TOPに戻る
鬱るんです
躁鬱病の元ITエンジニア「はまー」が心と体の模様を記した雑記帳。 大手IT企業で心身ともにぼろぼろになり退職した後、派遣のエンジニアをやったり小さなIT企業でほそぼそと働いたり、Web制作事業を立ち上げようとしたりしたが、今は就労継続支援B型事業所でリカバリーを頑張っている毎日。

今日も9時半起床。なぜきっちりこの時間なんだろう。起きたらめっちゃ寒い。スマホで天気予報をチェックしたら今日の最高気温は7℃。思わず暖房を入れたくなったが、まだ我慢できるのでフリースを着込み、ブランケットを膝にかけてPCに向かう。冬山よりはましだ。

昨日の夜に「虚ろな十字架」を読み終えた。これも重い話だった。その前まで読んでいた筒井康隆との落差が大きすぎる。読み終えて、いや読んでいるうちから暗い気分になった。命ってなんだろう。ここまで書いて、このあとに自分の思ったことを一気に書いたが全部消した。ネタバレになるのと、自分の過去をぶっちゃけ過ぎだったからだ。自分の心の中にはまだまだ大きな闇がある。

お昼頃、買い物から帰ってきた妻が「今日は寒いよ。雨降ってるよ」と言った。私はガタガタ震えながら、伊坂幸太郎の「ゴールデンスランバー」を読んでいた。ついに根負けして、この冬初めて居間の暖房をつけた。寝室は私の体中に薬を塗る時に寒いからその時だけ暖房を入れるのだが、居間は日当たりも良いのでずっと我慢していた。今日は久しぶりの雨で日差しもなく、家の中もかなり寒い。これが限界か。こんなことでは冬山には登れない。いや登らないと思うけど。去年の12月初めくらいまでは暖冬だなんて思っていたのに、本当に本気の冬というのは容赦ない。

今日は外出しないことにして静かに本を読んでいた。月曜日から金曜日まで予定が詰まっていたのを無事こなしたのだ。外も寒いしゆっくり休もう。「ゴールデンスランバー」は700ページ近くあって読み応えがある。今日はいまいち集中力がなくてなかなか読み進められなかったが、まあ急ぐことはないからゆっくり読もう。

夕方からは私がメインでカレーを作った。我が家で料理らしい料理を作ったのは久しぶりかもしれない。料理と言ってもカレーなんて、剥いて切って炒めて煮込むだけなのだが・・・

いきなり失敗してしまった。何も考えずに玉ねぎを切っていたら、妻に「みじん切りにしたの?」と聞かれてはっとした。カレーに入れるのにみじん切りにしてしまった。しかたがないのでそれとは別に玉ねぎを改めて切り、みじん切りにした方は最初に飴色になるまで炒めた。これは昔私がよく作っていた「ナスと挽肉のカレー」で使っていた手法で、玉ねぎのエキスをナスが吸ってとても美味しくなるのだ。それにしても頭がボケている。

てな感じで、うちらにとってはカレーひとつ作るだけでも一苦労なのだ。包丁を使う火を使う神経を使う。とても疲れる。今日も疲れ果てた。でも自分たちで作ったカレーは美味しい、などとキャンプみたいなことを思った。うちの定番はジャワカレーである。これが一番うまい。今年はじめての共同作業、かもしれない。

カレーライス

凍えそうに寒かったから、今日の動画はAimer「凍えそうな季節から」。途中から始まって途中で終わるけど。


コメントする

メールアドレスは公開されません