TOPに戻る
鬱るんです
躁鬱病の元ITエンジニア「はまー」が心と体の模様を記した雑記帳。 大手IT企業で心身ともにぼろぼろになり退職した後、派遣のエンジニアをやったり小さなIT企業でほそぼそと働いたり、Web制作事業を立ち上げようとしたりしたが、今は就労継続支援B型事業所でリカバリーを頑張っている毎日。

寝付きはいいのだが、中途覚醒はある。と言っても最初に起きたのは3:30。6時間連続して眠っているのだから、まあいいかという気はするが、眠剤の量をもっと減らしたい自分にとっては、寝過ぎて困るというくらいになってほしい。その後は4:30に目を覚まし、そして何だか不安な夢を見た。車を運転している。なぜか助手席だ。いや、運転していたのではなくて助手席に乗っていただけかもしれない。靴が脱げた。すると運転しようとするのに足が動かない。アクセルを踏まなきゃ、ブレーキを踏まなきゃ、でも足は動かない。車は勝手に進んでいく。なぜこんな夢を見るのだろう。自分は車を運転しないのに。

夢から覚めて、そしてまた寝るが廊下を歩く人の足音が気になる。どうしてあんなにこつこつと音をたてて歩くのだろうか。寝てる人に気をつかうということを全く考えないのだろうか。理解不可能だ。寝てるのか起きてるのかわからない状態で時は過ぎ、時計を見てみると、もう6:00前だった。まもなく起床のアナウンスがあったので、「目覚めのヨーガ」をやって起きた。

今日はKNさんが来た。2週間ぶりにいろいろ話をした。勘違いしていたが、KNさんは二回目の入院は幻聴で入院したんじゃないらしい。「家族とうまくいってなくて、ちょっと精神的に不安定になったら、放り込まれちゃった」そんなことを言っていた。なんだなんだ?ディスカウントストアの薬局の仕事が決まったらしい。

お風呂に入った後は、久々にみんなで散歩。S君とT君と、閉鎖病棟から戻ってきたSちゃんと音楽堂へ行き、その後は吸水塔のところへ行った。

夜、昨日から書きかけているNさんへの返事をやっと書き上げた。かなり時間がかかった。内容が内容だけにうかつなことは書けない。考え抜いて注意深く書いたが、少しでも彼女の救いになるか、アドバイスになってくれるか、はたまた逆効果になるか。自分から首を突っ込んだのでしかたがないが、乗りかかった船だ。彼女もカミングアウトした方が楽になるのに、そういう気がする。


コメントする

メールアドレスは公開されません