TOPに戻る
鬱るんです
躁鬱病の元ITエンジニア「はまー」が心と体の模様を記した雑記帳。 大手IT企業で心身ともにぼろぼろになり退職した後、派遣のエンジニアをやったり小さなIT企業でほそぼそと働いたり、Web制作事業を立ち上げようとしたりしたが、今は就労継続支援B型事業所でリカバリーを頑張っている毎日。

昨日は21時半に寝たのだが、またもや眠れない。なんで眠れないのかなあ。1時間近く経ってから起きてきて、コーンフレークを食べてしまった。あかんやん、食欲を抑えるために追加したトピナが効いてないのか。そのままPCを起動したりLINEを読んだりしていた。自分が泊まる宿なんて高くても1万5千円くらいだったのに、みんなたいがい金持ってるしなあ、となんだか置いてきぼりをくらったような気がする。お金はなくてもないなりに生きてはいけるが、あればあったなりに生活が潤うのは事実である。ブログの記事を書いて寝た。

朝は7時の目覚ましを止めて起きようとしたが動けず。7時半になって、なんとか起きようと半身を起こしたが、そこで力尽きてまた横になり、7時50分になんとか力を振り絞って起きた。朝起きるのが途方もなくつらい。

8時45分になるのを待って区役所に電話。障害者手帳を今日更新手続きに行っていいか聞いたら「どうぞどうぞ」と言うので、今日行くことに。続いて市役所の人事課に電話。応募要項には受験票に「郵便番号、住所、氏名のみ記入」と書いているのに、チェック表では「受験区分は記入しましたか」と書いてある件について尋ねたら、「採用選考申込書にも区分を書く欄がありますが、受験票にも書いてください」とのこと。まあそうだと思ったけど、矛盾しているんだけど、と指摘したら少し慌ててたな。他に問い合わせた人いなかったのだろうか。

今日はなんとか作業所に出勤。行ったら工賃をくれた。おお、そう言えば今日は給料日だったか。でも私は先月は2日しか出勤してないし、残念。と思って中を見たらなんかやたら多い。ああまた事務が間違えやがったと思ってボスに言った。明細には出勤日数に「2」と書いてあるのに支給額は半月以上行ったことになってある。ボスも「全くもう」とぷりぷりしていて、「ちょっと事務に一言言ってくる」とのこと。

今日の作業はもうお馴染みとなったいつもの封入。黙々と作業をしてたら、第一作業所に私の工賃明細の件を確認しに行っていたボスが戻ってきた。結論としては、工賃の額は間違ってないとのこと。そうなのか?詳しくは今日の終業後に第1に行って所長に聞いてくれとのこと。

今日のお昼ごはん。ローソンの大盛冷しぶっかけそば。おそば大好き。

大盛冷しぶっかけそば

おやじみたいで乙女みたいな性格のメンバーが今度は紫陽花を持ってきた。ついでにまたクリスマスプレゼントを持ってきたと言ってコナンのグッズを持っていた。この前も抱き枕を持ってきてたけど。意味がわからない。

紫陽花

終業後に第1作業所に行って改めて工賃のことについて所長に確認したら、このコロナ騒ぎでうちの作業所も来たい人は来てもよかったが、来るのが怖い人は来なくてもよいことになっていた。自分の都合で来れないわけではないので、職員もそうだが利用者も休業補償が認められており、休んでいたメンバーに関しては昨年度の実績が云々とかいろいろあって、結局4月分と同じ給料を5月分として支給しました、ということだった。

まあ、そういうことならありがたくいただくが、休んでマンガを読んでいた私が出勤して仕事をしていた他のメンバーと同じ給料をもらっていいのだろうか。なぜボスが把握していなかったか。先月所長がボスに説明したらしいが、今月もその対応をとるというのをどうやらボスが忘れていたようだ。なぜ忘れていたか。それはうちに関してはコロナで休んでいたのが私ひとりだったからだと思う。みんなツワモノだなあ。

それからちょうどいい機会だから所長と焼肉の企画の話をした。所長は、第1のメンバーは第2、第3とは別にやると言う。所長は今回のコロナ禍に関してかなり慎重で、横浜ではかなり沈静化していて1日の新規感染者数は0か1という日が続いているが、万が一お店でクラスターが発生したら、第1から第3作業所まで全てのメンバーや職員が共倒れになる可能性があるので、それをリスク分散したいという。被害の局所化という面では妥当な判断だろう。

それから第1のメンバーはかなりセンシティブな人が多く、コロナに対してはまだかなり恐怖心を抱いていて、東京に近い区から来ている人は東京アラートが怖いだとか、まだステイホームで出てこないメンバーもいるという。そういう中で「こういうイベントやります」というのは、第1としてはまだ時期尚早ということらしい。

というわけで第2と第3(第3は少数)は、それはそれで話を進めてください、ということでお金の交渉をし、自己負担1,000円、作業所からの補助3,000円という満額回答を引き出して妥結。

その後は区役所に行って期限の切れた障害者手帳に新しい有効期限の日付をスタンプしてもらい・・・と思ったら手書きだった。手書きなんて今まであったっけ?なぜかしら。未だに「令和」のスタンプがない?まさか。まあいいや。その後歩いて帰ってきたが、暑くて頭の中がどろどろになりそうである。月曜日からこんな調子で大丈夫かいな。作業所の中でマスクをして作業していたら苦しくて気が遠くなりそうになるのは、湿度が高いせいかなあ。早く解放されたいよう。

これで横浜市への応募書類が揃ったので、最終チェック。ちゃんとチェックリストがついているので、ひとつずつチェックしていく。え~と、

「午齢は令和3年4月1日時点で記入してありますか」

ん?

「午齢は令和3年4月1日時点で記入してありますか」

ん?

令和3年4月1日」

ん?

「令和3年」

しまったーーー!!!!

今の年齢を記入してしまった。履歴書と採用選考申込書、あわせて3ページ。えっと、なんとかごまかせないかな。えっと。50歳を51歳にすればいいから、+1とか書いておけばいいか、それとも0を強引にぶっとい1に・・・。

無理である。無駄である。全部書き直しである。書き直したのである。ひいひい言いながら書き直したのである。もう手書きなんでやだ。写真が4枚あって助かった。ぎりぎり足りた。

なんとか書き直して最終チェックを終えた。明日郵便局に持って行こう。


コメントする

メールアドレスは公開されません