TOPに戻る
鬱るんです
躁鬱病の元ITエンジニア「はまー」が心と体の模様を記した雑記帳。 大手IT企業で心身ともにぼろぼろになり退職した後、派遣のエンジニアをやったり小さなIT企業でほそぼそと働いたり、Web制作事業を立ち上げようとしたりしたが、今は就労継続支援B型事業所でリカバリーを頑張っている毎日。

昨日は21時40分に寝たのだが、眠れなかった。2日連続でよく眠れたのに、どうも不安定だな。30分以上経っても眠れないのでいったん起きて、牛乳を飲んでチーズを食べた。そしてPCを起動して、なぜか忘れたがマイナポイントについてあれこれやってしまい、ひととおり終わったら23時。何やってんだかなあ、もう。

それから寝たのだが朝はばてばてで起きれない。9時になってなんとか作業所に欠勤連絡を入れた。昨日の午後くらいからだいぶ疲れを感じていて、その時は体が暑さに慣れてなくてばてていると思っていたのだが、いやまあそれは事実だが、それだけでなく大阪に行った疲れが遅れてやってきたのもあるのだと思う。私は疲れが遅れて出てくる。それを意識して行動しなければ。

朝はちょっとPCに向かっていたのだが、しんどくて横になった。LINEがキンコンキンコン鳴る。兄弟LINEで、弟が家の名義変更をするのに相続放棄の通知書の原本が必要だと言われた、とのこと。ん?通知書の原本?私が相続放棄の手続きをしたとき、通知書というのは1通しかなくて、相続放棄をした証拠としてその原本を出すことはまずなく、それとは別に裁判所に請求したら相続放棄の証明書を何通でも取得できるので、「通知書のコピー」または「証明書の原本またはコピー」を求められることが多い、と説明された。証明書は必要ですか、と聞かれたので、その時は債権者から提示を求められるかもしれないと思って3通お願いしておいた。

で、その旨を弟に伝えて、本当に通知書の原本が必要なのか司法書士に確認してもらったら、通知書でも証明書でもどっちでもいいけど、とにかく原本が必要だという。書類はあとで返却されるということだが、他の手続で通知書の原本が必要となることはまあないとのこと。まあないことがここで必要とされるのはなぜだろう。まあいいや、兄は通知書が来たからそれを渡すと書いてあった。兄と上の弟は結局自分で相続放棄の手続きをやったようだ。私は司法書士に丸投げしたが、確かにこれだけの手続きなら自分でもできた。しかしあの時はかなり焦っていて精神的余裕がまるでなかったし、「何か不備があったらどうしよう」と冷や冷やしながら過ごすことを考えたら、安心を買ったと思えばいい。

12時半くらいまで横になっていて、起きて昼食を食べた。頭も体も重いし未だに腰も痛い。そして横浜市の障害者募集の書類を前にうんうん唸り、友達とLINEをしたりだらだらと昼にアップした記事を2本書いて、また横になったら今日は終わった。だめだ、今日は頭がまわってない。今週末にでもさっさと書類を書いて写真を撮って応募書類を送ろう。

今日は体がしんどかったが、明日は大丈夫だろうか。正直言って、今みたいな体調だと週30時間は絶対にきついとわかっているのだが、来年の4月までにどれくらいのレベルまでもっていけるだろうか。


コメントする

メールアドレスは公開されません