TOPに戻る
鬱るんです
躁鬱病の元ITエンジニア「はまー」が心と体の模様を記した雑記帳。 大手IT企業で心身ともにぼろぼろになり退職した後、派遣のエンジニアをやったり小さなIT企業でほそぼそと働いたり、Web制作事業を立ち上げようとしたりしたが、今は就労継続支援B型事業所でリカバリーを頑張っている毎日。

昨日は22時40分に寝た。22時半に寝ることにしているのに、昨日は友達とLINEをしていたらちょっと過ぎてしまった。友達に「そろそろ時間じゃない?」と言われて、ああそうだった、と気がつく始末。LINEやってると時間の感覚が狂う、というのを言い訳にしてはいかん。まだ自己管理が甘い。

寝たのはいいが、眠れなくて40分経ってからいったん起きて、コーンフレークを食べてしまった。なぜ食べてしまうんだろう。前みたいな過食になると困るので、「牛乳を1杯。ベビーチーズを1個。それ以上は飲み食いしない」と決めて、ずっと守ってきたのに。しかも食べた後にPCを起動してしてあれやこれややっていた。実はまた昨日の夜に不具合を発見して、ああ明日調べようと思っていたのに、それを調べ始めてしまった、0時を回ってから、だめだこれは明日にしなければ、と思ってやっと寝た。朝は9時過ぎにやっと起きれた。だめだな、悪循環だ。作業所に電話してもうしばらく休むことを伝えた。いつまで休むことになるのやら。

午前中からずっと調べ物。弟が相続を決めたので、いろいろ手続きを進めるために預かってる書類に目を通していった。銀行とか役所とかその他に電話しまくり。相続なんて初めてだからよくわからない。「改製原戸籍謄本とはなんぞや」とか疑問ばかり。「被相続人の出生から死亡までの連続した戸籍謄本」と言われてもよくわからない。調べていったら、どうやら父親の最後の本籍だった大阪府K市の戸籍謄本と改製原戸籍謄本を取り寄せて、そしてそれをたどっていって、その前(高知県N市)の改製原戸籍謄本を取り寄せて、それに書いてある前の戸籍(おそらく兵庫県K市)の改製原戸籍謄本を取り寄せればいいらしい。その間に自分の知らない戸籍が入っていたら、それも必要。それらが銀行の数だけ必要とのことで、

めんどくさ!めんどくさ!めんどくさ!

それ以外に被相続人の戸籍謄本やらうちら兄弟の戸籍謄本などなど。印鑑証明書は各自取得してもらわないといけないが、自分の分は当然自分で取りに行かないと。

私が抱えているのは銀行2つと相続が必要な手続き2種類、それ以外の手続きが3つ。兄とか弟と分担して銀行へは口座凍結の連絡をしたから、全部で何通必要かちゃんと数えて取り寄せないと二度手間とか三度手間になる。銀行は相続放棄した人の相続放棄申述受理証明書が必要だから、結局みんな相続放棄した後でないと手続きは進められない。

他にもいろんな手続きで父の戸籍謄本やら兄弟の戸籍謄本やら印鑑証明書やらがいる。それぞれ役所に行って書類を取ってきてもらわないといけないが、役所にそういう書類を取りに行くのは1回で済ませたいところ。私は区役所は徒歩10分だし平日にも普通に動けるのだが、弟は平日はがっつり仕事をしているから役所には何回も足を運ぶのは大変だろう。

とりあえずK市のホームページから戸籍謄本などを郵便請求する用紙をPDFでダウンロードしたのだが、「必要なもの」の「改製原戸籍」で「昭和」「平成」にチェックを入れるようになっている。「昭和」「平成」て何?また調べる。昭和32年と平成6年の2度制度が変わってるから2種類あるのね。う~んと、多分平成でいいんだろう。二度手間とかになるかもしれないけど、とりあえずわかってる数だけ取り寄せる手続きを明日やろうっと。


コメントする

メールアドレスは公開されません