TOPに戻る
鬱るんです
躁鬱病の元ITエンジニア「はまー」が心と体の模様を記した雑記帳。 大手IT企業で心身ともにぼろぼろになり退職した後、派遣のエンジニアをやったり小さなIT企業でほそぼそと働いたり、Web制作事業を立ち上げようとしたりしたが、今は就労継続支援B型事業所でリカバリーを頑張っている毎日。

昨日は22時半に寝た。昨日は良く眠れた。朝7時の目覚ましが鳴って、今日こそは早く起きなければ、と思って起きようとしたが動けない。その後何度も起きようとしたが、どうしても体が動かずに、8時10分になってやっと起きた。どうして動けないのかなあ。

朝9時に出て、久しぶりに作業所へ。と言っても仕事をしに行ったわけではない。工賃支払日なので取りに行った。別に1万円にも満たない工賃がないと食っていけないわけではないので今日もらわなくてもかまわないのだが、ちょっと気晴らしに顔を出してみた。障害福祉サービス受給者証も新しいのが来てたのでコピーを取ってもらう必要があったし。

行ってみたらみんな普通に来ていた。警戒して来ない人は他にも2人いるが、もともと週に2回半日だけの人と、気まぐれに月に2~3回くるメンバーだけなので、ほぼフルメンバーが来ている。いつまで休むの?と聞かれたので、緊急事態宣言が終わるまでと言っておいた。いつ終わるんだろう。21日という話もあるが、そこで解除されても月末までは様子を見たほうがいいような気がする。工賃をもらったら少し多かった。コロナのため、ちょっと割増になっているとか。明細を見たら「調整手当」というのがついているが、どういう計算でこうなったのか。まあいいや、くれるものはもらっておこう。

というわけで工賃をもらって少し話をしてさっさと帰ってきた。

昼過ぎに妻が掃除機をかけるのを手伝っていたのだが、うちはなぜか物が多く、いちいちどかすのが大変。入居したときには広々としてたのに、なんでこんなに物が増えたんだろ。断捨離したらもっと減りそうだが、でも何を捨てればいいかわからない、というかふたりともやる気ゼロ。

スピーカーが壊れた古い17インチのテレビがあって、さすがにそれは捨てようか、という話になった。前のアパートに住んでいたとき、それまで使っていた14インチのブラウン管のテレビから買い替えたものである。今のテレビと違って液晶のくせに分厚くて重い。それが壊れて音が出なくなったが、ヘッドホンでは音が聞けるので、今使っている新しいテレビが壊れたときのためにとっておいた。でもいい加減じゃまだし、テレビくらいすぐに買い替えられるだろうと思って処分することにした。

ところでテレビは家電リサイクル対象である。普通に粗大ごみでは出せない。とりあえずどうしたらいいのかな。まずは買ったお店に引き取ってもらうのが原則なので、ヨドバシに電話してみた。テレビコーナーに行って家電リサイクルの手続きをして、お金を払っていつ引き取りに来てもらうか決めて、とかやらないといけないらしい。行かないといけないのか~。電話とかネットで手続きできないのか。直接お持ち込みいただければその場で引き取ります、と言われたが車はないし。めんどうだが今度行くことにするか。

ということで、今日はのんびりまた「ONE PIECE」を読んでいたのであった。

ONE PIECE


コメントする

メールアドレスは公開されません