TOPに戻る
鬱るんです
躁鬱病の元ITエンジニア「はまー」が心と体の模様を記した雑記帳。 大手IT企業で心身ともにぼろぼろになり退職した後、派遣のエンジニアをやったり小さなIT企業でほそぼそと働いたり、Web制作事業を立ち上げようとしたりしたが、今は就労継続支援B型事業所でリカバリーを頑張っている毎日。

日別アーカイブ:2009年7月16日

昨日も会社に行けなかった。そして今日も朝9時過ぎまで起きられず、起きても頭と体はしんどかった。やっぱ今日もだめか。しばらくぼ〜っとして、会社に休む旨の連絡を入れた。鬱の嫌な感覚が自分を襲っていた。

しかし自分は思い出した。少しでもいいから体を動かすと、気分が晴れてくる。そう思ってWiiの電源を入れてみた。Wii Sports Resortのサイクリングをやってみた。コントローラとヌンチャク(コントローラに接続するサブコントローラ)を両手に持って、上下に振るだけの、あまり激しく動くこともなければ頭を使うこともない種目。ペース配分とか、体力が減ってきたときには前の自転車の後ろについて風をよけ、体力を回復した後一気に抜き去るなどの頭は使うが、ただリモコンを上下に振っているだけで楽しい。やっぱ画面が前に進むのはいい。

すると「タクシーを拾えば何とか行けそうかも」というレベルまで調子があがってきた。しんどいけど着替えて、家を出た。出たところにちょうどタクシーが来たので、それを拾って会社へ。11時20分ころ会社に着いた。

私がずっと休んでいるせいで、プライオリティの高い仕事がストップしている。新しいWebアプリを開発することが決まっていて、同じネットワークチームのDさんと私がその担当なのだが、今回はユーザ数も桁違いに多く、利用頻度も高い重要なアプリなのだ。その仕様について検討するために、担当者が集まってミーティングをする予定だったのだが、私が全然会社に行けないのでずっとストップしていた。今日、関係者が全員揃っていて皆予定が空いていたので、私がいるうちにやってしまおう、ということになり、急遽14時から7人で2時間超のミーティング。Dさんがかなり資料を作っていてくれたので、かなりスムーズにいった。

その後、定時過ぎまで後回しになっていた他の仕事を進め、しんどいながら家へ帰ってきた。なかなか調子がよくならない。調子が悪くても、曲がりなりにも毎日今日みたいに行けたらいいのだがなあ。