TOPに戻る
鬱るんです
躁鬱病の元ITエンジニア「はまー」が心と体の模様を記した雑記帳。 大手IT企業で心身ともにぼろぼろになり退職した後、派遣のエンジニアをやったり小さなIT企業でほそぼそと働いたり、Web制作事業を立ち上げようとしたりしたが、今は就労継続支援B型事業所でリカバリーを頑張っている毎日。

月別アーカイブ: 2008年4月

昨日はたっぷり寝て目が覚めた、と思って時計を見たら夜中の2時だった。それからしばらく眠れなかった。でもいつの間にか眠ってしまったようで朝5時半に起床。気分は爽快。メールの返事を書いたり、雑事をしているうちに朝ご飯の時間。朝食はきっちり食べなくては。そして出勤時間までのんびりと朝の時間を過ごす。

会社へ出勤。バスに乗って電車に乗って、そこから先は私の愛車「メタボ(メタリックボディの略である)」に乗ってせっせとペダルを漕ぐ。そして会社に着いたら、せっせと仕事をしつつ仕事もしつつ、仕事をしていた。あ、昼食も食べた。

今日は派遣会社の営業の方が来ていて、私と15分くらい話をした後、上司と話をして帰って行った。私が「ジョギングを始めたら調子がよくなった」というような話をしたら(たった1日の実績なのだが)解決方法が1つ見つかってよかったですね、とのこと。そして軽く雑談した。「何よりも、はまーさんがとてもお元気そうなので、安心しました」と言った。話した内容よりも、私の様子を見て安心したようだ。

横浜でヨドバシに寄ってVIVREに寄って、その帰りに皮膚科に寄ったら、1時間待ち。待ち時間の間に外食で夕食を済ませ、今日はジョギング代わりに皮膚科から走って帰ってきた。きつい。距離は昨日の方が長いのだが、今日は厳しい上り坂。心臓もばくばく音を立てているが、その前に足が痛い。体重を支えるのに必死のようだ。

はあ、どこもかしこもさびついていやがる。筋トレも脳トレもしないといけないなあ。

朝4時半起床。

って早すぎる!なんて極端なんだ、私の体は。4時半に起きてメール読んだりしていたが、まだ昨日の疲れが残っている感じだったので、もう一度寝て6時半に改めて起きた。まだ体がだるい。メールを書いたり、散らかった机の周りを片付けたりしていたら、疲れてしまった。「疲れたら休め」とロシア人は言ったのでまた寝た。結局11時頃まで寝てた。

昼過ぎから妻と出かけて、私は一昨日行ったばかりのタイ古式マッサージにもう一度足を運んだ。ちょっと出費がかさむが、あれですごく楽になったのだ。ちょっと疲れた今こそもう一度、と思って行った。そして体が楽になって家に帰ってきた。

しかし、その後だんだんしんどくなってきた。なぜだろう。ああ、これは神経から来ているやつだな。私のような躁鬱病やうつ病、その他の精神疾患の人は、共通する症状として「疲れやすい」というのがある。しかし、その疲れは本来の疲れでなく、神経からくる疲れである。体が疲れているわけではないのに、脳が「疲れている」と認識してしまっているのだ。

そこでふと、思いついた。

「走ってみよう」

思えば数年前に通っていた精神科デイケア。毎日スポーツばかりやっていた。運動をするのは精神衛生上とてもよい。それをすっかり忘れていた。カウンセラーも主治医も言っていたのに。

そして、何よりも超メダボなこの体。ダイエット、ダイエッター、ダイエッテストしないといけないのに、何もできてない。でも、「走る」という簡単な方法があるではないか。

そして、とりあえず走れば5分くらいで着くであろう近所の割と近い公園まで走り、そこの公園はかなり広いのでぐるっと一周して帰ってこようと思った。

そして私は走り出した。明日に向かって、未来に向かって走り出した。そして5分経ったら…

公園には着かなかった。

あろうことか、道を間違えていた。どうも私の人生、道に迷うことが多い。

そしてもう一つ愕然としたことが。それは、

5分が限界だったのだ。それ以上走れなかった。こんなにも自分の体力が衰えているとは思わなかった。

そこから道を軌道修正し、歩いたり少し早足になったり軽く走ってみて、また歩いたり、という感じでなんとか公園の入口まで行き、公園には入らずにそのまま帰ってきた。所要時間は20分だった。

そして、帰ってきてシャワーを浴びた後の爽快感!神経の疲れはすっかりとれていて、とても元気になっていた。ああ、こんなに気分が晴れ晴れするなんて!

これからも1日20分、自分のペースで走るなり歩くなりしよう。これが次なる再発を食い止めてくれて、さらに体重を減らしてくれることを期待して。

3週間ぶりに出勤し、仕事をして帰ってきた。おニュー(死語?)のPCが届いていて、大量のメールに目を通しつつ、FreeBSDのインストールとかして、なんだかんだやって帰ってきた。たいした仕事はなかったが、疲れた。やはりいろいろと衰えているようだ。じょじょに慣らしていこう。無理はしないように、と。

それにしても今日は休みのメンバーが多かった。無理もないか。連続した休暇を取りにくい今年のゴールデンウィークだが、今日休めば4連休になる。私はいったい何連休していたのだろうか。ああ、数えたくもない。

今度こそこの調子をキープできますように。

お〜久しぶりだs。やっとトンネルから抜けたっぽい。朝6時に目覚め、元気に動ける。ありがたやありがたや。

3日前から日記をさぼってしまった。単に忘れていただけ、というかまあ、あまり書くことがなかったから、と言った方がいいかもしれない。思い出しながら書いてみよう。

金曜日は、昼頃なんとか会社に行けるかも、と思ったが、「やっぱ無理かも」と思ってやめた。夕方に通院。まだ調子がよくならないことを主治医に話すと、また難しい顔。今度は薬を1つ減らすことになった。

土曜日。1日引きこもり。調子はあまり悪くはなかったような気がするが、午前か午後か寝てしまったような気がする。

日曜日。午前中はつらくて寝ていた。しかし、昼過ぎになんとか回復。実は、以前見かけて行ってみたいところがあったのだ。それは「タイ古式マッサージ」である。とある大きな商店街で見つけたその看板。一度やってもらったことがあって、すごく気持ちがいいのだ。いわゆる「手もみ」とか「指圧」などと違って、体のあちこちをマッサージ師がいろんな体勢で体重をかけて踏んだり揉んだり、それからプロレスの技をかけられているようなごとく、「自分ではそんなところ伸ばせへんがな」という筋肉をぎゅ〜っと引っ張ってくれる。

マッサージが終わったらかなり疲れが取れていた。ちょっと不便な場所であるが、とても気に入ったので、これからも調子が悪くなったら行ってみよう。

今日は珍しく6時半に目が覚めた。と言うか、目が覚めて時計を見たら6時半だった。あ、同じか。一瞬「躁転か好転したか?」と思ったが、あまり元気がない。どうも違うようだ。しかし、起きて動くことはできた。しんどいときは、起き上がることもできないが、起きてしまえば徐々にペースがあがってくることもある。

そう思って起きて朝食を食べたり新聞を読んだり、録画していたテレビ番組を覧ていたら…、

疲れた。

8時過ぎにはもう一度布団に潜り込んで、昼まで寝てしまった。午後もしんどくて横になっている時間が多かった。

まだまだ、だめだめである。

いったい、いつになったらあがってくるのか。明日は通院日だ。先週追加された薬も今のところ効いている様子はない。主治医は次はどういう手を打ってくるのだろう。