TOPに戻る
鬱るんです
躁鬱病の元ITエンジニア「はまー」が心と体の模様を記した雑記帳。 大手IT企業で心身ともにぼろぼろになり退職した後、派遣のエンジニアをやったり小さなIT企業でほそぼそと働いたり、Web制作事業を立ち上げようとしたりしたが、今は就労継続支援B型事業所でリカバリーを頑張っている毎日。

月別アーカイブ: 2007年11月

今日も元気に6時半に起床。快調快調副会長。ああ、書いてて意味不明。今日はお空がご機嫌斜め。チャリで行って大丈夫かなあ、と思いつつ、駅から会社までチャリをこぐ。やっぱり本物の自転車はいいよなあ、景色が変わるから。ジムでエアロバイクを漕いでても、なかなか前に進まないし、景色もあまり変わらなくて、まるで罰ゲームのようだ。

仕事はそんなにたまってないので、今作っているプログラムの続きを作る。テーブルの構造を変えたから、いったん作ったプログラムにいろいろ手を入れて、テストもしなおしているのだ。そんなこんなしていると、またもやP2P検出。居室を特定し、今日もGメン出動!行ってみると、また外国人だった。なんでかな〜。

It’s prohibited to use any file sharing softwares in this Laboratry. Please uninstall it.

何回言ったかなあ。ユーザの言い訳を聞きつつ会話していると、英会話の練習になって、それはそれでいいのだが。

そんなこんなしてるうちに、定時が迫ってきた。やばい、ここの部分は今日中に済ませたかったのに。別に期限が決まっているわけでもないが、自分で目安としていた。今日は通院だから残業はできないし、よし頑張るべ!

と思ったが、こんなところで頑張ってどうする、という気がしてきた。ようやく仕事中に自分で自分の首を絞めている、ということに気がついた。いくら人に言われても、後から自分で思っても、実際にその場その時に自分で気がつかないと、本当にわかったことにはならない。

そう思ったら、とても肩の荷が下りた気がした。もともと肩の荷なんて、そんなたいしたものはなかったのだ。私が自分で作り上げた虚像だったのだ。そしてふとこんな言葉が頭に浮かんだ。

頑張ってたまるか。

自分の座右の銘その32くらいに入れておこう。

今日は6時20分起床。今日も目覚めはいい。予報通り今日は寒い。でも雨は降ってない。降るのかなあ、降らないのかなあ。自転車で行って大丈夫かなあ。

と書いたのは朝起きたとき。やはり雨が心配なので今日はバスで行ったのだが、結局雨は降らなかった。まあ、逆よりはましか。でもバス代を損したよ。

今日はプログラミングにのめりこんでしまい、19時くらいまで残業してしまった。自分の身は自分で守らないといけない、と何度同じことを書いても、仕事をしているときはのりのりで、もう時間を忘れて没頭してしまう。気がついたら何時間も経ってるのだ。

明日は通院だから、何が何でも定時に帰らないといけない。が、派遣社員の私は上司にサインをもらってタイムシートをFAXしないといけない。「病院、病院」と慌ててタイムシートの方を忘れそうだ。気をつけよう。

今日は6時半起床。うん、いい感じである。ゴミを出して朝飯食って新聞読んで、え〜とやることがなくて暇だったからいつもより早く家を出た。そうしたら定時の30分近く早く着いてしまった。

そして仕事をがしがしこなす。チャリ通勤も気持ちいい。今日はいろいろやったなあ。またP2Pを検出してGメン出動。MACアドレスからPCを特定し、居室に向かう。通信履歴としては、夜間にアメリカのケーブルテレビ会社が所有するIPアドレスに、3分おきに何かのパケットを送っていて、それをセキュリティ監視業者がP2Pと判断してAlertを出してきた。確かにハイポートどうしでずっと通信しているが、P2Pには見えない。

しかし、そのPCからそういうパケットが出ているのはファイアウォールのログから明らかなのだ。念のためいろいろPCを調べさせてもらったが、一見して怪しそうなものは入ってないし、入れた覚えもないとユーザは言う。スパイウェアの類が入ってしまったか?ユーザにスパイウェアの検出ソフトを使って調べてみてもらうようにお願いする。

あと何やったかなあ。Webアプリのインタフェースにだめ出しを食らったので、テーブルから作り直して、初期データをINSERTするSQLスクリプトも作り直して、プログラムに手を加えてテストして。

そんなことしていると「無線LANが使えなくなりました」という英語をしゃべる中国人がやってきた。日本語は通じない。しかも持ってきたノートPCはマック。うわ〜、マックのことはよく知らないよ〜、無線LANも802.1Xという認証の設定をしないといけないが、それも自分自身マニュアルを見ながらでないとできない。

いろいろやってみたが、設定はできて無線通信はできるのに、PCをリブートしたらその設定が消えてしまうのだ。うんうんうなっていると、他のメンバーがGoogleで検索して、どうやらマックのバグらしく、AirMacに登録されている無線のエントリーを全ていったん削除して、設定し直したらいいとの情報をくれた。

その通りやってみたら、再起動しても設定は消えなくなった。しかし、無線はオンになっているがネットワークに接続していないと出る。いろいろ設定をいじっていたら、アクセスポイントが見つからなかったら自動的に前のアクセスポイントに接続にいく、という設定をオンにしたらつながった。うちのアクセスポイントは全部ステルスにしているのだ。

なんだかんだやっていたら、すっかり遅くなってしまった。明日は雨が降って寒いらしい。チャリ通勤はお休みだな。

今日も6時20分起床。6時過ぎに目は覚めていたが、まだ早いべ、と思って布団の中で粘っていた。今日はちと寒い。でも寒いのはバス停まで。バスに乗って電車に乗って、そこからはチャリで会社へ。寒いといっても今くらいがちょうどいい。10分のチャリ漕ぎもちょうどよく思えてきた。

今日も仕事をたんたんとこなす。昨日、ちょっと無理難題な要望を出してきたユーザと打ち合わせ。そうすると、相手は私なんかよりもずっとコンピュータやネットワークに詳しい。研究所の現場でこんな人もいるんだなあ。でも無理なものは無理。うちの研究所では、そういうことはポリシー的にできないことになっている。代替案を提示すると、やっぱそれしかないですか、とのこと。詳しい人だから、無理だとわかりつつダメモトで要望を出して来たようだ。

プログラミングの方は、ずっと悩んでいたところが解決したものの、ユーザインタフェースでNさんから「ここはこうした方がいいんじゃない?」と言われ、なるほどそれはその通りだ、ユーザの立場から見るとそうだよなあ。と思って手を加えようとしたところ、テーブル設計から見直さないといけないことになった。う〜ん、かなりの部分に手が加わることになる、のかな?今日は時間切れで、それは明日のお楽しみ。

今日は6時20分に目が覚めた。よし、目覚ましに勝ったぞ。自然にこの時間に目が覚めるのは調子のいい証拠。昨日までの疲れは残っていない。

さて、今日からチャリ通勤。いつもと同じ時間に家を出て、途中電車が急停車して数分間停止したものの、会社にはいつもと同じ時間に着いた。まだそんなに寒くもないので、チャリを漕ぐ10分が気持ちいい。会社に着いたらちょっと暑かった。

仕事はさくさく進むが、今日は15時から18時過ぎまでミーティング。ミーティングというか、ネットワーク関連会社にいろいろな製品をデモしてもらった。ネットワーク機器のスループットを測定する製品だとか、物理層レベルでケーブルの信号強度がわかる機械だとか、、無線LANの電波を探して強度をグラフで見せてくれるとか、う〜ん、ここで書いてもいまいち伝わりにくいか。

そしてチャリを漕いで駅まで帰ってきて、電車とバスで帰ってきた。自転車を漕ぐと暑いよ。家に帰るまでマフラーとフリースは脱いだままでちょうどよかった。電車から降りて階段を下りようとしたときに、一瞬膝がかくんとなりそうになった。危ない危ない。どうやらだいぶ脚力も弱っているようだ。

家に帰ってきたら、いつもより肩が凝ってない。おお、自転車効果か?明日からもこれを続けて、体力をつけて体重を減らすのだ。