TOPに戻る
鬱るんです
躁鬱病の元ITエンジニア「はまー」が心と体の模様を記した雑記帳。 大手IT企業で心身ともにぼろぼろになり退職した後、派遣のエンジニアをやったり小さなIT企業でほそぼそと働いたり、Web制作事業を立ち上げようとしたりしたが、今は就労継続支援B型事業所でリカバリーを頑張っている毎日。

やはり何度も目が覚める。6:00まで寝ていたが、寝ているのか起きているのかわからない状態。自分ではもう目が覚めているような気がするが、夢は見ている。起きていて空想しているようだが、内容はわけがわからず脈絡はなく、浅い眠りの夢だ。何度も目が覚めたが、ある程度はぐっすり寝ていたのだろうか。

元気がない。疲れがとれていない。朝食後もずっと寝ていた。眠っていた。作業棟へは今日は行かないでいいや、そう思って寝ていたが、9:30頃起きあがり、やはり行こうと思って着替え、作業棟へ行った。

作業棟で体力トレーニングをやったが、その後やはりやる気がなくて、一般トレーニングはやらずに戻ってきた。鬱状態、不安定とまではいかないが、元気がない。気力がない。ハーブティーをいれて飲んだり、ホールを徘徊したりした後、ベッドで「よい依存、悪い依存」の続きを読み出した。あまり頭に入らない。

看護婦から呼び出しがかかり、今日のカウンセリングが10:30からに変更になったのを知らせ忘れていたので、すぐに行ってくださいという。時計を見ると10:35だった。まあ、この病院ではよくあることだ。フリースをはおってすぐに行った。

カウンセリングでは、半年を過ぎて焦りが出ていること、Iさんが退院する前の不安そうな顔を見てから自分も不安になってきたことなどを話した。趣味に関してもいろんな面で勝手に世話役をやっているのを、自分の共依存的な面かもしれない、という話をした。みんなに頼られることに自分は依存しているのではないか、自分の存在価値を無理矢理作り出しているのではないか。昨日帰ってくる途中で寝てしまって電車を乗り過ごしたことも話して、今回の外泊では自分でコントロールできたつもりで、疲れはたまってないと思っていたのに、後からどっと出てきて、疲れが自分にたまっていることが自覚できていなかったことにショックを受けたことも話した。今日不安定なのはそのせいかもしれない。それも話をした。いつになったら自分は変わるのか。少しずつ変わっては来ているのだろう。Kさんは私が変わったと言っていた。カウンセラーも半年いて変わってきてるはずだ、と言った。


コメントする

メールアドレスは公開されません