TOPに戻る
鬱るんです
躁鬱病のITエンジニア「はまー」が心と体の模様を記した雑記帳。 大手IT企業で心身ともにぼろぼろになり退職した後、ほそぼそと働いたり事業を立ち上げようとして頓挫したり、作業所に通ったりと紆余曲折したが、今は地方公務員。

横浜市の人事課から健康診断で異常があった件の書類が届いた。

心房粗動

「心房粗動」って何?ネットで調べる。

心房粗動は,心房のマクロリエントリー回路に起因する速い規則的な心房調律である。症状としては,動悸のほか,ときに脱力感,運動耐容能低下,呼吸困難,失神前状態などがみられる。心房内血栓が形成されて塞栓症を来すことがある。診断は心電図検査による。治療としては,薬剤によるレートコントロールと抗凝固療法による血栓塞栓症の予防のほか,ときに洞調律に復帰させるための薬剤投与,カルディオバージョン,または心房粗動の基質に対するアブレーションを行う。

ぜんぜんわかんない(汗)「速い規則的な心房調律」とあるから、つまり頻脈だと。しかも規則的だと。規則的だとあかんの?まあとにかくやばいのね。「至急受診」らしい。なんだか人事課の人も慌てた様子で話していた。声からして若い女性だと思う。だからどうしたということもないが。

F波検出

「F波」って何?ネットで調べる。

【心房粗動】
心房粗動はP波がなく、基線がのこぎり歯状(鋸歯状波)となる事が特徴です。心房波の波形は規則的で、粗動波(F波)と呼ばれます。F波の数と波は規則正しく、通常II, III, aVf誘導で陰性波を示します。

はあ。

心電図

確かに脈は不規則なのだが、その脈と脈の間の細かい波に問題があるらしい。

負荷テスト不可

心電図って、いくつも波の種類があってよくわからんが、その中の異常の心電図を抜き出したっぽい紙の一番上に書いてあった「負荷テスト:不可」が気になった。「負荷テスト」で調べると、「運動負荷試験」というのがあって、

負荷試験では,心筋酸素需要を増大させた上で心電図検査やしばしば画像検査により心臓をモニタリングすることにより,梗塞の潜在的リスクがある虚血領域を同定することができる。年齢別の最大予測心拍数の85%(目標心拍数)達成または症状発生のいずれかが起こるまで,心拍数を上昇させる。

ということらしい。要はわざと心臓に負荷をかけて、その状態をモニタリングしていろいろ調べる、ということなのかな。それで「負荷テスト:不可」というのは、この試験をやっちゃだめ、ていう意味?それってつまり、安静時でこんだけの波形が出てるんだから、今の時点で運動したらやばい、心拍数をいたずらに上げるとやばい、というレベルってこと?明日循環内科にかかるが、その前にずっと坂を登っていく作業所には行かないほうがいいだろうか。

「異常の心電図」の紙の一番下に書いてあった波形。いくつも波形があって何がなんだかわからないが、これが一番やばくない?

異常の心電図

横にまっすぐな線がぜんぜんないよ。ああ、これが上に書いてる「のこぎり歯状」の「F波」というやつなのか?3年前にかかりつけのクリニックで受けた心電図検査の結果が偶然残っていたが、こっちはきれいなもの。脈は飛んでるが、その間はよけいな波形がない。上のはがたがたである。

3年前の心電図結果

最後に気になったやつ。

上室期外収縮ショートラン

「上室期外収縮ショートラン」って何?「PR延長」って何?ネットで調べる。

心室期外収縮が3連発以上続く場合をショートラン、あるいは心室頻拍(VT)と呼びます。ショートランは心室細動(VF)に移行する可能性があり、注意が必要となります。心室頻拍(VT)には心拍数が100回/分前後の比較的安全なもの(Slow VT)もあります。

心室細動(VF)は早急に治療しなければ生死にかかわります。心室細動(VF)を見つけた場合には、患者のもとに駆けつけると同時に、人員を確保し、医師へ連絡や救急カート、除細動器の準備を依頼することが必要です。

ああ、なんかやばいことばかり書いているのだ。まあいいや、明日循環器内科に行くからこれを渡せばいい。またホルター心電計やるのかな。安静時の心電図でこれだけの結果が出るのなら、24時間やるまでもないのかな。

本当に心臓が悪かったらどうしよう。と言うか、今の時点で心臓に異常があることは確実なのだ。問題はそれがどれだけ重いか軽いか、致命的かどうか、働けるかどうか、今後のQOLはどうか、とかなんとかまあ、もういいや。考えるのやめた。


コメントする

メールアドレスは公開されません