TOPに戻る
鬱るんです
躁鬱病の元ITエンジニア「はまー」が心と体の模様を記した雑記帳。 大手IT企業で心身ともにぼろぼろになり退職した後、派遣のエンジニアをやったり小さなIT企業でほそぼそと働いたり、Web制作事業を立ち上げようとしたりしたが、今は就労継続支援B型事業所でリカバリーを頑張っている毎日。

月別アーカイブ: 2007年7月

昨日はやっと一連のトラブルの「中期的には効果のある」対応ができた。しかしそれにしても苦戦した。

そもそもの発端は、私の前任者がいろいろなものを試してみるためのFreeBSDのサーバに、IDSで検知したalertとか、チーム内でのテーマ管理システムを全部同じMySQLの中に作ってしまい、そのままずるずると運用してきたことだ。そのDBに割り当てられたディスク領域が、たった15GBしかなかったのだ。

昨日SEさんが、余ってるHDDがあって、容量は80GBというので、それを増設してもらい、マウントしてMysQLのデータをそちらに移した。これで当面は大丈夫だろう。しかし苦労した。BSDはユーザとして使った経験はあるが、この辺のレベルからやったことはないので、やり方がわからなかったのだ。HP-UXだとSAMとかあったのだが、結局いろいろ教えてもらってmountできた。しかしまあ、うちの会社で動いているサーバはほとんどFreeBSDである。BSDの勉強をしなくては。

しかし、まだまだ課題はある。容量がでかくなったから安心とは言え、まだ古いデータを引き落とすような運用はない。そういうものをちゃんと作り込まないと、そのうちまた溢れる。それから、緊急避難的にDBのトランザクションログの出力を止めてしまったのだが、そうすると障害時に復旧できなくなる。毎日夜中にcronでMySQLのデータはテープにバックアップしているので、その時点でそれまでのトランザクションログは不要になるので、そこで削除すればいい。その日に何か障害があっても、バックアップ以降のトランザクションログがあればロールフォワードができる。

てなことで、まだまだ課題は山積みであるが、これって私の仕事のメインなことではないんだよなあ。あ、ユーザから依頼が来ていたDMZへのサーバ設置、グローバルIP申請書を書いて本部に送らなければ。監査のための準備もしないといけない。WLCでVLANが16個までしか登録できない件の打ち合わせ、業者と日程調整もしないといけないのに、昨日は忘れていたよ。楽しいことがあったから。

楽しいこととは、PCが2台増えたのだ。今までノートPC2台で苦労していたのだが、DELLのPCがやっと来た。これをメインマシンとして使うのだ。20インチの大画面。IDSのモニタリング画面がきっちり収まる。それから同じチームの人が、あまっているキューブPCをくれた。こいつはUNIX環境が手元にほしいと思っていたから、ちょうどいい、勉強用にFreeBSDを入れてみよう。

これでみんなと同じくPC4台構成になった。1つはメインマシン、1つはネットワーク管理用(つなぐLANが違う)、1つはファイやウォール管理用(これもつなぐLANが違う)、もう1つはUNIX環境である。いちいちつなぎ変えをしなくてもすむ。

今日も2時間残業。バスの中でこれを書いてる。でも一連のトラブルはひとまずこれで一段落して、これで後は根本的な対策をゆっくりすればいい。

あまり疲れは感じないが、疲れはたまっているはずだ。今日も疲れをとりながら帰ろう。

昨日は21時半頃帰ってきたのだが、実は仕事が終わった後もそんなに疲れは感じてなかった。しかし、気合いが入っていたので疲れを感じてないだけで、本当は疲れているんだろう、と思って帰ってくる電車の中でも腹式呼吸をしたりできる範囲でストレッチをしたりした。帰宅したときにも疲れは感じてなかった。

しかしまあ、油断は禁物。急いで夕飯を食べて風呂に入って、リラックス体操をして寝た。22時半くらいに寝たのだが、また昨日も寝つきが悪い。追加眠剤は飲まなかったが、多分23時は過ぎていたかと思う。

夜中は2時半頃に暑くて眼が覚めた。エアコンのタイマーが切れて、あっという間に暑くなってしまった。私は暑いのはだめなのだ。もう一度タイマーをかけてエアコンを入れ、再び寝た。朝は6時20分に起床。少し起きるのが億劫だったが、ゴミを出しがてら外に出て太陽の光を浴び、う〜んと伸びをして深呼吸を繰り返したら元気が出てきた。

今日も一日、無理をしないように適当にがんばるべ。

昨日はまたまたトラブルだった。この前のトラブルの暫定対応が甘かった。ディスクが溢れていたのをなんとか減らしたのだが、それでもあっというまに溢れてしまったのだ。

そもそもネットワークチームは3人。サーバチームをあわせても5人。私の前任者はものすごく優秀な人だったらしく、その人が一人で構築して一人で面倒をみていたものがたくさんある。そんな人の後任となってしまった今、とにかく調べまくりである。

けっこうドキュメントは残している人だったが、基礎的な知識がないことにはどうにもならない。昨日の場合、MySQLがバイナリログというトランザクションログを大量に吐き出しているのが原因だ、というところまではわかったが、消していいのか、消すにはどうやったらいいのか、そもそも毎晩exportしてバックアップをとっているから、このログは出さなくてもいいのだが、出さなくするにはどう設定を変えればいいのか。

それらをネットで必死に調べて、なんとか見つけたもののMySQLの管理者ユーザのユーザ名/パスワードがわからず手が出ない。知っていそうな人はみんな帰ってしまっていた。

一緒に調べていたもう一人の人が、exportしたバックアップのディレクトリをとりあえず他に移したらいいんじゃない?と言われ、ああそうかと思って空いているディスクにmvしてシンボリックリンクを張っておいた。無事ディスクの空き容量がだいぶ増えた。そしてとりあえずMySQLのコンフィギュレーションファイルを修正してバイナリログを出さないようにし、MySQLのサービスを再起動して帰ってきた。

家に帰ってきて、本当にバイナリログが増えてないか、タイムスタンプを確認したくなって、会社にVPNで接続しようとしたら、何回パスコードを入れても認証が通らない。そして何回か続けて間違えたのでロックアウトされてしまった。そして気がついたら、必死に打ち込んでいたトークンの数字、そのトークンはジャパンネット銀行のものであった。うわ〜ん紛らわしいんだよ〜。しかたがない、今日ロックを解除してもらおう。

ただいま20:30。やっと帰りのバスに乗ったところ。またトラブって大変だった。暫定対応が甘かった。

疲れたけど、体を緩めて腹式呼吸をして、疲れをとりながら帰ろう。