制作事業を立ち上げようとしたりしたが、今は就労継続支援B型事業所でリカバリーを頑張っている毎日。

日別アーカイブ:2003年9月6日

昨日は寝たのは結局0時半。そして起きたのは5時。やはりこの時間にいったん目が覚める。とりあえず起きてきてPCに向かい、せっせと昨日の日記を書いていた。昨日は日記にも書いたが夜中までビデオを観ていたので、書く暇がなかったのだ。健康的な生活を続けていると、23時頃にはまぶたが重たくなってきてしまう。

しばらくネットしたり、スキャナを置くために机の上を整理していたりしていたが、6時半頃にまた寝室に戻って寝る。今日はゆっくりしよう。9時過ぎに彼女と一緒にまた起きる。彼女は10時からバイトだ。9時半頃に彼女は家を出たので、その後に洗濯物を干す。今日は私が主夫なのだ。

調子にのってまたオークションに出品した。今度はダンスダンスレボリューションの専用コントローラとソフト2本。前のマンションでは下の階に誰も住んでいなかったので気兼ねなくやっていたが、新居では下に人が住んでいる。ここでやると迷惑なので、もうやることはないだろう、と思って出品した。少しでも小金を稼いで、そしてオークションでの評価があがればいいのだ。

13時過ぎまでソファでうとうと眠ってしまった。こうやって惰眠をむさぼるのはとても心地が良い。コンビニに行って弁当を買ってきて食べ、テレビを観ながらだらだらする。新しく来た日経コンピュータを読もうとしたが、集中力がなくてあまり長く読めなかった。

そこで自分の部屋の整理をすることにした。だいぶ片付いているのだが、まだ段ボール箱が2つ積み重なっているのだ。入っているのはビデオテープ、カセット、MD、DVテープのメディア類、それと書簡類や写真類だ。こいつらは段ボールから出しても収納スペースがなかったのでそのままになっていた。収納BOXか何かを買えばいいのだが、どういうのがいいか通販のカタログを見てずっと検討中だった。いっそのこと今買ってきてしまおう。そう思って置けるスペースの長さを測り、近くの商店街へ繰り出す。

小さなお店でいくつかの収納BOXを物色したが、ちょうどいい大きさのものがない。お店のおばちゃんが、カラーボックスと小さめの収納かごを組み合わせるといい、と教えてくれた。するとちょうどよい大きさのカラーボックスと、それにぴったりはまる収納かごが見つかった。色合いもいい。カラーボックスは3段で、1段に収納かごが2つ重ねて入る。カラーボックスと収納かごを4つ買って持って帰った。

帰ってからさっそく収納する。うん、いい具合だ。カラーボックスの一番上の段にはよく使う空きビデオや、昔の演奏会や山関係の市販のビデオを入れて見栄えを良くする。真中と一番下の段には収納かごを2つずつ重ね、上からその他のビデオテープ、カセット&MD、書簡類、写真類とぴったり収まった。やはりきれいに収納すると見栄えもいいし、気持ちがいい。段ボールが積まれている部屋というのはどこか殺風景だ。

持って帰るのと収納作業で少し汗をかいた。汗かきついでにエアロバイクを漕ごうとしたが、3分で挫折してしまった。まあいいや。今日はゆっくり休む日なのだ。

夕方から合唱団Pの練習に行って22時頃に帰ってきた。疲れてたので風呂に入ってさっさと寝てしまった。と言うわけで今日の日記もまた翌朝にアップするはめになった。