TOPに戻る
鬱るんです
躁鬱病の元ITエンジニア「はまー」が心と体の模様を記した雑記帳。 大手IT企業で心身ともにぼろぼろになり退職した後、派遣のエンジニアをやったり小さなIT企業でほそぼそと働いたり、Web制作事業を立ち上げようとしたりしたが、今は就労継続支援B型事業所でリカバリーを頑張っている毎日。

月別アーカイブ: 2009年2月

そして今日の土曜日の日記のはじまりはじまり。

お昼頃までゲームをしていた。調子はいい。昼食後に妻とお出かけ。まずは横浜スカイビルにある眼科に行った。目のアレルギーで目薬を差している。診察無しで目薬だけ処方してもらうこともできるが、3ヶ月に一回は受診してください、と言われていたので3ヶ月ぶりに受診。特に問題なし。視野検査の予約をして次の場所へ移動。

次はそごう6階のそごうミレニアム/セゾンカードのコーナーへ。実は私のAUの携帯、お財布携帯の機能はついているのに今まで利用していなかった。この EZ Felica を使えれば QuickPay も使えるし C-mode も使えるのだが、登録しようとしたら決済に利用できるクレジット会社にVISAがない。クレジット会社はたくさん選択できるのにVISAしかない。これは何らかの大人の事情によるものだろう。

この携帯に機種変したときは、まあいいか、と思っていたのだが、最近コンビニなどでQuickPayが使えるところも多くなってきた。よし、じゃあそれ専用のカードを作るか、ということでどこのカードにしようかいろいろ悩んだ挙げ句、そごうのミレニアムセゾンカードにした。そごうなら東口バス停のすぐそばで、私もときどき紀伊国屋で本を買ったりするのでポイントが溜まる。

というわけでカード申込みの手続きをして、1週間から10日後にカードが送られてきたら、やっとおさいふケータイデビューできるのだ。

その後、ヨドバシへ行って買い物をして、調子もまあいいし、最近歌を歌っていないので「歌いたい!」と思って妻とカラオケへ。2人で2時間歌って帰ってきた。わーい、やっぱ歌うって楽しい。うん、充実した1日だった。

今週も日記を書くのをさぼってしまった。今週を振り返ろう。

月曜日:相変わらず調子が悪くて会社を休んだ。

火曜日:相変わらず調子が悪くて会社を休んだ。

しかし、次の日にはネットワークチームの中期計画を立てる重要なミーティングがある。これには絶対出席しなければいかん。一日でもいい、翼をください。

と言うわけで、断眠療法をやった。先週主治医にもあまりお勧めできないと言われ、自分も体がしんどくなって大変だったが、それを覚悟で断眠決行。

水曜日:断眠療法が成功。10時半には出勤できて、定時まで仕事。

今週は木、金と残っているが、金曜日は締め日なのでタイムシート上司のにサインをもらって派遣会社にFAXしないといけない。だけど金曜日に体が動くかわからん。それで、木、金と有給休暇という形ではじめから休みにすることにして、タイムシートを出した。

木曜日:相変わらず調子は悪いが、午後から復活。午後から会社行けたかも。でもタイムシートを出してしまったから休むのだ。

金曜日:相変わらず午前中は調子が悪く、起きたのは10時頃。頭と体がまともに動き出したのが12時頃。

昼前に派遣会社の担当営業から連絡が入った。

「タイムシートに記入漏れがあります」

うわー、しまったどうしたことやら。上司のサインが一箇所抜けていたのだ。会社へ行って上司に追記してもらってFAXしなおさないといけない。派遣会社は月曜日でもいいと言ったが、月曜日に会社に行けるかどうかわからない。昼過ぎには動ける状態になっていたので、電話で上司が出勤していることを確認して会社へ行った。

会社へ着いて上司に抜けている箇所にサインしてもらい、FAXを再送。普通に締め日にFAXするときはタイムシート専用の番号にダイヤルするのだが、今回みたいに再送するときは、その番号ではなく各支社へFAXしないとけない。いつもの専用ダイヤル番号はショートカットのボタンに登録しているが、今回は電話番号を手打ちで入力してFAX。

FAXの送信完了の表示を見て、念のため支社へ電話してFAXが届いているか確認したら、届いてないという。どこへ消えたの?FAXの送信履歴を見てみる。ああ、番号を間違えている。間違えているのにエラーにならずに送信完了と表示されているということは、間違えた先がこれまた偶然にもFAXだったと思われる。うわー、変なところへ行ってなければいいが。まあ、個人情報は名前と会社名くらいで、あとは日付と時刻が書いてあるだけだから、別にいいや。

その後、会社の最寄り駅まで一緒に来ていて駅前の喫茶店でお茶していた妻と合流して、蒲田へ。大きなサイズの服のコーナーが充実しているという「サカゼン」というお店に行ってみることにしたのだ。石塚英彦がイメージキャラクターのお店である。行ってみると、おおおおおおお、これは品揃えが充実していてダイエーの大きなサイズのコーナーの何倍もある。またウエストが少し膨張してズボンがきつくなっていたので、ズボンとカットソーを買った。値段もリーズナブルであった。これからこの店のお世話になることであろう。横浜にもあればいいのに。

土曜日:朝9時頃起床。そして今これを書いている。なんか会社行けそう。でも土曜日だ。来週はこの状態が続くと、午後からは出勤できそうだ。たとえ3時間でもいいから行けば仕事は進む。プログラミングがメインなので、細切れの時間でも何とかできる。少しでも仕事を進めて、少しでも稼ごう。

今日、明日はゆっくりしようっと。

うーん.....

先週の1週間はむちゃくちゃであった。月曜日以来、日記を更新していなかったのでまとめて書こう。

火曜日:朝起きれず。しんどくて会社は休んだ。日曜夜の断眠療法の効果は月曜しかもたなかった。

水曜日:前日に引き続きしんどい。なんとか午後から会社に行こうとして着替えた。調子が悪いときには着替るだけでも一苦労なのだが、着替えてしまえば機械的に会社に行ってしまえるかと思った。だが着替えるだけで全精力を使い尽くしてしまい、結局会社は休んだ。夜になると元気になったので、性懲りもなく断眠療法にトライ。Wiiストアで1000円で買ったアドベンチャーゲーム「ロストウィンズ」にはまってしまったが、予定通り4時半に仮眠。

木曜日:7時半くらいに起きて、動けそうだったので断眠療法成功か、と思ったのは束の間、体の底からぶるぶると寒気が止まらない。どうやら風邪をひいてしまったようだ。せっかく調子がよくなったかと思ったのに、風邪の症状は治まらず、葛根湯を飲んで寝た。結局この日も会社は休んだ。

金曜日:今までの無理がいっぺんに押し寄せてきたかのように、一日中しんどかった。会社に行ける状態ではなかった。通院日だったので、なんとか夕方家を出て病院に行った。主治医に自分の試してみたことやらなんやら話したが、断眠療法というのは確かに治療法の一つとしてはあるが、あまりお勧めできないとのこと。確かな効果があるんだったら医者は患者を集めて一斉に断眠デーを作ってやっているところだと。それに効果があっても持続しない、というのがネックだし、体への負担が大きいというリスクがあるという。今週はそれを痛感した。これからは無茶はやめておこう。

土曜日:しんどくて一日家にいた。

日曜日:今日も10時前まで寝ていた。調子は悪い。

やはり自然に切り替わるのを待つしかないか。この季節はやはり我慢だ。どの季節でも書いている気はするが。

うーん.......

今回の断眠療法、成功したって言えば成功したのだが、ちょいとミスがあった。朝の仮眠に入るのが遅すぎた。

深夜になって、予定では5時くらいに布団に入って仮眠し、9時くらいに起きて会社に行くつもりだった。しかし、眠らないために始めたネットの無料ゲームにはまってしまい、気がついたら6時半。うわ、調子がいいときなら普通に目が覚めて起きる時間ではないか。とりあえず布団に潜り込んだ。

目が覚めたら10時前。うわ、やっちゃったよ。せめて9時頃だと会社に着くのは10時くらいなので、1時間の遅刻で済むのだが。とりあえず会社に連絡して出勤。そして11時くらいに着いて仕事仕事。

最近はまたもやWebアプリの開発がメインの業務となっている。ネットワーク屋としてのスイッチがなんだかんだ、マルチキャストルータがどーのこーの、てなことは他のメンバー2人にお任せ状態。これじゃいかんとは思いつつ、どばっと1週間とか2週間とか休んでしまうので、自然とこのタスク割り振りになってしまっている。

Webアプリの開発は、現在紙ベースで申請しているものをオンライン化するというタスクであり、明確なマイルストーンは決まっていない。まあ、早くできたら仕事の効率が上がるだろう的なものだ。それで内部改善的なテーマが私に振ってくることとなる。プログラミングをしてお金がもらえるというのは自分にとってはパラダイスなのだが、それでいいのか?まあ、いいのだ。

明日の朝に反動が来ないことを祈りつつ、今日は早めに寝よっと。

さて、なんとかなった金曜日が明けての土日。

玉砕であった。

土曜日は、えっと、そんな昔のことなんか覚えていないがあまり調子はよくなかった。妻が買い物に行ったついでに実家に寄っていて、私もそこで飼っているハムスターを見たくて合流しかったのだが、ちょっと体調がいまいち、ちょっとしんどい、そんな感じでやめておいた。

日曜日、今日。そんな昔のことなか覚えて……………いなかったらやばいな。えっと、午前中も午後も寝てしまった。調子が悪いです。でも夜になると調子は上向きになりました。明日会社に行けるかなあ。ちょっと不安。

と言うことで、性懲りもなくまた現在進行中の「断眠療法」ですだ。即効性を求めるときはこれが有効だということは、自分で実証済み。そして先週は完徹でなく、仮眠を入れるというソフトな断眠療法を自分であみ出してうまくいった。それをもう一度試したい、というのが今回の狙い。

さて、明日は会社に行けるのか?