TOPに戻る
鬱るんです
躁鬱病の元ITエンジニア「はまー」が心と体の模様を記した雑記帳。 大手IT企業で心身ともにぼろぼろになり退職した後、派遣のエンジニアをやったり小さなIT企業でほそぼそと働いたり、Web制作事業を立ち上げようとしたりしたが、今は就労継続支援B型事業所でリカバリーを頑張っている毎日。

月別アーカイブ: 2019年4月

今日は6時起床。早い、が、調子は良くない。眠りが浅かった。睡眠の質が悪い。7時過ぎから8時40分くらいまで二度寝してしまったが、なんとか起きて準備をして9時に家を出た。しんどさが抜けないままぼ~っとした頭で歩いて行った。ずっとこんな調子だといつか車にひかれそうだ。

今日からいよいよ正式に作業所での勤務。一週間ぶりに行ってみたら、女の子に先週と同じ服だと指摘された。しまった、服が少ないとこんなはめに。気づいても言うかなあと思ったが、この人はのべつまくなしに喋っていて、どうやらなんでもかんでも思ったことを口にしてしまう人らしい。まあそういう人もいるだろう。けっこう愉快な人ではある。ここにはいろんな人がいる。

今日の作業は、午前中は先週と同じく某有名メーカーの布製品の検品。午後からは役割を分担してその後の行程。検品済みの布製品にプラスチックの部品をつけ、ヘッダーと呼ばれる紙を取り付けて、アンビタッチという部品をつける。それをみんなでやっていた。めっちゃ疲れた。午前2時間、午後2時間だけなのになあ。

疲れるのはずっと体に力が入っていたからだろう。根を詰めて細かい作業をしていると、息をするのを忘れてしまう。まだこの場に慣れないからか、緊張しているというのもある。まだまだ借りてきた猫状態で、ちょこんと座って固まったまま作業をしている。ときどき思い出したように体の力を意識して抜いて、深呼吸をして、水を飲む。少しずつコントロールできるようにならなければ。

15時に作業終了。その後は掃除なのだが、曜日ごとの当番制。しかし私は当面火曜日しか来ないので、自動的に火曜日の当番に。と言うことでさっそく掃除をした。コードレスクリーナーでフローリングの床を掃除していく。その後から他のメンバーがモップをかけていく。コードレスクリーナーは初めて使ったのだが、これは便利だなあ。私が会社の寮に入った時に買った、25年使っているうちの掃除機も買い換えようかな。

作業所の後はメンタルクリニックに通院。同じ日にするときついかな、と思ったが連休中の狭間だからしかたがない。クリニックと作業所はぜんぜん別の方向にあるので、そこからの経路をあらかじめ調べておいた。舗装されてない細い路地を抜け、階段ばかりの住宅街の中の路地を通り抜け、最寄りのバス停まで約10分。そこからバスに乗ったら病院には16時には着いた。16時の予約を念のため16時半に変えてもらっていたのだが、その必要はなかったな。

診察では話すことがたくさんあったので、ワードで話すことを紙にまとめて行ったのだが、A4の紙いっぱいになった。作業所の体験実習の件、疲労困憊になって2ヶ所目の実習を1日休んだこと。だけど結局そこに決めたこと。今日から正式に行くことになったので、その帰りであること。朝しんどいけど前より早く起きれていることなど。週一回から始めると話すと、「半日だけでもいいのではないですか?」と。この医者にしては甘いことを言うと思ったが、どうやら「半日でいいから毎日通え」みたいなニュアンスのようだった。ちょっとプレッシャーをかけられたが、そこは「生活支援センターの職員にも作業所の職員にも、無理せずに週一回からで様子を見た方がいいですよ、と言われました」と抵抗しておいた。現場のことは現場の人間が一番よく知っている。事件は診察室で起きているわけではない。

帰りにはルーティーンとなっているカレー屋によって帰った。ふぅ、疲れたよ。お疲れ様と自分に言ってみる。気がつけば平成も終わりか。平成にもお疲れ様と言ってみる。

今日の動画は、初出勤だったので、PUFFY「働く男」。加工した顔がちょっと気持ち悪い・・・。

今日は7時50分起床。眠い~。7時40分に目が覚めたがすぐに動けず。すんなり起きれるようにならないか。もう少し頑張って7時30分に起きるように頑張ろうか。作業所には遠くから来ている人も多い。私のように徒歩25分というわけにはいかないのに、みんな朝早く起きてるんだなあ。

午前中からずっと読書。あまりにも眠いので濃い目のコーヒーを淹れて飲む。せっかくの連休(なんて自分には関係ないが)なのでどこかに行きたいなあ、どうしようかと妻に言うと、「イングリッシュガーデンに行ってみたい」との返事。横浜イングリッシュガーデンとはバラを中心としてたくさんの花でいっぱいの広大な庭園で、わりと有名らしく自分たちの家からは歩いて20分くらいで行けるのだが、今まで行ったことはなかった。入場料を調べてみたらシーズンによって変動するようだ。こういうところは障害者割引があることが多いので、それも調べてみた。そうすると、

お身体の不自由なお客様 半額
※ご本人お一人につき1名様まで同伴の介護者も同じ料金にてご入園いただけます。
(身体障がい者手帳または療育手帳をお持ちください)

とのこと。

「身体障がい者手帳または療育手帳」と明記されている。つまり身体障害者と知的障害者は割引きで、精神障害者は対象でないというわけか。

解せん。

「お身体の不自由なお客様」であれば、身体障害者だけが対象でいいだろう。知的障害者は別に体が不自由ではない。障害者というくくりで割引き対象にするのなら、精神障害者も含めて然るべきなのに、除外されている。

またである。

こういう精神障害者差別はいろんなところに残っている。身体障害者と知的障害者だけが対象で、精神障害者は蚊帳の外。これは精神障害者という制度ができてまだ20年余りという歴史の浅さも理由のひとつである。単に「障害者手帳」と書かれていたらいいのだが、ご丁寧に「身体障害者手帳」「療育手帳」と明記されているが故に、自動的に精神障害者が除外されるケースが多い。精神障害者の制度ができる前からそういう決まりになっていて、今でもそれがそのままということだ。私が障害者手帳を取得してから15年。その間に少しずつ変わりつつはあるが、まだまだこういう「意図せぬ精神障害者差別」はまだまだ残っている。「意図した差別」もあるのかもしれないが。

別に私は「オレたちも障害者なんだから優遇しろ」と歪んだ権利意識を振りかざすつもりはない。ただ、身体障害者、知的障害者、精神障害者の3つの種別がある中で、精神障害者だけが合理的な理由もなく排除されているというのが悲しいのだ。まだ世間の認識は自分にとって残念な状態だ。それは自分たちが声を上げて変えていかなければならない。

と書いたところで、本当は精神障害者手帳でも行けるんちゃうかな、と思って電話して聞いてみた。すると「障害者手帳をお持ちなら大丈夫ですよ」とのこと。ああ、そういうことになってるのね。つまり「身体障がい者手帳または療育手帳をお持ちの方」というのは、おそらく20年以上前からその文言が変わってないだけなんだろう。それはそれで何か悲しい。

とかなんとか書いたけど、結局今日は天気が悪いのと、私がちょっと疲れているのでまた今度にした。明日はいよいよ正式に作業所デビューで、その後に通院もある。疲れをためないようにしなければ。

ただどこにも行かないのもちょっと、と思って妻が買い物に行くのでついていった。商店街へ行ってうろうろ。これくらいの散歩ならいいだろう。本当かな。「これくらいはいいだろう」「これ以上はやばい」という予測というか見積もりの精度を上げていきたい。

お買い物以外はずっと本を読んで過ごした。夕方に道尾秀介「骸の爪」読了。ホラーテイストのミステリーという感じだなあと思っていたが、最後はきっちり名探偵の謎解き物語。読み始めてすぐにわかったが、これはシリーズの続編で、Wikipediaで調べたら「ミステリー作家道尾秀介シリーズ」の第2弾らしい。なぜか主人公が作者本人なのだが、それはさておき「10ヶ月前の事件のときにほにゃらら」などと何度か出てきて、主人公や他の登場人物の人間関係や特殊能力の辺りは、そっちを先に読んでいた方が背景がわかりやすかったかなあ。まあ、読んでなくても当然ストーリーには支障はないのだが。

小耳に挟んだのだが、どうやらもうすぐ平成が終わるらしい。近現代では改元というのは天皇の崩御とセットなので普通は厳粛なムードなんだろうけど、今回はちょっとお祭り騒ぎのようだ。というわけで今日の動画。go!go!vanillas「平成ペイン」。

LINE Payのキャンペーンについて、20%還元と何度も書いてきたが、どうやらそれは間違いだったことに今更ながら気がついた。正しくは「最大20%還元」で、実際には還元率は15.5%~20%と幅がある。これは、

  • 期間中全員15%還元
  • マイカラーによるポイント付与。マイカラーというのはLINE Payで支払った金額によるランクみたいなもので、グリーン、ブルー、レッド、ホワイトがある。そのカラーによって還元率が2%、1%、0.8%、0.5%と変わる。
  • コード支払いで+3%。コード支払いというのはスマホの画面を見せての決済で、LINEカードやQUICPay、請求書払いは対象外ということになる。

ということで、最大で20%となるが、それはマイカラーがグリーンでコード支払いの場合、ということだった。

何回も「20%還元だから得」と書いてきたが、それを信じてしまった人には申し訳ない。お詫びして訂正する次第である。明後日でキャンペーン終わるけど。ついでに平成も終わるけど。

今日は8時45分起床。いつもより1時間遅い。7時45分には目が覚めたのだが、まだ眠い、起きるのが辛い、日曜日だからいいだろう思ってまた寝た。自分は日曜日とかあまり関係ないのだが、作業所に週に何日も通うようになったら関係してくるだろう。どこまで勤務日を増やせるだろうか。

朝からずっと読書。昼過ぎに昨日から読んでいた池井戸潤「銀翼のイカロス」読了。今回は航空会社の再建の話。今度は政治家まで出てきた。政治とカネのからみの話がおもしろくて、半沢直樹が政治家をとっちめるのが痛快だった。

今日は天気も良くて暖かくなったので、お散歩しようと14時半ごろ家を出た。まず図書館に行って読んだ本2冊を返し、2冊借りた。

借りた本

道尾秀介「ラットマン」
適当に借りてみた。

一田和樹「御社のデータが流出しています」
たまたま見つけた本。「IT連作ミステリ」らしい。

そのままイセザキモールまで歩いてユニクロへ。シャツを一枚買った。

ユニクロのシャツ

普段は別にどこに通うというわけでもないので、必要最小限の服ですませている。シャツなんて5年以上同じ2枚を着回している。しかし作業所に通うとなると、そういうわけにもいかんなあと思って買ってきた。ユニクロのサイズは自分はXXLだったが、おなか周りが最近少しへこんだような気がするので、XLのシャツもぎりぎり着れるだろうと思って買ってみた。なんとかぎりぎり着れた。XXL以上になるとネットでないと買えないのだが、そうすると送料がかかるのだ。太っているというのはなにかと不経済である。

帰りは別の道を歩こうと思って、イセザキモールを通り抜けて吉田町の方へ歩いていくと、なにやら人だかり。なんかイベントをやっているようだ。出店がいっぱいある。ハンドメイドのものとか雑貨とか小物とか衣類とか売ってる店が連なっていた。

カラフルな服。

出店

小物を売ってる店。ペイペイが使えるらしい。思わず使ってみたくなったが、私が買うようなものはなかった。

出店

帽子とか。その向こうのはなんだろう。なぜベビーカーに犬を乗せる。

出店

カバン。

出店

鉄のインテリア

出店

ガラス製品

ガラス製品

ジャズのライブもやっていた。ボーカルにサックスにエレキギター、ベース、キーボード、ドラム。サックスがなかったらロックバンドかと思うような編成だが、しっかりジャズだった。生の音楽はやっぱりいい。

ジャズバンド

そして吉田町を通り抜けたら、今度はものすごい人だかり。

人だかり

なんだろうと思ってみたら、なんと!大道芸祭りではないか。しまった~チェックしてなかった~。毎年このエリアで大きな大道芸イベントをやっているのだ。この辺りを封鎖して、6ヶ所くらいの会場で2日間にわたって午前中から夕方までたくさんのパフォーマーが大道芸を披露する。以前はネットでプログラムを調べて見に行ったこともあったのになあ。お目当てのパフォーマンスを見るには、開演の20分くらい前には行って場所取りをしなければならない。そうでないと人だかりでとても見れない。今日はもう終わりそうな時間で、この写真の状態だったのでとてもじゃないが見れなかった。

帰ってきてから調べたら、思ったとおり昨日と今日だよ。せめて昨日に知ってたら、今日は確実に見に行ったのになあ。

小耳に挟んだのだが、どうやらもうすぐ平成が終わるらしい。近現代では改元というのは天皇の崩御とセットなので普通は厳粛なムードなんだろうけど、今回はちょっとお祭り騒ぎのようだ。というわけで今日の動画。SASUKE「平成終わるってよ」。

今日は7時45分起床。起きてもしんどくない。ようやく疲れが抜けたようだ。夜中の3時半にトイレに行きたくなって目が覚めたのだが、眠剤がめちゃめちゃ効いていて難儀した。そのまま眠りたいのに尿意の方は容赦なく、しかたがなくふらふらのままトイレに行ったが、用を足しながらそのまま立って寝てしまいそうだった。

朝の雑事をこなしてから、10時頃から読書を始めた。昨日の夜から読んでいる「カウンセラー」だが、読んでいるうちにまた疲れが出てきた。朝起きたときには疲れが取れていると思ったのに、少し経っただけでなぜ疲れが出るのだろうか。PCに向かってると体が凝り固まってくるのだろうか。でもそれは毎日のことなんだけどな。

なんだかんだやっているうちにいつの間にか疲れも抜け、松岡圭祐「カウンセラー」読了。まあ面白いのだが、自分自身がカウンセリングというものを何度も体験しているためか、「こんなわずかなことで、いくらなんでもこんな細かいところまで見通すことはできないだろう」とか「カウンセラーが仕事でもなく、こんなところまで首を突っ込んでくるかな」とか余計なことを考えてしまう。まあフィクションなのは当然ではあるが。私にはカウンセラーが3人いたが、カウンセリングで何か改善したかというと問われると何も答えられない。自分は何か変わったのだろうか。

16時からは生活支援センターで面談。おとといもやったのだが、それは私一人での面談。今まで妻とふたりで一緒に面談していたのだが、これからは担当職員も別々になり、面談も別々にやることになった。3ヶ月に1回くらいはふたりとも同席して、という予定である。今日は一応ふたり一緒での最後の面談で、私の担当職員と妻の担当職員が同席して四者面談となった。私の方は一人での最初の面談はおととい済ませてあるので、主に妻の話になった。妻の方もいろいろ問題があるのだが、一番の問題は「妻の問題を主治医がちゃんと把握していない」という点で、これに関しては支援センターの職員が診察に同行することも視野に入れて話をした。

職員から残念なお知らせがあった。5月から6回に渡って行う「家族心理教育」というプログラムに参加する予定だったのだが、担当する先生(看護学の先生らしい)から、家族の中でも「親子関係」に焦点を当ててやるので、参加者も親子で、ということになったらしい。なので「夫婦で」という私達は辞退することに。なんでも一昨日そういう話になったのでなんかてんてこ舞いのようだ。このプログラムは支援センターで初の試みだったらしく、まだ暗中模索てな感じだ。

それとは別に、新しいプログラムを予定しているらしい。マインドフルネス、認知行動療法、SSTのプログラムをそれぞれ4回ずつ、6月から月に2回のペースでやるらしい。私は4年前に入院していた病院のプログラムで認知行動療法の勉強会やSSTはやったが、マインドフルネスは言葉しか聞いたことがなかった。とりあえず出て見る方向で考えている。それから、以前この日記にも書いたがWRAP(元気回復行動プラン)というのを勧められた。毎月1回ずつやっているらしいので、5月から出ることにした。いろいろやってみよう。作業所にも通うし、また忙しくなるな。疲れをためないように気をつけなくては。

それにしても今日はめちゃめちゃ寒かった。インナーのTシャツを半袖から長袖に着替えようとしたら、既に長袖は衣替えのときに全部しまってしまっていた。またこんなに寒くなるとは思わなかったよ。厚手のハーフコートを着て行ったがそれでも寒い。ダウンでもよかったかもしれない。

今日の動画。今日も冷たい雨だったので、BONNIE PINK「冷たい雨」。