TOPに戻る
鬱るんです
躁鬱病の元ITエンジニア「はまー」が心と体の模様を記した雑記帳。 大手IT企業で心身ともにぼろぼろになり退職した後、派遣のエンジニアをやったり小さなIT企業でほそぼそと働いたり、Web制作事業を立ち上げようとしたりしたが、今は就労継続支援B型事業所でリカバリーを頑張っている毎日。

朝9時過ぎに起床。昨日の疲れが残っていたが、神経からくる疲れではなく、単なる疲労。ゆっくり休む。

昼過ぎ、妻の実家におじゃま。久しぶりに義姉と会って話せた。義姉は平日休みのため、すれ違いになってなかなか会えなかった。飲食店で働いているため、正月でも休めない。サービス業は大変だ。

夕方、耳鼻科へ。数日前から鼻がつまって苦しい。アトピーも軽い喘息も持っている私は、アレルギー性鼻炎にも昔から悩まされてきた。特に合唱活動をやっていたときには、練習時や本番時の鼻づまりは大変困る。いつも点鼻薬を持ち歩いていた。

合唱活動を休止したら、なぜか鼻炎はなくなった。歌うときに鼻でブレスをするから、余計に埃を吸い込んでいたのだろうか。アレルギー血液検査を10年以上やってなかったので、検査してもらった。前回はIgEが14,000というわけのわからない数値だったのだが、10年以上経った今では体質は少しは変わっているだろうか。ちなみにIgEの基準値は170以下。

その後、内科に血液検査の結果を聞きに行った。先週の金曜日に採血して、結果は次回の診察で、と言われたのだが、最近ちょっと気が緩んでいて、ついついカロリーオーバーしてしまったり間食してしまったりしていて、ヘモグロビンA1cの値がどうなっているのかとても気になっていた。前回の1月の検査では4.9であった。5.8未満を余裕でクリアしていたのだが、体重とともにこの値もリバウンドしているのだろうか。

しかし、意外や意外、4.7と前回よりもさらに下がっていた。本当に自分は糖尿病なのだろうか。いやいや、たまに間食してしまったりするが、基本的に食事は野菜中心のメニューで、調理にも砂糖を使わずに合成甘味料を使っているし、カロリーのある飲み物は飲まないし、お菓子もノンシュガーのチョコレートしか食べてないし、この食生活を貫いているからキープできているのだ。まあ、食生活を元の食べ放題に戻さなければ、今くらいの間食であれば大丈夫ということか。


コメントする

メールアドレスは公開されません