TOPに戻る
鬱るんです
躁鬱病の元ITエンジニア「はまー」が心と体の模様を記した雑記帳。 大手IT企業で心身ともにぼろぼろになり退職した後、派遣のエンジニアをやったり小さなIT企業でほそぼそと働いたり、Web制作事業を立ち上げようとしたりしたが、今は就労継続支援B型事業所でリカバリーを頑張っている毎日。

日別アーカイブ:2005年7月12日

昨日は23時40分くらいに就寝。ちょっと遅くなってしまった。病院から帰ってきたのが21時頃だったので、そこから夕食を食べたり何だかんだやっているうちに遅くなってしまったのだ。何だかんだ、と言うか日記を書いていた時間が長い。書きたいことがあっても、そこはうまく調節しないといかんなあ。毎晩寝るときに「明日ちゃんと起きれるだろうか」と言うのが不安になる。

そして今朝は6時45分に起床。朝方何回か目が覚めた記憶があるが、寝付きはよかったと思う。気分は安定していて、疲れは残ってないようだ。

3日前にセブンアンドワイで注文した本はまだかな、どうなっただろう。そう思って注文内容確認のサイトを覗いたら、なんと「注文取り消し」になっていて、「大変申し訳ございません。在庫の欠品が発生し、商品を確保することができませんでした。誠に勝手ながらご注文をお取り消しとさせていただきます。」と書いてある。おいこら、それならメールで知らせなさい。在庫切れはしがたがないとして、一方的にキャンセル扱いにして、それをメールでも知らせないというのはどういうことだ。Webで確認して初めてわかる、というのはひどいんではないか。という内容をアンケート欄があったので、そこから送った。もう、ぷんぷん(byさとう珠緒)

しかし、それを送信した後にセブンアンドワイから「ご注文手配できませんでした」というメールが来た。あらあら人生すれ違い。タイムスタンプを見ると8時ちょうど。そういう仕様になっていたのだね。夜間バッチでDB更新を行い、注文取り消しの場合は8時にその旨をメールで送信するというシステムだったのだろう。

ないものはしかたがないので、Amazonで同じ物を注文した。Amazonも便利なのだが、やはり宅配だと家にいないといけない(宅配ボックスはうちのマンションにはない)し、セブンアンドワイなら値段に関わらずセブンイレブンで受け取ると送料が無料なので、比較的安い本だったからそっちで注文したのだが、タイミングが悪かった。Amazonだと1500円以上買わないと送料が無料にならないので、ついでにもう一冊本を注文した。なんだかまんまと策にはめられているような気もしないでもない。でも1500円ぎりぎりの注文では、Amazonもそんなに儲けはないだろうから、おあいこだろうか。何がおあいこなのかよくわからんが。

そして会社から帰ってきてメールを開くと、Amazonから「発送しました」のメールが来ている。15:24のタイムスタンプだ。早い。早いぞAmazon。やはり最近のBtoCはこれくらいのスピードでないと生き残っていけないのではないだろうか。