TOPに戻る
鬱るんです
躁鬱病の元ITエンジニア「はまー」が心と体の模様を記した雑記帳。 大手IT企業で心身ともにぼろぼろになり退職した後、派遣のエンジニアをやったり小さなIT企業でほそぼそと働いたり、Web制作事業を立ち上げようとしたりしたが、今は就労継続支援B型事業所でリカバリーを頑張っている毎日。

月別アーカイブ: 2006年6月

昨日は23時くらいに就寝。暑かったが、さっそく小型の扇風機が役に立った。こいつのおかげでそこそこ涼しいし、ぶ〜んという音が、最初は気になるかな、と思ったが、かえって眠りを誘うようですぐに寝付いた。

夜中、暑くて目が覚めた。やはり暑い。なんでこんな暑いのか。私が半身を起こしてぼ〜っとしていると、彼女が「暑いね」と言った。同じタイミングで目を覚ましていたのだ。もう一度扇風機のタイマーをセットして寝た。すぐに眠れた。扇風機さまさまである。そして朝は7時前に起床。朝から暑い。

久々に自分のメインのHPを更新した。いや、今やこの日記がメインなのか。とにかく、「カミングアウト宣言」のページを1年以上更新していなかったので、続きを書いたのだ。去年に職場復帰したところで手記が止まっていた。それから1年、いろいろなことがあった。それにしても我ながら波瀾万丈だなあ。

今日は彼女の診察に私が付き添いとしてついていった。今年に入ってからどうもちょくちょく調子が悪いときが多いのに、きちんと調子が悪いことを医師に話していないようだ。なぜか病院に行く頃になると調子がよくなって、「調子はいいです」とだけ言ってしまうらしい。前回の診察から今回の診察まで、自分の状態はどうだったのか、それをきちんと話さないと意味がない。私がついて行って、一緒に話をした。

その後は昼食を食べ、またダイソーへ寄ってお買い物。新しいマッサージグッズを発見してちょいと試してみたら、大変よかったので買ってしまった。後は小物をちょっと買った。昨日も今日もそうなのだが、整理をするためのプラケースを買うことが多い。引っ越したあと、とりあえず段ボールから物を出してあちらこちらへ置いたり突っ込んでおいたはいいが、一段落して改めて生活をスタートしてみると、取り出しにくかったり見栄えが悪かったりで、そこで整理をするためにはプラスチックの箱が登場する。そう言うわけで本棚やらパソコンラックの上が徐々に整理されつつある。整理してみると気持ちがいいものだ。

疲れたからそのまま帰ってきたのが13時半くらいだった。それからまもなく、何時か忘れないが特大のビーズクッションに横になったまま眠ってしまった。起きたら17時だった。夜はちゃんと眠れているつもりなのに、眠りが浅くて足りていないのか。

昨日も22時半に就寝したが、ちょっと暑苦しくてなかなか寝つけなかった。寝つくのに1時間くらいかかったかもしれない。夜中は何度か目が覚め、6時頃から5分おきに目が覚める、という状態に。7時前に起きてきた。今の時点でこんなに暑苦しいのでは、真夏になるとどうなることやら。でも昔はエアコンなんてないのが当たり前だったんだよなあ。文明の利器は人類の環境へを適応能力を低下させるのだ。

今日は朝一番で内科へ行ってきた。前は近所だったのだが、引っ越した今では自転車でちょいと漕がないといけない。喘息の症状は治まってきたので、薬が1種類減って、前は2週間分の投薬だったのだが今日は4週間分出してくれた。予防のため、あと1ヶ月くらいは薬を飲んで、治療が終了ということだ。新しい住居でも喘息は出てない。引っ越す前の心配は杞憂だった。

帰りにスーパーへ寄って食料の買い出しをして、えっちらおっちら坂を登って帰ってきた。朝からシャツもパンツもびしょびしょである。私は新陳代謝がいいのか、ものすごい汗かきである。とりあえずシャワーを浴びて着替える。

夕方からバイトが終わった彼女と待ち合わせてバスで横浜まで。いつの間にか歪んでいたメガネを直してもらって、夕食を食べて、ダイソーとヨドバシに寄って帰ってきた。ダイソーでは収納箱や座布団カバーなどの日用品を、そしてヨドバシでは小さな扇風機を買った。本当にコンパクトで値段も1980円とリーズナブルだけど、5枚羽根で威力はたいしたもので、ちゃんと首振りもタイマーもある。

扇風機もいつの間にか進化していて、昔ながらの羽つきの扇風機だけでなく、細長いポールのような形で首を振っているのもある。これは既に扇風機ではないのだが、送風機、とでも言うのだろうか。最初はそのタイプにしようかと思ったが、風向きを上下にコントロールできなくて、寝ているときに使っても風は来ないなあ、ということで小型の扇風機に落ち着いた。先月までは2LDKのマンションの3部屋ともエアコンをつけるという贅沢な暮らしをしていた。私は暑さにめっぽう弱いのだ。とは言え、昔はエアコンなんかなくても寝ていたのだ。暑さにも、じき慣れるだろう。慣れてくれるといいが…。自分の適応能力を信じるのだ。のだのだ。

昨日も22時半に就寝。寝つきはよく、6時に起床。昨日と全く同じである。やはり生活のリズムは大切である。

昨日はちょっと動きすぎたので、今日は調子は悪くないが自粛して家でおとなしくしていた。一度だけ商店街の99ショップまで行って帰ってきた。暑い中チャリで坂道を登るのはちょっときついが、だんだん楽になっている。これぐらいの運動は毎日した方がいいだろう。

それにしてもADSLが不安定だ。昨日はぶつぶつ回線が切れてADSLモデムのランプがチカチカと点滅していることが何度もあった。たまに接続できても超遅い。速度計測サイトで測ったら、300kbpsとかとほほな数字が出てきた。まあ早くても2Mbpsくらいなのだが。ネットに接続できないと不便なこと極まりない。

業を煮やして昨日NTTのサポートに電話し、言われるがままにADSLモデムの設定を一部変更した結果、そのときは接続できるようになったが、今日もまた昨日ほどではないがときどき接続が不安定だ。う〜ん、NTTのサイトで収容局までの線路長を測ったら3950mと出たので、ADSLの限界かもしれない。

これは何とかして光にしたい。そう思っていろいろ調べていた。前住んでいたマンションではGyaO光(USEN)のマンションタイプが入っていた。一戸建てでもなし、かと言って共用設備を設置する場所があるようなマンションでもない。なんせ2階建てで各階に2戸ずつ、つまり全部で4戸しかないアパートなのだ。不動産屋さんが案内してくれたときに「角部屋ですよ」と言っていたのだが、どこも角部屋なのだ。

それはいいとして、調べていたら、どこのキャリアも「2階建て以下で10戸未満の集合住宅、テラスハウス、長屋(古くせ〜)」なら、一戸建て向けのプランで契約することが可能だということがわかった。ただし一戸建てと同じように、直接光ファイバーを部屋まで引き込む工事をする必要があるので、当然ながら家主の了解を得ないといけない。念のためNTTに電話して、うちのようなアパートでBフレッツをひけるか確認したら、たいていは電話線を通している管に光ファイバーを通す工事をするので、物理的にそれが可能であれば大丈夫です、とのお答え。実際に可能かどうかは見てみないとわからないとのこと。たいていな場合は大丈夫らしいが、なんせ古いからなあ…。

NTT以外のキャリアも調べてみた。TEPCO光とかGyaOとかあるが、TEPCO光はちょっと安いが開通まで1〜2ヶ月かかり、GyaOはエリア対象外だった。NTTなら最短15日と書いていたので、そっちへ乗り換えることに。

とりあえず大屋さんと交渉してみることにした。とは言え、大屋さんはお年を召したお婆さまだ。光ファイバーが云々と言ってもよくわからないだろう。とりあえず電話してみた。

自分「すみません、ちょっとお願いがあるんですけど」
大家「はいはい、なんでしょう」
自分「最近テレビでよく宣伝している『何とか光』っていうのがあるんですよ。インターネットが速くなるっていうやつなんですけど」
大家「ああ、なんかテレビでよくやってるねぇ。よくわからないけど」
自分「それを契約したいんですけど、電話線の管に新しく線を通すとかで、工事が入るから大家さんの許可がいるみたいなんですよ」
大家「ああ、別に好きなようにやってかまわないですよ」

あっさり許可が出た。と言うわけで速攻でBフレッツに申し込んだのであった。それはいいとして、「物理的に工事が不可能」だったらどうしようかなあ。この不安定なADSL我慢するしかないのか。遅いのは我慢するとしても、接続がぶちぶち切れるのは困るのだ。

昨日も22時半に就寝。寝つきはよく、6時に起床。昨日、一昨日のように朝はつらくない。睡眠の質はよかったように思う。ちょっと回復したかな?油断は禁物だが。

今日はなんか忙しかった。九州の方では大雨のようだが、横浜はからっと晴れていい天気。チャリを乗り回し、ホームセンターへ行ってトイレ用の突っ張り棚その他を買い、コンビニで雑誌を買ってスーパーで夕食の買い物をして、さらに商店街の金物屋に行ってドラッグストアに行って100均に行って、最後にコンビニでアイスを買って帰ってきた。突っ張り棒もあって、自転車のかごはパンパンだった。

帰ってきてからもなかなか体が止まらない。とりあえず一息つこうと思うのに、先にこれをやってから、これをやってから、と思ってなんだかんだやっているうちに2時間くらいが過ぎてしまった。築数十年のぼろアパート。せめてきれいにできるところは磨いてみたいぞ、といろいろ買ってきて、玄関周りの金属部分をごしごしと磨いていた。点々と斑点のようについている錆のようなものが気になっていて、それを落としたかった。しかし、それは錆ではなく腐食して表面がはがれ落ちていたのであった。無念。

油断は禁物とか言っておきながら、ちょっと動きすぎてしまった気がする。調子がいいときほど注意しないといけないのに。なかなか自分自身のコントロールは難しい。でも自分をコントロールできるのは自分だけなのだ。これを突き詰めていくと、やっぱり「禅」とか「瞑想」とか「ヨガ(本格的なやつ)」とか、そういう世界に行き着くのかなあ。

昨日は22時半に寝た。寝つきはよかったと思う。夜中何度か目がさめた覚えがあるが、あまりよく覚えていない。7時の目覚ましで起きたが、昨日と同じくすぐには動けなかった。う〜ん、とのびをして少し重い体を持ち上げるがごとく起きてきた。この前までは、もっと早い時間から自然に起きて、体も軽かったのだが、今日は少し重い。悪い兆候だ。

昼過ぎに銀行へ行って市・県民税と国民年金の口座振替の手続きをした。市・県民税に関しては最近に今年度の通知が来たばかりで、まだ手続きはしてなかった。国民年金は、会社を辞めた後に区役所で加入の手続きをしたのだが、障害年金の受給申請をする予定であることを話すと、お役所の人が「何らかの調整が入るかもしれないから、口座振替の手続きはそっちが終わってからの方がいいかもしれません」と言ったので、保留にしていた。障害年金の裁定通知書も来たし、特に調整等はなさそうなので、2つまとめて口座振替にした。家計簿ソフトの出金予定に入力しておかなければ。

明日払う予定の家賃をATMでおろして、ちょっと時間をつぶして病院へ。おおむね調子はいい方だが、ここ2日は朝が少しつらいことを話した。貯金はまだしばらくはもつが、調子が上がってきたので仕事をしたいところだが、まだ少し様子を見た方がいいかと思っている、ということを話すと、それがいいでしょう、と医者も同意。医者の診断書がないと求職活動もできない。疾病を理由に失業認定を延長しているのだ。それを解除するには医者の診断書が必要なのである。

明日は家賃でも払いに行くとするか。と言っても、アパートの向かいの大家さんの家に行って現金手渡しという、これまたレトロな支払い方法だ。なんだかタイムスリップしたような気がする今日この頃。