TOPに戻る
鬱るんです
躁鬱病の元ITエンジニア「はまー」が心と体の模様を記した雑記帳。 大手IT企業で心身ともにぼろぼろになり退職した後、派遣のエンジニアをやったり小さなIT企業でほそぼそと働いたり、Web制作事業を立ち上げようとしたりしたが、今は就労継続支援B型事業所でリカバリーを頑張っている毎日。

昨日の夜に「IPv6が遅いのでPPPoEに至急戻してくれ」というメールを【至急】と件名につけてDTIのサポートに送った、という話を書いた。

その記事をアップするのと入れ違いにDTIから返信のメールが来た。件名の【至急】は削除され、代わりに「help」という単語が追加されていた。これは緊急案件、優先案件として処理されたということだろう。自分がSEだった頃を思い出す。本当に困っている人と、別に急がなくてもいいから対応して、という人を同列に扱うのは、平等かもしれないが公平ではない。それぞれに足りない分だけ施すのが本当の公平だろう。なんでもかんでもわがままを言えばいいというわけではないが。

そしてその内容だが、スペシャル対応をしてくれるとのこと。

このたびのIPv6(IPoE)接続サービスにおける速度の件につきまして、必ずしも改善をお約束するわけではございませんが、社内で検討いたしまして、ご希望でございましたら、既に新規受付を終了している「JPNE(v6プラス)」に一時的に切替を可能とさせていただきました。

JPNEってなんぞや?と思って調べたら、「日本ネットワークイネイブラー」という会社らしい。会社名は聞いたことがあるが、どんな会社か知らなかった。JPNEのサイトによると、

日本ネットワークイネイブラー株式会社(以下、JPNE)は、VNE事業としてISP事業者向けにIPv6インターネットを提供するためのネットワーク設備等をローミングサービスとして提供いたします。ネットワーク設備等を複数のISP事業者に共同で利用していただくことによってスケールメリットを活かすこと可能となり、高品質なネットワークを高効率・低コストに提供しております。

ということらしい。今契約しているIPoEはOCNのサービスを使用していた。その説明だが、こう書かれている。

IPv6(IPoE)接続サービスとは、NTTコミュニケーションズの「OCNバーチャルコネクト」を用いた「IPoE方式」によるIPv6インターネット接続とIPv6ネットワーク上でIPv4インターネット接続も実現するIPv4とIPv6が共存する接続サービスです。IPv6(IPoE)接続サービスをご利用いただく事により、従来の接続方式(IPv4 PPPoE方式)よりも快適にインターネットをご利用いただけるようになります。

こんな図も載せていた。どう考えても「これに変更すると速くなる」と思うではないか。

IPv4とIPv6比較

それが逆に極端に遅くなったから「これはないんじゃないの?誇大広告だ!詐欺だ!元に戻してくれ!」と泣きついた結果、OCNをJPNEに一時的に変更させてくれるというのだ。DTIのJPNEのサービスの新規申し込みは既に終了している。終了している理由はわからないが、とにかくIPv6サービスを提供する業者を変更したら、なにか変わるかもしれないから試してちょ、ということである。

正直そこまでは頼んでなかったんだけどね・・・。元のPPPoEに戻してくれればそれでよかったのだが。正直JPNEてのも、上に「複数のISP事業者に共同で利用していただくことによってスケールメリットを活かす」と書いてあり、いろんな会社が相乗りしてサービスを大量生産で切り売りしているようなイメージがある。それって品質はどうなの?という感じ。新規受付を終了した理由が「これ以上ユーザーが増えたら速度が出ないから」というのなら期待できるかもしれない。

また、PPPoE接続へのご変更をご希望の場合、弊社カスタマーサービス窓口にてお手続きが必要となりますため、下記窓口宛へお問い合わせいただけますようお願いもうしあげます。

PPPoEに戻そうと思えば申請しろというわけか。とりあえずそのJPNEとやらを試してみることにしたので、その切り替えをお願いしたい、と返信した。ところで「一時的」て何?突っ込んで聞かなかった。本当に「一時的」だとあまり意味がないんだが。

どうなるのかなあ。


コメントする

メールアドレスは公開されません