TOPに戻る
鬱るんです
躁鬱病のITエンジニア「はまー」が心と体の模様を記した雑記帳。 大手IT企業で心身ともにぼろぼろになり退職した後、ほそぼそと働いたり事業を立ち上げようとして頓挫したり、作業所に通ったりと紆余曲折したが、今は障害者雇用でなんとか働く毎日

昨日は21時半に寝た。昨日はよく眠れた。あっという間に朝になって、7時半の目覚ましが鳴った。10時間もこんこんと寝てたのか。起きるのがつらいようと思いつつ起きれたのは調子がよい証拠。今日もいい天気だ。

今日も元気に出勤。そして元気に仕事。着地点が見えた仕事が、もう少し手を入れないとと思っていじっていたら、ちょっと大掛かりになってしまった。あともうちょっとだな。ドキュメント作成にも手を付け始めたが、何をどう書いていいやら。いかに分かりやすいドキュメントを書くというのも重要なスキルなのだが、私が書くとこのブログのようにいまいちくどくどと長くなって要点がよくわからなくなってしまう。

仕事中に事務のお姉さまから、手首を怪我したときの状況についてさらに詳しく聞かれた。私の方で準備する書類は揃えたのでお姉さまに提出したのだが、さらに詳しい報告書というのを関係部署に出さないといけなくて、それをお姉さまが書いているらしい。そして関係部署から、

「どちらの足で滑ってどう転んだのか、1歩目なのか2歩目なのか、どんな靴を履いていたのか、詳しい状況を書いてほしい」

と言われたらしく、「覚えていたら教えて下さい」と聞かれた。が、靴はともかくどっちの足なんて覚えているわけないだろう。気がついたら尻もちをついて手首を地面に強打していた。ということを話したら「そりゃそうよね~」ということになって、「適当に書きましょう」と。右手をついたから、体が右に傾いたのよね。と言うことは右足が滑って宙に浮いてたんでしょうね。一瞬のことで覚えていないというから、2歩目とかでなく1歩目でいきなり滑ったのよね、多分。ということにして(おそらくそうだろうが)、そう書いてもらった。よけいな仕事を増やしてしまった。

しかしまあ、そんな細かいところまで書かないといかんのか。労災というのはよっぽど「これはしかたがない」という状況だったと説明できないと、下りないものなのか。

あさってが受講締め切りという研修を1時間のe-ラーニングで受けて帰ってきた。スマホ用のイヤホンしか持ってなかったので短くてちょっと不便だったな。またe-ラーニングがあるかもしれないので、延長ケーブルだけ買って職場に置いておこうか。


コメントする

メールアドレスは公開されません

*は必須項目です