TOPに戻る
鬱るんです
躁鬱病の元ITエンジニア「はまー」が心と体の模様を記した雑記帳。 大手IT企業で心身ともにぼろぼろになり退職した後、派遣のエンジニアをやったり小さなIT企業でほそぼそと働いたり、Web制作事業を立ち上げようとしたりしたが、今は就労継続支援B型事業所でリカバリーを頑張っている毎日。

日別アーカイブ:2009年7月19日

三連休の中日。「ちゅうにちどらごんず」ではなく「なかび」である。天気がいいからマジクールでも首に巻いて散歩でもしようかと思った。こいつは本当に優れもので、暑がりの私が熱気のこもる集合住宅の中でエアコンをつけなくても平気でいられる。みんながこいつを首に巻いたらエコになるでないか?

しかし、なんか動く気にならなかった。まだ本調子ではないようだ。あきらかな鬱の感覚や倦怠感はないものの、無気力無気力むきむきむきりょく、という感じで、ただ頭は働くのでずっとPCに向かってなんやかんやしていた。別に無理して外に出る必要もない。おとなしく今日は家にいた。

それはそうと、1969年7月20日、アポロ11号が月面に着陸した。その前日、私はこの世に生を受けた。あと1日遅ければ、私は人類の歴史に残る画期的な日に生まれていたのに、とか昔はよく思ったものだ。

そう、歳がばれてしまうが私は今日で2回目の成人式を迎えた。20年前に描いていた自分の姿とかけ離れているものの、20年前とちっとも変わっていない自分がここにいる、という気もする。変わらない自分と変わっていく自分。どちらもひっくるめて自分である。なんとなく人生の折り返し地点に来た、という感もしなくはないが、どうか一生自分とおつきあいくださいませ、と自分に言ってみる。

昨日は、アマチュアながらとても名高いアカペラグループ2つのセッションライブがあった。1つは私がよく知っているグループ、もう1つは関西で活動している、これまた評判のグループ。そのセッションが以前大阪であったらしいのだが、今回は東京であるという。「これは行かねば!」と思いつつ、予約をしていなかったことを当日の朝になって気づき、慌ててメンバーの一人に連絡をとった。「予約はいっぱいなんだけど、立ち見でもなんでも入れちゃう」とのこと。とりあえず行くだけ行ってみるか、とそのときは思った。

ライブは昼の部と夜の部とあって、昼の部はすでに予約がいっぱい、という情報は10日くらい前に私の所に届いていた。その時点で夜の部の予約をしておけばよかったのだが、とき既に遅い。新宿で19時半からの夜の部に行ってみよう、と思った。

が、体調が思わしくない。夕方になれば元気がでるかと思ったが、それほど回復せず、遠い新宿(今の私にとっては横浜から新宿まで行くのも遠いのだ)まで行って2時間以上立ちっぱなしで、夜遅く帰ってくるというのは非常に危険が危ない。

ずっと楽しみにしていたのだが、体調管理をまず最優先にして、昨日はライブに行くのを見送った。あ~あ、残念。東京と大阪は離れているので、次の機会がいつあるのか、というか次があるのかわからない。1年後くらいにまたやってほしいなあ。しかたがないのでそれぞれのグループのライブ映像をYouTubeで見ている今日この頃であった。