TOPに戻る
鬱るんです
躁鬱病の元ITエンジニア「はまー」が心と体の模様を記した雑記帳。 大手IT企業で心身ともにぼろぼろになり退職した後、派遣のエンジニアをやったり小さなIT企業でほそぼそと働いたり、Web制作事業を立ち上げようとしたりしたが、今は就労継続支援B型事業所でリカバリーを頑張っている毎日。

今日眼科に行く途中、横浜駅の東口バスターミナルからまずエレベーターでそごうの9階に上がった。そこから連絡通路を通って隣のスカイビルに行くのだが、そのエレベーターで申し訳ないことをしてしまった。

7階でご婦人2人が降りて、残りは私しか乗ってないのに9階のボタンだけでなくRのボタンも点灯していた。はて、誰か間違って押したのか?と思ってよけいなお世話なのにダブルクリックでキャンセルしてしまった。メーカーにもよるが、エレベータのボタンをダブルクリックでキャンセルすることができるというのは案外知られていないようだ。

しかしその瞬間、自分の真後ろに老紳士らしき人が立っているのに気づき、慌ててもう一度Rのボタンを押した。9階に着く前のことだった。9階について私がエレベーターを出たら、後ろから「下に参ります」という音声が聞こえてきて、あああ、下行きになってしまった、すみません。ということに。あのタイミングでRを押しても上に行かないのか?なぜ?老紳士はわけが分からなかったに違いない。ごめんなさい。


コメントする

メールアドレスは公開されません