TOPに戻る
鬱るんです
躁鬱病の元ITエンジニア「はまー」が心と体の模様を記した雑記帳。 大手IT企業で心身ともにぼろぼろになり退職した後、派遣のエンジニアをやったり小さなIT企業でほそぼそと働いたり、Web制作事業を立ち上げようとしたりしたが、今は就労継続支援B型事業所でリカバリーを頑張っている毎日。

月別アーカイブ: 2019年6月

今日も9時起床。遅い。昨日と全く同じパターン。今日も体がなんとなくしんどいが、この天気のせいだろうか。スマホを見たら夜のうちに大雨注意報や豪雨情報が何通もYahoo!ニュースやYahoo!防災速報や横浜市防災情報メールから来ている。5:20~5:30に62mmの予想とかちょっとやばい。夜のうちにかなり降ったのだろうか。「3日(水)にかけて梅雨前線活発。要注意」らしい。西日本が特に記録的豪雨になりそうで心配だ。最近の風水害は半端ないのが多い。

今日の天気予報は朝の時点ではくもりだったので、チャンスだと思って昨日予定していた図書館とユニクロに行って帰ってきた。片道徒歩35分くらい。蒸し暑くて不快指数が高いが、風があったのでまだましだった。帰ってきてユニクロで買ったショートパンツを履いてみたら、なんとぶかぶかではないか。私の体型は腹だけみっともなく出ているという情けない状態で、着る服はXLかXXL。どちらのサイズかは服によって違う。今回買ったショートパンツは一番せり出ているウェストに合わせるので当然XXLのサイズだと思ったのだが、いつの間にか腹が縮んだのか?う~んそうは見えない。この製品はちょっと大きめみたいだ。

しかたがないのでXLに交換できるかなと思ってお買上明細書の注意書きを見る。交換というのはなくて、いったん返品してからまた買いなおさないといけないらしい。それはいいのだが、

「返品にかかる送料はお客様のご負担となります」

まあそうだろうなあ。と思ったら、

「お買い上げ明細書を切り離して本票下部の「返品カード」と商品を同梱し返送、もしくは店舗までお持ちください」

店舗まで持って行けばいいのか。そうすると送料はかからないな。ちょっと待てよ。XXLはネットでしか買えないが、XLだったら店舗にも置いているではないか。ネットで改めて注文しなくても、店舗に返品に行ってそこでそのまま買えばいい。そうしよう。

というわけで二度手間になってしまうが、またユニクロに行かないといけなくなった。たださっきちょっと触った感じだと、これからの季節にはちょっと分厚いかなと思ったので、別の商品にしてもいいかもしれない。ネットだと試着ができないだけでなく、触った感触などもわからないからバクチだなあ。今ちょっと探したらセシールでも安いのがあるではないか。送料を含めてもこっちの方が安いな。7月に入ったら誕生月だからなにかクーポンを送ってくるはずだよな。ちょっと悩もう。

今日借りた本。

借りた本

池井戸潤「花咲舞が黙ってない」
先日読んだ「不祥事」の続編。「不祥事」はドラマ「花咲舞が黙ってない」の原作だったが、小説の続編はタイトルをドラマに寄せてきた。

松岡圭佑「千里眼 ミドリの猿」
先日読んだ「千里眼」シリーズ第2作。けっこうシリーズで出ているようだから、それなりにおもしろいだろう。

帰りにローソンへ寄って妻に頼まれたお買い物。自分のおやつも買った。今日は6月最後の日。お小遣いがあと500円くらい残っているので、普段は高くて手を出さない200円超えのデザートを買ってみた。スマホにローソンアプリを入れていると、ウチカフェ20円引きクーポンが常にあるので有効活用。

ティラミス

午後はずっと本を読んで過ごした。夕方に伊坂幸太郎「SOSの猿」読了。不思議な物語である。かかしが喋るくらい不思議な物語である。悪魔祓いの話と株の誤発注事件の話が交互に続く。何がなんやらわからんうちに物語は進み、やがて少しずつシンクロしていく。少し変わった構造の物語で、一風変わった語り手が物語を進行させるのだが、そのしかけは読み進めるうちにわかってくる。不思議な気持ちで読み進めて、不思議な気持ちで読み終えた。この読後感は「オーデュボンの祈り」に近い。キーパーソン(?)となるのはかかしでなくて孫悟空。

さて、明日からまた1週間が始まる。月曜と火曜は連チャンで作業所だ。昨日、今日と少し疲れ気味だがそれは先週もそうだった。うまく自分をコントロールしていかなければ。

今日の動画。ん~とどうしようかな。「SOSの猿」を読んだからMONKEYにちなんだ曲。FUNKY MONKEY BABYS「ALWAYS」。ファンモンのMVには芸能人が出てくることが多くて、今回はペナルティ。2人がサッカーをやっている場面が出てくるが、彼らは名門市立船橋高校サッカー部出身で、全国大会の出場経験もある。ヒデは横浜フリューゲルスへの入団が内定していたが、それを蹴って芸人になったとか。ワッキーもプロを目指していたが故障して断念した。

このサイトは自宅のLinuxマシンをサーバとして独自ドメインで運用している。そのドメイン名は当然レジストラで取得したのだが、そのレジストラから最近頻繁に私の好きな「クーポン」が送られてくる。去年3年分まとめて更新したから今のところ2022年の5月までこのドメインは有効なのに、最近しきりに100円クーポンというのを送ってきて、

「[明日午前11時59分終了]更新割引クーポンがご利用いただけます」
「[残り4時間]クーポンのご利用は本日11:59まで」
「[本メール限定]明日10:59まで利用できるクーポンが発行されました」
「クーポンが発行されました」
「更新早割クーポンのご利用は明日10:59まで」
「[残り3時間]早割クーポンのご利用は本日10:59まで」
「今すぐ使える更新クーポンのご利用は[明日09:59まで]」
「残り3時間:早期更新割引クーポンのご利用はお早めに」
「[本日18時まで]更新割引クーポンのご利用はお早めに」
「[残り2時間]クーポン利用は本日18時まで」
「更新割引クーポンのご利用は[本日23:59まで]」
「[本日18時限定:早期更新割引のご案内」
「[まもなく終了]早期更新割引クーポンのご利用はお早めに」
「更新クーポン割引額が変動しました!」

と怒涛のようなメール。これら全部この4日間に送られてきたメールである。クーポンを発行して、その期限が切れるとすぐにまた新しいクーポンを発行する。1年で3,000円くらいのドメイン使用料を100円引きにするので更新しろというのだが、期限が切れそうなのならともかく、まだあと2年以上有効期間が残っているのになんでかなあ、と思っていたのだが、ひょっとして、

「資金繰りが危ないのでは?」

と思ってしまった。とにかく早く手元に現金がほしいのだろうか。もしレジストラが潰れたときって、ドメインの管理はどうなるんだろう。スムーズによそに移管できるの?ちょっとこれは調べておいた方がよさそうだな・・・。杞憂ならいいんだけど。

今日は9時起床。遅いのは確信犯だが、それにしても、う~ん遅いなあ。一応7時に目覚ましはかけてあった。鳴った瞬間にスヌーズでなく元から止めた。今日は土曜日だからいいやと思ってまた寝た。次に目が覚めたら8時半。そしてうだうだしているうちに30分が経った。休みの日でも8時までには起きたいのだがなあ。

今日はなんだか体がしんどい。この天気のせいもあるのか、疲れが溜まっているのか。今日は勤務日でなくてよかった。1日しんどくても、その疲れを次の日に持ち越さない、持ち越しても1日で疲れをクリアできればいいのだが、先週から週3日の勤務で月曜と火曜が連チャンになっているので、ここでしんどくなったらどうしよう、というのが今後の課題かもしれない。

それはそうと、金曜日の夜はアンケートラッシュで、昨日は怒涛のようにアンケートに回答していたら22時を過ぎてしまった。今朝起きたらまたアンケートが溜まっていたのでそれを処理していたら11時を過ぎてしまった。これで手に入るお金はわずかである。いくら作業所の時給が安いとは言えまだそっちの方が割がいいので、なんのためにやってるんだかわからなくなってきた。6月のアンケート収入は1,051円である。infoQ、リサーチパネル、ECナビ、マクロミル、キューモニターの5つのサイトをかけもちしてこれかい!と叫びたくなる。

今日は読書の日。青木裕子「これは経費で落ちません!4」読了。これまためんどくさい人が出てきた。めんどくさくておもしろいことこの上ない。こういう「徹底的に理詰めで正しいものは正しい」とばかり主張して何のアソビもない人間を相手にしていると疲れそうだ。「正しければ勝つわけではないのなら、正しさに何の意味がある」という章があったのだが、まあそれはそうだよな。ついでに言えば「勝てばいいというわけでもない」とも思うが。それは置いておいて、恋愛の方もめぞん一刻よろしくすこ~しずつ進行して行くのがなかなかじれったい。その次は伊坂幸太郎「SOSの猿」を読み始めたが、伊坂幸太郎らしく不思議な感じで話が進行している。

昼過ぎにユニクロさんからメールが来た。ネットで注文していた服が受け取り店舗に届いたとのこと。XXL以上のサイズは店舗には置いてないのでネットでしか買えないが、そうすると5,000円未満の場合は送料が450円かかる。送料がかからない裏技として、先日「ネットで買って店舗受取りにする」というものを発見した。という訳で、店舗に取りに行かないといけない。ついでに図書館に行ってこようか。本を2冊読んでしまって、まだ1冊残っているけど予約した本2冊がもう用意ができている。今日のうちに行って明日はゆっくり休もう、そう思って外に出たのだが、3メートルくらい歩いて、戻ってきた。やっぱりちょっとしんどい。ここで無理をしてはいかん。今日はゆっくり休んで、明日調子が良ければ行こう。引き返す勇気を持つのはなかなか難しい。今日は冷静な判断ができたかな。明日天気がいいといいのだが、でもしばらくはこんな感じ。

天気予報

見事に雨続きなのだ。梅雨だからしかがたないか~。でもこの天気が体調に及ぼす影響が心配。大丈夫かなあ。とりあえず明日は少しもちなおしてユニクロくらい行けるといいな。

今日の動画。今日もネタがない。「これは経費で落ちません!」のドラマがもうすぐ始まるからその主題歌、と思ったのだが検索しても阿部真央が担当するという情報しか出てこない。そもそもドラマが始まってもいないのにYouTubeに動画が上がっているわけはないか。ん~、では阿部真央の他の曲を。「ロンリー」。

今日は7時半起床。なんとかギリギリだが、辛くて辛くてたまらない。22時半と早く寝たのだが、なかなか寝つけなかった。1時間くらいかかったのではないだろうか。夜中3時過ぎに目が覚めたのだが、中編くらいの夢を見てちょうど完結したところだったので気持ちが良かった。次に6時過ぎくらいに目が覚めたが、休める時に休む、というポリシーにしたがってまた寝た。7時に起きるつもりだったが今日も体が動かず7時半に。なんでかなあ。

今日は午後から生活支援センターでマインドフルネス講座の2回目があったのだが、どうも気が進まない。全4回のシリーズで、先々週に第1回を受講したのだがいまいちぴんとこない。作業所を早退してまで行くべきものなのか?よくわからないが、朝の時点でどうしても乗り気でなかったので出ないことにした。今日はお仕事をする!と決めた。日々の生活の中で、作業所で仕事をするのが一番の楽しみになっている。一番充実した時間である。

ということで作業所へ。今週のはじめは仕事がなかったが、今日は二つの仕事があってどっちも月曜日まで。え~急がなきゃ、ということで2班に分かれて作業開始。作業の一つは前にやった某キャラクターの布製品の検品。もう一つは封入。某有名保険会社のチラシの仕事である。A4の2枚のチラシの間に茶封筒を挟んで透明なフィルムの封筒に入れていく。さらにそこに小さなウチワが入る。向きを間違えてはいけないように気をつけないといけないが、意外とこれが神経を使う。

ある程度やったところで私ともう1人は封をする作業に移った。A4のフィルム封筒の封にあるシールを剥がして封をする。これは前にもやったが、コツをつかむまで少々手間取った。中の書類をとんとんと揃え、手のひらで中の空気を抜いてから片手で空気が入らないように口を押さえ、もう片方の手でシールを真ん中から一気にベリッと剥がし、素早く両手の人差し指を折り口の中央から左右に潜り込ませ、親指の付け根と人差し指で耳をつまむ。そこから耳がたるまないように左右に引っ張りながら両手の親指で真ん中から外に向かって指を滑らせのり付けする。う~ん文章で書いたらさっぱりわからんな。まあ、空気が入らないようにしたりのり付けするところがしわにならないようにちょっとこつがいるのだ。フィルム封筒はしわになりやすい。この封印作業はある程度できる人にしか任せられない。封印に失敗したら、中から人智を超越した得体の知れない何かが出てくるのだ。

午後もその作業の続きでひたすら封印していたが、14時半くらいにこちらの作業が片づいたので、検品作業の方に合流。今日はなかなか忙しかった。まだけっこう残っていたが、これは月曜日にまわすのか、それとも職員が今日中にやっつけてしまうのかな。まだ結構あったみたいだけど。

脈絡はないけど作業所のWi-Fiルーター。さすがに家庭用のやつよりでかいしアンテナも長い。昔某研究所にいた時に廊下に等間隔に取り付けていたやつはもっとでかかった。やはり大きさは出力に比例する。

Wi-Fiルーター

作業が終わって少しぬるぬるした後、生活支援センターに行ってみた。マインドフルネス講座には妻が出ているはずである。16時までの予定だったが、15時40分くらいに着いたのでまたぬるぬると時間を潰す。講座が終わって妻が出てきたので、お買い物して帰った。妻はマインドフルネスは気に入ったようだ。

先日買った腰につけるペットボトルホルダーがもうだめになった。ゴムが固くなって、上のペットボトルの口を引っ掛けるところがすぐに外れる。安物でもなかったんだけどなあ、ハズレだった。

壊れたペットボトルホルダー

しかたがないので商店街の100円ショップで探してみたら、ペットボトルホルダーがあった。ネットで検索したら一番多く出てきたタイプだ。

ペットボトルホルダー

こういう風に使う。

ペットボトルホルダー

カラビナ部分をベルトのループにつけてペットボトルをぶらさげ、飲むときにはこのゴムの部分をキャップの部分からえいやっともぎ取り、戻す時はまたこのゴムの部分をキャップにえいやっとかぶせる。このゴムがけっこう固いのでつけたり外したりがめんどう。なんだかこれもすぐにだめになりそうだ。まあ1ヶ月もってくれたら、108円でまた来月買うよ。

先日Twitterの抽選で当たったマクドナルドのマックカード500円分が送られてきた。

マックカード当選

マックカード

500円分とは言え、けっこう嬉しいのだ。

今日の動画。King Gnu「McDonald Romance」。

今日は7時50分起床。ううう遅いよ。8時までには起きれたけど7時半までには起きれない。7時の目覚ましが鳴ってから5分おきにスヌーズで起きては寝てを繰り返し、15分くらいに諦めて元から止めてしまう、というパターンを繰り返している。どうしたら「えいやっ」と起きれるようになるのか。

午前中はずっと読書。松岡圭佑「千里眼」読了。何冊ものシリーズものでかなりのベストセラーになったら本。映画にもなった。おもしろかったのだが、なんだかいろんな要素が盛りだくさんでごちゃごちゃした印象がある。新興宗教とテロ、カウンセリングに催眠療法、戦闘機による航空戦。それぞれの描写が微に入り細を穿つが、詰め込み過ぎという感が否めない。それは置いておいて、こういうようなくだりに目を留めた。

「カウンセリングで患者を救うより、信仰心を持たせて洗脳した方が本人はよっぽど幸せだ。」

私は宗教、というか正確には宗教団体が嫌いなのだが、宗教に取り込まれた人、入信して洗脳された人は余計な悩みを抱えずにすむのだろうか。その方が人は幸せなのだろうか。そして盲目的に宗教団体の言うことを全て信じ込み、自分の頭でものを考えなくなり、それを正義だと信じてテロに走ったりするのか。自爆テロをする人は幸せなのだろうか。とかなんとか思ってしまった。

精神障害に関する記述が何回も出てくるのだが、それがちょっと気になる。これはこれでちょっと偏見があるのでは?まあこの本に出てくるカウンセリングにしろ催眠療法にしろ、「日本の医療機関でそんなことはしないだろう」とか思うのだが、それはフィクションの世界だからなんでもありだろうし、読んでいる方もそれはわかっているだろう。ただ精神障害に関する記述を読むと、「精神障害とはそういうものではない」と感じる部分があり、読者はそれを真に受けてほしくはないなあと思う。そもそもカウンセリングで精神病は治せないのだ(これは私の持論)。

前々から気になっていることがある。精神障害と責任能力の関係についてである。ある種の犯罪を働く人、サイコパスとまでいかなくても、たとえば妄想に支配された統合失調症の患者などは、確かに善悪の判断能力は失っているかもしれない。しかし精神障害者は「知能はまとも」である。だから、悪事(本人は悪事と思ってないが)を働くのに、何をどう準備してどういう段取りでやればうまくいくか、そういうことを計画的に考えて冷静に実行することは十分可能である。司直の判断はどうなのかよく知らないが、報道などでは「犯行に計画性があった」ということが強調されていることがあり、それがあたかも「責任能力がある」とミスリードしているような気がしてならない。責任能力はあくまでも病気の症状によって思考が歪んでいないか、善悪の判断を失っていたのかどうか(つまり心神喪失の状態にあったかどうか)で判断されなければならない、と思う。

お昼は小さめのカップ麺と軽く済ませた。まいばすけっとの店頭で山盛りになっていた激辛ラーメン。あそこに置いてある商品は入れ替わりが激しく、今は既にこの商品は姿を消している。うまくてもリピートできない。

激辛ラーメン

うまいかと言われると、そうでもなかった。ただ辛いだけだった。リピートできなくても問題はない。

昼過ぎに図書館へ。2冊返してまた2冊借りてきた。作業所で忙しくなったから、これから借りるのは2冊ずつくらいでいいか。

借りた本

青木裕子「これは経費で落ちません!4」
1~3がおもしろかったので借りた。4月27日に予約してようやくまわってきた。もうすぐドラマ化されるらしい。7月26日から毎週金曜日、NHKで22時~22時49分。主演は多部未華子。チェックしておこう。

伊坂幸太郎「SOSの猿」
適当に借りてみた。

帰りにローソンに寄った。お昼が軽かったのでついおやつを買ってしまった。

ペヤング超超超大盛GIGAMAX

ちょっと前に話題になった「ペヤング超超超大盛GIGAMAX」である。小腹がすいたくらいにちょうどいい。

・・・んなわけはない。今まで見るたびに手を出しそうになったのを我慢してきたのに、ついにつかまってしまった。なんと「1,000円分のQUOカードPayが1,000名様にあたる!」と書いてあって、それにつられて買ってしまったのだ。おやつで食いきれるわけはなく、夕食にしても食いきれる自信はないので、とりあえずおやつとして食べられるだけ食べて、残りは夕食に食べようと思って買った。

というわけで帰ってきてからさっそく開封。当たりだとカードが入っているはずだったが、おかしいな、入ってない。う~んまさかとは思うが、どうやらハズレたようだ。それはいいとして、1,300mlのお湯を沸かして焼そばを作った。湯切りが怖かったのだ。

ペヤング超超超大盛GIGAMAX

ででんと超超超大盛り。比較対象として隣にペンを置いてみたがよくわからんな。これを食えるだけ食ってみたところ、3分の2くらいは食えた。残りはお皿に移して夕食へ。(結局満腹なので夕食も抜いた。)

残りの焼そば

その後も読書。羽田圭介「不思議の国のペニス」を読み始めたら、短かったので夕方には読み終わってしまった。タイトル通り、まあなんだ、健全か不健全かわからんが健康的な男子高校生の、ちんこやら包茎やらオナニーやらの話。「黒冷水」も同じような中高生男子のエロ事情の描写が多かったが、あっちはもっと深いレベルの心理戦をやっていたのに対して、こっちは純粋にエロい話で、いやエロい以前に単なる男子高生のシモネタ話をそのまま小説にしたみたいでおもろかった。「おもしろい」というより「おもろい」と言う方がしっくりくる。この前の「走ル」がなんだか消化不良だったので、これはスッキリした。

今日の動画。ペヤングのGIGAMAXを食べたから、MAX「パルテノン」。