TOPに戻る
鬱るんです
躁鬱病の元ITエンジニア「はまー」が心と体の模様を記した雑記帳。 大手IT企業で心身ともにぼろぼろになり退職した後、派遣のエンジニアをやったり小さなIT企業でほそぼそと働いたり、Web制作事業を立ち上げようとしたりしたが、今は就労継続支援B型事業所でリカバリーを頑張っている毎日。

昨日の夜中のことだが、横浜市の障害者の職員募集に応募するのに、一次選考の一般論文ってどういうのが出題されるのだろう、何か同じような「過去問」ではないが、そういう自治体の障害者採用での出題例とかないかな、というのを検索していた。

すると、今回の会計年度任用職員というのは2回目の募集で、1回目は昨年度だったのだが、その募集要項がまだ横浜市のサイトに載っているのを発見した。そしてその1回目は一般論文は応募書類と同時に提出だったらしい。今回は一次選考の会場に行って、その場で出題されてその場で書く。しかし前回は予め応募書類にテーマが書かれていて、それを書いて一緒に書類を送るようになっていた。その「問題」がそこに掲載されていた。

これ、いくらでも時間をかけられるし、いくらでも書き直せるし、PCで書いて清書すればいいし、どこかからパクってくることもできるよ。学生のレポート提出とか(Wikipedia丸写しとかあるらしい)、カンニングができる試験みたいだ。しかもそのテーマが「働く上で社会人として大事なことはなんですか。これまでの経験を交えて、あなたの考えを600字以内で述べなさい」だと。600字以内!

ここまででこの記事は987文字だぞ。どうやって私が何かを論じるのに600文字で収めればいいのか。Twitterも140文字までだから、4スレッド分か。それはそれで難題だ。これはきついな。しかしなんで形式を変えたのかな。応募書類と同時に提出だったら、やはりいかにも「お手本通りに書きました」みたいなのばっかり集まってしまって選考にならなかったのだろうか。

今回のテーマはなんだろう。事前に書いて出すのでなく、試験会場で一発勝負で書くのだとテーマ自体は易しくなるような気がするが、易しいとかえって他者との差別化が難しいかもしれない。まあなんでも適当に書ける自信はあるのだが、やはり文字数がネックだ。「いろんなことを詰め込みたい」と思うところで、まず何を削ぎ落とすか最初によく考えないといけないだろう。

手書きだとますます、これくらい書いたら何文字だ、というのが見積もりにくくなるから、最初に全体の構成を考えたあとは、書きながらバランスを考えて書くしかないなあ。ちょっと練習が必要かもしれない。ひょっとしたらもっと難しいテーマで文字数も増えるかもしれないし、あまり難しく考えないほうがいいかもしれない。


コメントする

メールアドレスは公開されません