TOPに戻る
鬱るんです
躁鬱病の元ITエンジニア「はまー」が心と体の模様を記した雑記帳。 大手IT企業で心身ともにぼろぼろになり退職した後、派遣のエンジニアをやったり小さなIT企業でほそぼそと働いたり、Web制作事業を立ち上げようとしたりしたが、今は就労継続支援B型事業所でリカバリーを頑張っている毎日。

月別アーカイブ: 2019年3月

そう言えば今日は3月31日、年度末ではないか。いやまあ今の自分達に年度とかあんまり関係ないが、月末は関係ある。家計簿の締め日である。今月はけっこう足が出てしまったな。先月末に「来月は締めていこう」とか言ってたのに。医療費もかかったけど、なんだかんだ臨時出費があった。ドメイン更新料が1万円近くかかったのが痛かったな。本当は3ヶ月くらい先でもよかったのだが、忘れないうちにやっておかないと、気がついたらドメイン失効してたりしたらこのサイトが運営できなくなる、と思って更新したのだ。3年で1万円なので、1ヶ月300円くらい。そんなに負担というわけではないのだが、一気に来るとさすがにその月はこたえる。

来月こそ締めていこう。毎月そう言っているような気がする。でも歴史は繰り返す。あゝ無情。そう言えば明日は新元号が発表で、平成もあと1ヶ月ではないか。テレビのニュースを見ていたら、平成が今日終わると勘違いしている人がけっこういるらしい。ネットでそれっぽいハッシュタグをつけて検索すると、ああ確かにいるねえ。まあどうでもいいけど。

今日は9時20分起床。早く起きれなかった。8時40分に目が覚めた時に起きようとしたのだが、全然動けずすぐにまた眠ってしまった。それから何回も目が覚めたのだが動けない。つらいのか眠いのか。たくさん夢を見た。現実世界に戻るのを阻止されているようだった。

アンケートをチェック。日曜日は全然ないな、と思ったら珍しくキューモニターから3つも来てた。このサイトは気まぐれだな。たいていのアンケートサイトは、最初に「アンケートの内容を人に話したりSNSに載せたりしないでください」という注意書きから始まるのに、このサイトはそれがない。なんか緩い。アンケートごとに対象となる層のモニターへランダムに依頼しているというのも、多分他のサイトと違うところかもしれない。

松岡圭祐「後催眠」読了。う~ん、前作の方がおもしろかった。ちょっとストーリーに無理がありすぎると感じた。巻末の解説によると、この物語は純愛の小説で、なおかつミステリーの要素もプラスした、と書いてあるが、どっちつかずという気がする。後催眠に関してはちょっと飛躍が過ぎる、という感想。でもこのシリーズはもう一作あるらしいから、それも借りてみよう。そして「千里眼」シリーズを読むのだ。これは14作もシリーズが続いているので、きっと面白いに違いない。違いない。と思う。

お昼ご飯を食べてから、今日も桜を見に外出。今日はみなとみらいに行った。てくてくと歩くこと40分。「桜木町」と言うだけあって桜の木がいっぱい(ほんまか?)。ランドマークタワーの前のさくら通りの桜並木がきれいなので、まずはそこに。

さくら通り

ぜんぜん咲いてなーい!なんだこりゃあ。本当はこの道沿いに桜の花が溢れてきれいなはずなのに。なんでなんだろう。「さくら通り」の名がすたるぞ。おまけに薄曇りで日はさしてない。

しょぼーんと思ったまま、次は期待せずに運河パークへ行ってみたところ、おお咲いてる咲いてる。きれいに咲いてるではないか。天気も良くなってきて青空が見えてきた。ちなみに運河パークとはワールドポーターズの前の辺りのことである。地元の人でも名前がついていることを案外知らない。

運河パーク

運河パーク運河パーク

きれいな桜を見て満足したところで、汽車道から帰る。汽車道とは桜木町と新港地区を結ぶ鉄道廃線跡を利用したプロムナードである。

汽車道

汽車道から見たランドマークタワーと桜。

ランドマークタワーと桜

運河には船が行き来していた。いっぱいあるんだな。

運河を航行する船運河を航行する船運河を航行する船運河パークを航行する船

ぼんぼりみたいに花びらが固まった桜があった。なんて品種だろう?

ぼんぼりみたいな桜

桜木町駅の裏にある桜。これも品種はわからないのだが、「汽車ポッポの桜」という名前がついている。

汽車ポッポの桜汽車ポッポの桜

そしてまた歩いて帰ってきた。歩数計によると11,795歩歩いたらしい。今週は桜ウイークだったな。

今日の動画も当然桜の歌。フジファブリック「桜の季節」。

今日は8時10分起床。いつもは聞こえない妻の目覚ましで目が覚めた。眠りが浅かったのか。眠いけどなんとか頑張って起きた。最近少し早く起きれるようになっている。

PCを立ち上げるとinfoQからアンケートのメールが5通来ているが、3つしか残ってない。売り切れるのが早い。海外アンケートは相変わらず日本語が不自然で、詐欺メールのようだ。本当はアンケートは転載してはいけないけど少しだけ。「あなたが影響力や決定が支出/購買に権威を作っている部門/製品を選択してください?」なんかおかしい。

湊かなえ「Nのために」読了。最初はある殺人事件の現場にいた4人の「供述」が一人ずつ延々と続き、一章が終わる。ふーんそういう事件か、と思って次の章を読むと、どうやら違うようだ。あくまでも一章の内容は「供述」である。真実はまた他にある。読んでるうちにどんどん謎が深まる。「告白」と同様、話し手が次々と変わるモノローグ形式。淡々と話が進み、淡々と謎が深まっていき、少しずつ真実が明らかになっていく。それぞれにそれぞれの過去があり、現在があり、そしてそれぞれの思惑で考え、動き、複雑に絡み合う。誰が何を知っているのか、知らないのか、あるい知らない「はず」になっているのか。ちょっとややこしいが面白かった。

今日は生活支援センターで面談なのだが、その前にその近くの公園へ行ってみた。小さい公園だけど、四面を桜に囲まれていてきれいだった。ここは七分咲きといったところか。

桜

面談では主に作業所を利用するまでの手続きに関して説明してもらった。思ったよりもややこしい。まず4月9日に見学に行く。自分が利用したい作業所は同じNPOがやっている3ヶ所のうちどれかか、かけもちでもいいと先日言われた。3ヶ所とも見学できるか聞いたら、一日のうちに車で3ヶ所まわった人もいるけど、それはその時の作業所の職員しだいらしい。

見学してみて、自分に合いそうだとか雰囲気がどうだとかを判断して、そして3回だか5回だか体験をしてみる。実際に現場でやってみるのだ。最初は週イチで通うつもりで、他の通院とかの兼ね合いで火曜日にするつもりだという前提で話をしているので、3週間にわたって火曜日に体験してみるとか、と言われた。う~んそんなに時間がかかるの?一週間のうちに火、水、木とかでもいいかもしれないけど、とも言われたのでそこは見学に行った後に相談しよう。3日連続はきついから、火曜、木曜、次の火曜とかにしたいな。

その後には区役所で手続きをしなければいけない。PSW(精神保健福祉士)に作業所を利用したい旨を話して、利用計画書というものを作らないといけない。これがめんどくさそうで、自分の目標やらそれを実現するための手段やらをいくつか立てて書かなければならない。他の人の例を見せてくれたけど、ちょっとややこしい。この作成は生活支援センターの職員が手伝ってくれるが、それができる人は限られるそうだ。ちゃんと研修を受けた人でないとやっちゃいかんのだとか。その計画書の原紙は区役所にUSBメモリーを持って行けばExcelファイルでくれるはずだけど確認しておく、と職員には言われた。色んな人の記入例があれば、適当にコピペすれば済みそうだが(それはあかんか)。

それだけではない。自分の子どもの頃の話から学生時代、社会人になってからのいろんな生育歴、病歴、今は何ができて何ができないかなどをPSWからヒアリングされる。それを区分調査と言い、自分の区分が決定される。区分というのは要介護度みたいなもので、要は「どれくらいこいつは病んでるのか」という目安である。それによって自分が利用できる作業所が絞られる。その区分調査に1ヶ月くらいかかるというのだ。

これら全部シリアルにやっていたら凄く時間がかかるので、見学に行きつつ並行して区分調査してもらうのもありですか、と聞いたらそれでもいいはずだと言われた。結果的にそこの作業所に通わないことになっても、区分を決めてもらうのは問題ないとか。そうしておけば他の作業所を探す目安になる。横浜市にある作業所一覧(だったかな)みたいなのをくれるので、自分の区分で通えるところを調べられる。遠いところは嫌だけど。

そんなこんなで時間がかかるし連休もあるので、正式に通い始めるのは6月くらいになっちゃうのかなあ、という感じだ。あれ?そう言えば前回の面談で、見学の後に面接があると言っていたけど、それはどうなんだろう。今日は説明を忘れたのかな。どこかのタイミングで面接も入るのかもしれない。

今の担当職員が4月半ばで異動になってしまうので、その後どうするか、という話もした。今は私と妻で1時間の面談を毎月やっているのだが、私の話が長くなったりして時間が足りないことがある。私と妻、それぞれ別に面談しようか、という話になっていて、それなら後任は誰に担当になってもらおうか、その辺りの話をちょこっとした。私と妻とで希望する職員が違うのだが、違うならそれはそれでいい。どっちにしろ面談は2人で出ることになるだろう。とりあえず来月の面談は2人一緒に、最年少のアンゴラ村長みたいな職員と行うことになった。この子が一番かわいい。私はこの子を指名(違う)。

さらにもう一つ話がある。「ご本人とご家族のための集い~家族心理教育のご案内~」というチラシをもらった。生活支援センターでの初めての試みらしいが、当事者と家族の人が集まって、毎回テーマがあって語り合う会らしい。5月から7月にかけて全6回。「先生」も来るらしい。どういう「先生」なのかは聞くのを忘れた。医者なのか心理士なのか。まあいいや、面白そうだから即決して参加申し込みしておいた。

これからなんだかんだ忙しくなりそうである。

今日の動画。しつこく桜の歌を。アンジェラ・アキ「サクラ色」。

今日は9時起床。6時にいったん目が覚めたが動けず、というか動かずか。そして8時40分に目が覚めて起きようとしたが、そこから悪戦苦闘。ようやく9時になって動けるようになった。朝は辛い。

午前中から昼過ぎまではずっと本を読んでいて、道尾秀介「龍神の神」を読了。境遇のよく似た二組の兄弟(兄妹)と殺人事件。もつれ合う関係。ふんふんと読んでいたが、途中で???となった。見事に作者に騙されていた。う~ん筋書きのトリックだった。この本も面白かったから、また道尾秀介の本を借りてこよう。

今日も桜を見に行こうと思って外に出た。今日は寒い。玄関を出て階段で下まで降りたがハーフコートでは寒かったので、いったん戻ってダウンに着替えてきた。こいつをまた引っ張り出すことになるとは。

今日は掃部山公園(かもんやまこうえん)まで行った。掃部山公園は井伊直弼とゆかりのある公園で、桜木町に近い。家から歩いて20分弱。ここも桜がたくさん咲いていてきれいだった。しかし今日も曇り空。上を見上げりゃ薄く白い世界。青空をバックに写真を撮りたかった。

掃部山公園の桜掃部山公園の桜掃部山公園の桜掃部山公園の桜

こんなに寒いのにシートを敷いてお花見をしている人がたくさんいてびっくりした。ひときわ賑やかな大人数の集団がいて、暇なお年寄りばかりと思いきや中年くらいの人ばかりだった。そして立派な酔っぱらい集団でやかましい。平日の真っ昼間だというのにいったい何の集まりだろう。

この公園には井伊直弼の像があるのだ。

井伊直弼の像井伊直弼の像

お花見の注意書き。今でも新入社員が場所取りとかやってるんだろうか。

注意書き

掃部山公園は風情がある。

掃部山公園

桜を堪能してから図書館に寄って帰ってきた。掃部山公園からは歩いて15分くらい。2冊本を返して3冊借りてきた。

借りてきた本借りてきた本

青木祐子「これは経費で落ちません!経理部の森若さん」
本屋でこれの5巻が売っていて、タイトルを見てなんとなく面白そうだな、と思ったので1巻を借りてみた。経理部の女性の話らしい。

松岡圭祐「後催眠」
先日読んだ「催眠」の続編。

宮部みゆき「刑事の子」
宮部みゆきの初期の作品らしい。適当に選んでみた。

今日の動画も桜。FUNKY MONKEY BABYS「桜」。チュートリアル徳井が出ている。ファンモンのMVにはタレントが出てることが多い。

今日は9時起床。早起きできなかった。6時頃に目が覚めたのだが、さすがにちょっと早いかと思ってまた寝た。その後、妻の目覚ましが鳴っているのが聞こえたから7時半頃か。起きなきゃ、と思ったけど動けず。結局9時前まで動けなかった。その間に夢を見た。大学の研究室の先輩で、今は大学教授でコンピューターのセキュリティとかデジタル・フォレンジックとかやってる人が、テプラが機械から出なくなったとか言ったので私がPCから出したらうまくいった、という訳のわからない夢。「テレビ以外でお目にかかるのは久しぶりですね」と話した。その先輩は最近ちょくちょく専門家としてテレビでコメントしているのだ。

午前中はまたアンケートやクイズや読書。石田衣良「池袋ウエストゲートパークⅡ 少年計数機」読了。面白かった。トラブルシューティングストーリーはおもしろいな。このシリーズはたくさん出ているのでまだまだ楽しめそうだ。

せっかく桜が咲いたからあちこち見に行こうと思って、今日は大岡川プロムナードに行ってみた。横浜を流れる大岡川の弘明寺から日ノ出町までの区間の遊歩道を大岡川プロムナードという。そこの桜がきれいなのだ。京急に乗っているとよく見える。弘明寺まで行くのは面倒だな、と思ってちょっと短いけど黄金町から日の出町までだけを歩くことにした。14時過ぎに家を出ててくてくと黄金町まで。そこから遊歩道を歩く。

桜

桜

桜

大岡川プロムナードの桜は木にもよるが五分咲きから七分咲きといったところか。

桜の花びら

こう見ると桜って本当にほとんど白なんだな。

屋形船ではないが、桜を見るための船も出ている。どこから乗るんだろう。

船

船

船

安全航行

こんなこと書いてるくらいだから、けっこう船が行き来するのか。

露店もたくさん出ていた。たこ焼きを見たら食べたくなったが、6個で600円となかなかのぼったくりだったのであえなく退散。

露店

露店

チリ・コン・カルネまで売っていた。この名前を聞いて「ドンフォゲ、ドンフォゲ、ドンフォゲ、メキシカーンスパーイスィーズ」をと歌いくなったら立派なリアルグループファンである。

チリ・コン・カルネ

日ノ出町に到達。せっかくだから桜木町まで歩こうと思ったが、まあいいやと思ってちょっと歩いただけで途中で離脱。その辺りはちょっといかがわしい界隈。ラブホテルの脇を抜けて帰ってきた。明日も天気がよかったらどこか桜を見に行こう。

桜

なんだかんだ言って、日ノ出町に行く途中で見たこの桜が一番きれいだった。

今日の動画。桜の曲はたくさんあるのだが、KANA-BOON「桜の詩」にしよう。