TOPに戻る
鬱るんです
躁鬱病の元ITエンジニア「はまー」が心と体の模様を記した雑記帳。 大手IT企業で心身ともにぼろぼろになり退職した後、派遣のエンジニアをやったり小さなIT企業でほそぼそと働いたり、Web制作事業を立ち上げようとしたりしたが、今は就労継続支援B型事業所でリカバリーを頑張っている毎日。

月別アーカイブ: 2003年6月

昨日の晩は目が覚めた時刻をメモ帳にメモっておいた。寝たのが20:20。割とすぐ寝つけた。目が覚めたのが22:10。もう一度寝る。そして23:20に寝るが23::45にすぐ目が覚めたのでここで1回目の追加眠剤をもらう。そしてまた寝て、目が覚めたのが2:40。もう一度寝ても寝られないかもしれない。追加眠剤は3:00までしかもらえないので、ここで2回目の追加眠剤をもらう。そして起きたのが4:20。起きてホールに出てきて一服する。すでに何人か起きてきている。タバコを吸いながらぼ〜っと過ごす。昨日の疲れは残ってないようだ。よかった。

朝食後、昨日話をした躁鬱病の子と話しこむ。ずいぶんといろいろ悩みを抱えているようだ。自分と共通するようなところもある。それにしても、このような精神障害を持った人は、家庭に問題があるケースがほとんどだ。

その後作業棟へ行っていつものメニューをこなす。体力テストも一般トレーニングも今までの最高値だった。昨日の疲れは残ってない。元から体の疲れではないのだから。体力は順調に上がっているが、体重は思ったように減らない。まあ、少しは減りつつあるが、いったい体のどの部分の脂肪から減っていくのだろうか。私の場合、顔がまず細くなった。なぜだ?先週末に自宅に戻ったときにウェストを測ったが変化なし。へっこんでほしいのは腹なのに。

そしてすぐにデイケアへ合流。前半は卓球、後半はバレーボール。いい汗を流した。卓球は自分以外に経験者が2人いるので実戦ができて楽しい。

昼食をはさんで再びデイケアへ。月曜日の午後はミーティングなのだが、スタッフもメンバーもだらだらしていて、なかなか始まらない。14時過ぎにようやくミーティングが始まる。今月は今日でおしまいなので、来月からのリーダーとサブリーダー、会計を決める。その後今週の週当番を決める。リーダーとはスポーツのときに準備体操の掛け声をかける人、サブリーダーはリーダー不在のときの代任者、会計は、毎月お茶代をみんなから100円ずつ集めてコーヒーやお茶を買って自由に飲めるようにしているのだが、その集金と会計報告をする人。週当番とは灰皿当番、お湯当番、司会、書記である。メンバーが交代でこういう役目もこなす。その後はスタッフからの連絡。9月に予定していたキャンプが場所がとれなくて日程が変更になったことや、今週金曜日のイベントである水族館の見学についての連絡があった。残念ながら私は水族館には行けない。入院患者は原則として外に出ていくデイケアの行事には参加できないのだ。

その後はカウンセリング。土日の外泊のことなどを話す。この外泊はいろんなことがあった。ハイテンションになったと思ったら自分で掃除を止められないほどの躁状態になったこと、早起き健康法の早朝散歩を試してみたことなど、いろいろ話す。

どうやら今の自分は過活動がベースになっているようだ。普通の人は、朝起きて昼活動して夜寝る。それで一日のサイクルが終わる。今日中にできそうにないほどやることがあったら適当に後回しにしたりしてバランスを取っている。できるだけ今日の疲れを明日に残さない。

しかし、この土日は土曜日から日曜日の朝にかけて過活動で、その後病院に戻るまで寝てしまって疲れをとった。要は2日でそのサイクルをまわしたことになる。なぜそうなったのか。それは過活動のときは疲れを自分で自覚できないからだ。適当に疲れたから休もう、残りは明日にしよう、それができたら1日のサイクルでまわせる。それを目標にするのだ。

そして一日のスタートである朝、この朝の過ごし方が大きな鍵となった。朝の過ごし方でその日の調子が決まるといってもいいだろう。今回の外泊で試した早朝散歩では、調子があがったものの、上がりすぎた。しかしそういうことも経験しつつ、何回も外泊を繰り返して「自宅での朝」の過ごし方をつかむのだ。

それをつかむために、そして退院後にまたデイケアに通うことを想定して、今週末から外泊を2泊3日に、土日月とやってみることにした。そして、最終日の月曜日は、普通昼間とか夕方に帰ってくるものだが、そうではなくて朝の9時とか10時に病院に戻ることにした。朝、自分できちんと起きて朝を過ごし、デイケアに通う訓練をするのだ。カウンセラーに話すと「いいんじゃないですか」と言ってくれた。

このアイデアは、実は来週の日曜から合唱団Pの本番指揮者の先生の練習が始まるので、それに出られるにはどうしたらいいかなあ、と考えて思いついたものである。土日は合唱団Pの練習に出て月曜日の朝に戻ってくる訓練をする。一石二鳥だ。

カウンセリングの後、病棟に戻ってお風呂に入る。あがったところでちょうど主治医に呼ばれた。面接を希望してあったのだ。最近の睡眠の状態と、あとはカウンセラーに話したこと、要は前のパラグラフで書いたようなことを話した。ハイテンション気味なので、眠剤はそのままにして抗鬱剤が半分に減ることになった。薬が減るのは嬉しいことだ。入院してすぐに調子がよくなったことに関しては、主治医は「環境が変わったからじゃないですかね」と言うが、環境が変わったのはそんなことはわかっているのだ。問題はその環境にあわせて自分がどう変わったなのか、なのだ。この課題に関してはカウンセリングで進めていこう。

20時を過ぎた。眠剤を飲んでパジャマに着替え歯をみがく。さあ、今夜の睡眠はどうだろうか。前の入院のときは1ヶ月くらいで追加眠剤なしで眠れるようになったが、今回は4週目に入っているというのにまだまだだ。早く薬なしで眠れるようになりたい。

昨日は結局0時過ぎまで起きていた。またハイテンションが続いているような気がして、眠剤を飲んでも眠れるかなあと心配だったが、目がさえて眠れない、ということもなくすぐに寝ついたようだ。しかしいつもの通り2時半に目が覚めた。病院からちゃんともらってきている追加眠剤を飲み、もう一度寝る。その次は4時半に目が覚めた。なんとなくこれ以上寝たくなかったので起きてきて日記を書いている。

少し頭が寝ぼけているような気がする。体もだるい。これが入院前に調子が悪かったときの悪循環の始まりかもしれない。外泊訓練でそれを断ち切る訓練もするのだ。最近読んだ早起き健康法の本に書いてあったのを参考にして、早朝散歩に出かけることにする。今日一日、調子がいいか悪いか、すべては朝にかかっている。最近そう思う。朝の気分はどうなのか。朝、何をどうすれば気分を上向きにもっていけるのか。早起き健康法に書いてあった「できる範囲でいいから体を使う」というのは、そうかなるほど、と思った。本には散歩だけでなくヨガも載っていた。

早朝散歩に行ってきた。と言っても家のあたりをぐるっと一周しただけである。本当はもう少し遠くの公園まで歩こうかと思ったが、少し小雨がぱらついているような感じだったので、少しにとどめておいた。深呼吸やのびをしながら涼しい朝の新鮮な空気を吸い込んで歩いていく。とても気持ちがいい。今日は短時間だったので戻ってきてから頭のぼんやり感は少し残っているが、もう少し時間をのばせばもっとすっきりするに違いない。また新しいキーワードが出てきた。「朝、どうするか」。すべては朝の行動にかかっている。朝の気分、朝の体調、そのときそのときに応じて一番自をがいい状態に持っていける何かをやろう。その日一日が上向きか下向きか、それはすべて朝にかかっている。

散歩の後、昨日の続きでヴォーカルアンサンブルのHPの更新作業を行う。なかなか地道な作業だ。6時半になったので中断し、病院の日課でもあるラジオ体操を行う。けっこうこれ、体を目覚めさせるのにはいい効果があるみたい。

ラジオ体操の後はHP更新作業の続き。7時過ぎにやっとこさ完成してアップし、アナウンスを掲示板に出す。そして朝食。今日も躁がが続いているようだ。今度は掃除を始めた。まあ掃除はやった方がいいが、休みを取らずに次から次へと体が動くのである。頭では「ちょっと休まなきゃ」と思っているのに体は止まらない。部屋の隅から隅まで掃除機をかけてまわり、雑巾で拭いてまわる。いくらやっても一息入れるということがない。いっぺん動き出した体がぜんまいじかけのように止まらない、止まらない、止まらない、誰か止めてくれ!

疲れ果てて頭の中では休まなきゃと思っているのに体が止まらない。8時半に彼女が家に来て、やっと収まった。人がいると落ち着くのだろうか。彼女が合い鍵で家に入ってきた瞬間、自分が発した言葉は「止めて!」であった。落ち着いた、と言っても表面上だけで、自分の中ではまだ何かがかけめぐっている。疲労感が強いのになぜだ。完全に躁状態なのだろう。昨日いつの間にか躁転したのか。

その後、彼女とゆっくり話をしながら時を過ごす。お昼になったので昼食を買いに行こうとした。彼女はコンビニまで行くと言うが、なんだか疲れがどっとでてきた私は斜め向かいのパン屋でパンを買ってきた。

昼食後からおかしくなった。ここにきて疲れがピークに達している。吸い込まれるように寝てしまった。でも熟睡ではなく、内容は覚えてないがなんだかいや〜な感じの夢を見ていた。浅い眠りだ。何度か目が覚めて時間を確かめた。14時半の電車に乗らないと、規定の16時までに病院に戻れないのだ。

14時頃、携帯のメール着信音がなった。ヴォーカルアンサンブルのTちゃんからのメールで、今朝アップしたHPのリンクが一部間違っているという。ちょうどいいタイミングで起こしてくれたもんだ。すぐに修正してアップする。

私が寝ている間、彼女もうとうと寝ていたらしい。それにしてもこの疲労感はなんだ。病院でもけっこうハード(でもないか?)なスケジュールをこなしているのに、こんなに疲れることはない。疲れの質が違う。これだ、私が入院する前にずっと調子が悪い状態が続いていたときに慢性的に感じていた疲れがこれだ。これはなんなんだ。入院する前は躁転することはなかったという違いがあるが、疲れの種類は同じだ。この疲れは、この1週間の疲れが溜まっていてそれがどっと出たのか、それとも昨日から今朝にかけての過活動による疲れなのか。この疲れの正体をつきとめて、考え方や療法、行動によってその疲れがたまらないようにコントロールできるようになればいいのだが。また一つ大きな課題ができた。

14時半の電車に乗るために家を出る。昨日買ったお気に入りの帽子とウェストポーチを身につけて、昨日買いだめしたたばこやらVAAMやらを紙袋につめて。自分の中にも何かを詰め込みすぎているのだろうか。

病棟に戻り、とりあえずゆっくり横にでもなればいいのに、あわただしくかばんの中のものや買ってきたものを整理し始める。まだ躁状態が続いているのか。とりあえず休めよ。自分にそう言いたい。

片づけが終わってやっと一服。その後音楽を聴きながらようやくごろんと横になる。しばらくしてもう一度ホールに出てきて一服しながら、躁鬱病の女の子と話す。お互いの話をしていると、いろいろと共通点があり、話がよくわかる。やっぱり同じ病気を抱えている人でないと実感を伴って共感することはできないだろう。入院しているメリットの一つは、このように自分と同じような人と悩みを分かち合える、自助グループのようなことができることだ。

夜になっても疲れはとれない。明日になれば疲れはとれているだろうか。入院前の場合は、ずっと疲れを持ち越すことが多かった。前の入院では外泊から帰ってきた次の日によく調子を崩した。明日からの一週間がちょっと不安だ。明日のカウンセリングと、主治医の面接でよく話をしよう。

昨日は夕方寝てしまったせいだろうか。睡眠の状態がちょっと悪かった。昨日の夜、早く眠くなったから20時10分くらいに寝た。すると23時に目が覚めた。もう一度寝たら0時に目が覚めた。ここで追加眠剤をもらいにいった。でもまた1時に目が覚めた。もう一度寝たら、今度は2時に目が覚めた。そしてもう一度寝ようとしたが10分で目が覚めた。ここで2回目の追加眠剤をもらって飲んだ。そしてまたまた寝たが、3時半にはもう目が覚めてしまった。変な夢を見ていた。夢を見るのは久しぶりだ。眠りが浅い証拠だ。一度ホールに出てきて一服するが、もう一度病室に戻って寝ようとする。そうすると5時前まで寝ることができた。

今日は雨が降っているので朝食後の散歩は作業棟の玄関でオカリナを吹き、その後に渡り廊下をうろうろして猫と遊ぶ。きれいな虎毛の猫が一番ひとなつっこく、私が近づいて「おはよう」と挨拶すると「ニャア」と挨拶し返す。そして私のそばに寄ってきて甘えだしたのでなでなでする。ごろんと横になって気持ちよさそうだ。私が壁にもたれて座ったら膝に乗っかってきた。そのまま数十分、猫をなでる。アニマルセラピーをやっているようだ。

猫とお別れし、外泊の準備をして病院を出る。途中で鶴見のIBS石井スポーツへ寄った。mont-bellのウィックロンのTシャツが乾きが早いのでもう一枚買おうと思ったのと、それから私がとても気に入っていたのになくしてしまったJack Wolfskinの帽子があったら買いたいと思ったのだ。割と大きなお店なのであるかもしれないと期待していったが、mont-bellは扱ってなかったし、帽子もJack Wolfskinのものはあったのだが、違うのである。単色にロゴだけ入ったやつなら売っていたが、私がほしいのは前に自分が持っていたのと同じ、とても気に入っていたやつ、淡いブラウンに後ろ半分がメッシュになったあの帽子。お母さん、僕のあの帽子、どこへ行ったんでしょう。

あきらめて帰ろうとしたら鶴見の駅ビルにUNIQLOができていたので、ドライメッシュのTシャツを2枚買った。790円と安くなっていた。こいつの即乾性はどれくらいか試してやろう。その後横浜でいろいろと買い物をしたり、彼女と行く予定だったバス旅行をキャンセルした。バス旅行は退院して落ち着いてからまた行くことにしよう。そしてようやく家に帰ってきた。マンションの隣のタバコ屋でタバコを2カートン買った。7月からタバコが値上げするので買いだめなのだ。タバコもやめられない。と言うかもう開き直ってやめる気はない。「我慢してストレスをためるくらいなら、それくらいの量吸ったってかまいませんよ」医者に禁煙した方がよいでしょうか、と相談したときの医者の言葉である。

家に帰ったらあれやこれや用事を済ませる。まずは今日買った買い物のレシートを見ながら家計簿をつける。今月は入院したので食費がかかってないが、このシグマリオン3を買ってしまったので支出はいつもとあまり変わらず。でも入院費の請求が怖い。今年の4月から負担が2割から3割になったので、以前入院したときより多くなるはずだ。食費とかは保険の対象外なので単純に1.5倍になるということはないだろうが、生命保険でまかなえる額だとありがたい。

ところで、実はこのシグマリオン3のIMEはとってもおばかさんで、ときどきぶち切れそうになるような変換をやってのけることがあったが、シグマリオン3で使えるATOKが無料ダウンロードできるという情報を先週得た私は、さっそく家でダウンロードを試みた。そして今はそのATOKで打ち込みをやっているが、実はいまいち使い方がよくわからない。予測変換機能で入力途中でも下に変換候補がでてくるのだが、どうやって選択すればいいかわからないのだ。マニュアルは別にダウンロードするようになっていたが、それをしていなのでよくわからない。スタイラスで候補をタップすると選択できるのだが、キーボードだけでやる方法がわからない。できないのかなあ。私はスタイラスを使うのが嫌いなのだ。それにしてもこのATOKを使いだしたとたん、急に全体の動作がのろくなったような気がする。ATOKが重いのかなあ。IMEは馬鹿なままでいいからATOKを外した方がいいかもしれない。もうちょっと使って考えよう。

今日、土曜日は彼女はバイトが10時から17時まで。でも13時から14時まで休みなので、先週と同じくその間に家で一緒にご飯を食べる。彼女かバイトに戻った後は、ヴォーカルアンサンブルAのHPの更新作業に入る。メンバーのTちゃんが今までの演奏履歴をまとめてメールで送ってくれたのだ。今までAが出演した単独コンサートやジョイントコンサート、賛助出演などをまとめ、各演奏会ごとの日時や会場、演奏曲目がリストアップされている。これをHPに掲載するのだ。とは言え、テキストをそのままコピー&ペーストしただけじゃそっけない。テーブルを使って見やすくレイアウトすることにした。が、ホームページビルダーのタグの挿入機能を使ってちまちまとテキストファイルからコピー&ペーストを繰り返しているうちに、これは元のテキストファイルに普通のエディタで直接タグを入れていった方が早かったのではないか?と思った。が、乗りかけた船だ。最後までちまちまとやろう。

とかやってるうちに16時になった。作業を中断して家を出る。合唱団Pの練習に行くのだが、その前にまた別の登山用具店に行ってお目当ての帽子とmont-bellのTシャツを探すのだ。ウォーキングと、買ったばかりのドライメッシュのUNIQLOのTシャツの着心地を試すため、割りと近くの登山用具専門店まで早歩きで行った。30分くらいのウォーキングだ。UNIQLOのTシャツはなかなか心地よい。値段の割にこれは使えるぞ。問題は耐久性だなあ。すぐぼろぼろになるのでは、本当のコストパフォーマンスはわからない。

お店でJack Wolfskinの帽子を探す。あった!前に持っていたやつとは違うが、色も自分好みでメッシュでかっちょいい。これがいい。これが気にいたので、買うときにタグを切ってもらってそのままかぶって外に出た。お店のレジには私が所属している山岳会の元会員だったMちゃんがいた。何年ぶりだろうか、久々に会話を交わす。

しかし、帽子はあったが、mont-bellのTシャツはここにも売ってなかった。前は置いていたのになあ。よし、最後の手段。必ず置いてある店、恵比寿の「mont-bellショップ」に東横線と日比谷線を乗り継いで行った。あったあった、たくさんあった。当たり前だ。たくさんありすぎてどれにしようか迷ったが、ロゴだけが入ったシンプルなやつを買った。時間があったので店内をぶらぶらしていると、ウェストポーチが目に入った。今使っているウェストポーチは入れるところが一つだけで使い勝手が悪い。財布とポケットティッシュとハンカチと携帯灰皿が入っているのだが、財布を何度も出し入れしているうちに中のハンカチやティッシュがくしゃくしゃになってしまのだ。ちょうどいいサイズでジッパーが2つあるウェストポーチがあったので、これもつい買ってしまった。「つい」と書いたが、ウェストポーチは前から買いかえようと思っていたのになかなか自分の好みにあうのがなかったのだ。自分の用途と好みにぴったりのやつがあったので買ったのだ。決して衝動買いではない!

その後は電車で都立大学へ。今日の練習は都立大学なのだ。と言っても大学の中でやるわけではない。都立大学という駅の近くである。でもここにもう都立大学はない。駅名だけそのまま残っている。駅に着いてからまだ時間に余裕があるのでマックに入って夕食を食べる。そしてこの日記を書いている。今日の日記はむちゃくちゃ長いことであろう。いい加減遅いのでIMEを元に戻した。

それにしても今日の自分は変だ。歩くのがものすごく早いし、次から次へといろんなことをせわしくやっている。なんだか気分が落ち着かない。常にそわそわしている。ひょっとして躁状態になったのだろうか。

これまでも躁状態になったことはある。しかし、なっているときは自覚がないのだ。後から「あーあれは躁状態だった」と気がつくのだ。今はどうなんだろうか。軽い躁状態のような気もするが、自分ではわからない。誰か教えてくれ。ちなみに今のこの文章は合唱団Pの練習会場で書いている。まだ人が集まってないので練習が始まっていない。何かしていないと落ち着かない。

そして今は練習の合間の休憩時間。ブラームスのネーニエを練習した。学生時代に歌ったとってもいい曲である。テンポにあわせて歌っていたためか、なんだか少し落ち着きを取り戻したような感じがする。しかしこの練習会場はとても立派だがすごくデッドで歌いにくい。ちょっとがなってしまったようで喉が痛い。

練習が終わり、みんなは飲みに行くが私は帰る。今日はいっぱい買い物をした。買い物をすると、特に自分のすごく気に入ったものを見つけて買うのはとても楽しい。ストレス発散になる。しかし今日は疲れた。病院でのいつものプログラムもけっこう体を動かすのでハードだが、そういう疲れではなく神経的な、というか精神的な疲れ、とでも言うのだろうか。人ごみの中をかきわけてあちこち歩きまわる。病院にいるときとは脳に入ってくる情報量が大きく違う。脳が悲鳴をあげているようだ。病院にこもってばかりいると、病院ボケがますますひどくなる。外泊訓練はやはり必要だと感じた今日このごろである。さて、もう23時だ。今日くらいはちょいと夜更かししてもいいかな。と思ったらなんだかかゆい。あああ、またジンマシンが出てきた。私は疲れがピークに達するとジンマシンが出るのだ。やはり今日は過活動だったのだろうか。

昨日は20時半頃に眠気がきたのでそのまま寝た。21時には寝ただろう。眠剤の効果が早く現れだすのは自分にとっていい兆候だ。前の入院のときもそうだった。しかしやはり0時に目が覚める。もう一度寝ようとするが10分で目が覚め、追加眠剤をもらって飲む。そしてまた寝るが、今度は2時50分に目が覚める。微妙な時間だ。追加眠剤をもらえるのは3時までなので、もらうとしたらすぐに看護師室に行かなければならない。が、もう一度寝ることに挑戦した。そうすると3時過ぎに目が覚めた。やっぱだめだったか。そう思って、でもホールに出てきてから一服し、もう一度病室へ戻る。こうなったらもう寝ようなんて思わずに静かに音楽を聴いていよう。そう思ってCDをかけて横になる。すると4時過ぎまで眠れた。これだけ寝れば十分だろう。ホールへ出てきて日記を書いている。朝一の体重を量ってみる。毎朝できるだけ同じ条件で体重を量っているが、長い目で見れば少しずつ減ってはいる。しかし今日は昨日と同じ。あんなに運動したのに。でもまあ便秘4日目ということを考えれば、昨日と同じというのはそれはそれでいいのかもしれない。

あくびが出たのでまだ眠気が残ってるかと思い、もう一度病室に戻って音楽をかけながら寝ようとするが、結局眠れず、起きて本を読み出した。この間買った「新うつ病はかならずよくなる」という本だ。うつ病について書かれた本としては、今まで読んだ本の中で、一番実践的で、自分の中で納得が行く記述も多い。まだ全部読んでないが、今後の参考になるかもしれない。

いつもの通り食後は散歩し、そして9時20分ころから作業棟に行く。体力テストの結果はいつもどおりの4。一般トレーニングの消費カロリーは今までの最高値を記録した。徐々に体力もあがってきているようだ。体重は若干減った。また3日便秘が続いていたのが今朝解消されたので、そのおかげもあるかもしれない。

作業棟の前の広場でデイケアの連中がバーベキューの準備をしている。今日は先日のバレーボール大会の打ち上げで、パスタとバーベキューを作ってみんなで食べて、試合のビデオを見る、という予定だ。私は病棟の昼食もあるしダイエット中なので、作るだけで食べないのはつまらないだろうから参加しないつもりだったが、火起こしをやってるのを見るとおもしろそうなので、とりあえず見てるだけでもいいから参加することにした。しばらくして作業棟のの調理室に行くとパスタの下ごしらえをしている。「何かやることありませんか〜?」と声をかけ、ジャガイモの皮むきを手伝う。パスタは麺から手打ちで作るらしい。なかなか本格的だ。

12時前になったので病棟に戻る。あくまでも私は入院患者。病棟のご飯をいただく。ここの病院の食事は、「病院にしては」まあ普通かなあ。不満を持っている人は多いが、私は別にグルメでもないので特に不満はない。

昼食後、一服してからまた作業棟の前へ。バーベキューはまだ始まってない。パスタの準備に時間がかかっているのだ。やがてトマトソースの手作りパスタが運ばれてきてみんなで食べ、バーベキューをやる。さらに和風パスタも出てきて最後に杏仁豆腐でしめ。しかし私は何も食べていない。みんなに混じって会話を楽しんでいたり片付けを手伝ったりしていた。これだけ食べて一人350円。いっぺんにたくさん作れば安いものだ。私は食べてないので払っていない。

15時半頃から暇なので音楽を聴きながら横になり、考えごとをする。今の自分の課題となっている「入院しているときと家にいるときでは自分は何がどう違うのか」ということを自分なりに探ろうとした。朝起きたとき、朝食を食べるとき、時系列にしたがって病院にいるときはこんな気分でこんな行動をして、家にいるときはこうで、そういうことをぼんやりと考えていた。

放送で目が覚めた。「17時半になりました。夜のお薬を飲みに来てください」え?17時半?夕食が17時からなのに、いつの間にそんなに時間がたったのだ?ホールへ出ていくとみんな薬を飲むために行列している。夕食のときに私が来なかったど看護婦はデイケアから帰ってきてないと思い込んでいていたそうだ。一人で冷えた夕食を食べた。ひとりぼっちは寂しい。動物占いで「こじか」というのは当たっているかもしれない。

夜、彼女から病棟へ電話がかかってきてしばらく話す。バーベキューに参加して自分だけ食べなかった話をすると「よくそんなことできるね」と言われた。自分の欲求を抑えることに慣れてしまっている自分にとっては、みんながうまそうに食べているのを見てもほしいとも思わないが、本当はほしいのかもしれない。「感情鈍磨」という言葉が朝に病棟の人と話していて出てきたのを思い出した。ロボットのように作られた自分。自分の本当の感情が自分ではわからない。

それにしても夜も眠い。夕方寝てしまったのにまだ眠い。今週から水、木もエアロバイクを漕ぎだしたから疲れがたまっていたのだろうか。まだ20時10分過ぎだが、眠剤も飲んだしもう寝てしまおう。明日から外泊だ。1週間ぶりにしゃばに出られるのは楽しみだ。

昨日も0時頃に目が覚めた。もう一度寝ようとしたが10分くらいで目が覚めたので追加眠剤をもらって飲む。そして次は2時半に目が覚る。もう一度寝ようとしたが、やはり10分くらいで目が覚めl、またもや追加眠剤。そして4時ごろ時目が覚め、眠れなくなったので起きてきた。途切れ途切れだがそれぞれ熟睡感はあったようで、寝たりないということはない。21時に寝て4時に起きるのであれば7時間寝たことになる。普通7時間も寝れば十分であろう、

今日は灰皿当番。朝食後一服したところで喫煙所の灰皿をきれいにする。朝一番だけど、夜中に目が覚めて一服する人や、眠れなくて早い時間からずっと起きている人なんかがいて、けっこうたまっている。普通の病院だったらこんな灰皿掃除なんか、掃除のおばちゃんかなんかがやるもんだが、この病院では患者が交代でやる。ここは病院と言うより合宿所と言った方が近いかもしれない。食事もベッドで食べるのでなく、ホールと呼ばれる広い部屋にテーブルが並んでおり各自の席が決まっていて、そこで食べる。普通の病院だと入院患者はパジャマを着ていることが多いが、ここではみんあ普段着。要は普通の生活を送っているのだ。基本的に体の病気ではないので、みんな日中は散歩したりホールでゲームをしたり歓談したりして過ごしている。

木曜の午前は病棟の体育館レク。今日は卓球とバドミントンをやった。どちらも地味なスポーツに見えて、やってみるとかなりハードである。ダッシュの連続でかなり汗をかいてしまった。実習に来ている看護学生で元卓球部だった人がいたので、久々に真剣な卓球ができて楽しかった。

それにしても蒸し暑い。私は超汗かきで、しかもアトピーを抱えているため汗をかくと体が痒い。運動をした後にすぐにシャワーを浴びれるわけではないので、ビオレパウダーシートというのを愛用している。これで体をを拭くとかなりすっきりする。汗をかく分水分も多くとるようにしている。みんなたいていは500mlのペットボトルあたりを買ってきて飲んでいるが、私は「脂肪の代謝を促進させる」というスポーツドリンク「VAAM」の粉末を大箱で買ってきてペットボトルに入れて溶かして飲んでいる。1日1.5リットルは飲んでいる。これで少しでもダイエット効果が出ればいいのだが。

ところで汗を大量にかくので、家から即乾性の登山用シャツをたくさん持ってきたが、今のところmont-bellのウィックロンが一番乾きが早い。その次がポリエステル100%とだけ書かれているやつだ。ダクロンのシャツもあるが綿が30%入っているのでいまいち乾きが遅い。ウィックロンは洗濯機で脱水しただけでもうほぼ乾いた状態になっている。今週末の外泊でmont-bellのシャツをもう1枚くらい買ってこようか。

昼食後、今日も作業棟へ行ってエアロバイクを漕ぐ。今日は午前中の体育館レクの疲れのせいか、消費カロリーが少し低かった。しかし、やらないよりはましだろ。それにしても体脂肪、文字どおり体に着いた脂肪はどのタイミングで減っていくのだろうか。また、どこの脂肪から減っていくのだろうか。この辺については最近いろいろ考えるところがあって、書き出すと長くなるからやめておくが、ちゃんとした運動生理学の本を読んで自分なりの効果的なトレーニング方法をあみ出してみようかと考えている。

午後からは先週に引き続き病棟レクでソフトボールをやった。今日は晴れてはいないが雨も降っておらず、そんなに気温も高くなくてちょうどいいくらいだった。最初はフリーバッティングをやっていたが、人数が増えてきたので途中から試合となった。今日はスポーツ三昧だ。なかなかいい当たりが出なかったが最後にスリーベースヒットを打ててちょいと満足。

15時からシャワーを浴び、出てきたら彼女が来ていたので夕食まで畳のところに座って話をする。彼女は毎週面会に来るのが楽しみらしい。お互いの1週間のことなど、とりとめのない話をしているうちに時間はあっという間に過ぎていった。

なんだかんだやってるうちに20時になった。寝る前の薬の時間だ。下剤を4錠もらって飲む。この前の浣腸騒ぎの後、毎食後に便通をよくする薬が出ているし、昨日もおとといも寝る前に下剤を2錠飲んだのに、また便秘3日目だ。薬の副作用だとはわかっているが、それにしても頑固だ。「明日の朝出なかったらまた浣腸」と看護師には言われている。やだなあ、もう。