TOPに戻る
鬱るんです
躁鬱病の元ITエンジニア「はまー」が心と体の模様を記した雑記帳。 大手IT企業で心身ともにぼろぼろになり退職した後、派遣のエンジニアをやったり小さなIT企業でほそぼそと働いたり、Web制作事業を立ち上げようとしたりしたが、今は就労継続支援B型事業所でリカバリーを頑張っている毎日。

メール環境を見直している。プロバイダのメールをGmailに転送するようにして、メールはGmailから見るようにしたのだが、いまいちブラウザのGmailは好きではない。そもそも私はWebメールはあまり好きではないのだ。

というわけで、他のメール環境をいろいろ試していた。Outlookはめちゃくちゃ重い。こいつを起動しているとChromeがかたまったりする。一瞬画面が真っ黒になることもあったりして、ちょっとどきっとする。Thunderbirdも同じく重い。これはサーバ上に大量にメールがあるのにIMAPで接続しているからしかたがないのか。

Thunderbirdではメール作成時に自動的に自分のアドレスをBccに追加する設定ができたのに、Gmailではできないようだ。それができる拡張機能はあるっぽいのだが、どこの誰が作ったかわからないものはインストールしたくない。Outlookではやろうと思えば「クイック操作」というのに登録していればできることはできた。う~ん、ちょっと不便。

Windows10の標準メールもはじめて使ってみたが、やはりその機能はないし、このメールソフトはなんとヘッダーやソースの表示ができない。これでは詐欺メールかどうかを見分けるのに支障が出る。Outlookでは見れるのに、なんでだろう?同じMicrosoftが作ったのに。とにかくこれは使い物にならん。

それからWindowsメールでは送信元アドレスを指定できない。プロバイダへのメールをGmailに転送して受信しているのだが、メールを作成するときは送信元アドレスをGmailでなくプロバイダのアドレスにセットしたい。これはGmailやThunderbirdではできるがこのソフトではできないらしい。う~ん、マイクロソフトの最新のメールソフトのくせに、へっぽこだぞ。

でも一番見やすくはあるなあ。普段はWindowsメールでメールを見て、ヘッダーを見たいときはウェブのGmailから見て、メールを書くときはThunderbirdを立ち上げて・・・、いかんそれではわけがわからなくなる。やっぱりWebのGmailを日常的に使って、メールを書くときにBccをいちいち指定するとするか。送信済みのフォルダに入るから別にBccはなくてもかまわないのだが、誰かとのメールとのやり取りをあとから追って読むときに不便なのだ。送信済みフォルダから受信トレイにドラッグアンドドロップでいちいち移動させるという手もあるのだが・・・。

とかやっていると、一部のメールがWindowsメールで文字化けする現象が発生。なんだこれは?最新のメールソフトで今どき文字化け?と思っていろいろ調べたら、なぜか最初にアカウントを登録するのに「Gmailのアカウント」ではなく「一般のプロバイダのアカウント」としてGmailのアドレスを登録すれば、なぜか文字化けしないらしい。やってみたら確かに文字化けは解消されたが、これだと受信箱のメールしか表示されない。送信済みメールとかその他のメールはどこから見るの?う~ん、どこからも見れないっぽい。やっぱ使えねえ。

やはり一番かゆいところに手が届くのはBecky!だったんだけどなあ。自分が出したメールが文字化け連発して、ああもうこのソフトは古いし寿命だ、と思って去年Thunderbirdに乗り換えたのだが。どれもこれも帯に短し襷になんちゃらだ。

結局WebのGmailを使うしかないか。


コメントする

メールアドレスは公開されません