TOPに戻る
鬱るんです
躁鬱病の元ITエンジニア「はまー」が心と体の模様を記した雑記帳。 大手IT企業で心身ともにぼろぼろになり退職した後、派遣のエンジニアをやったり小さなIT企業でほそぼそと働いたり、Web制作事業を立ち上げようとしたりしたが、今は就労継続支援B型事業所でリカバリーを頑張っている毎日。

今日も調子はいまいち。朝は10時頃起きたのだが、どうにもだるい。しかし内科へ行かないといけないので、重たい頭と体を引きずって近くのクリニックまで歩いていった。今回も血圧が高いので、ついに血圧を下げる薬が処方された。また薬が増えたよ、やれやれ。さらに最近喘息気味だと話すと、これから梅雨に入るとますます悪化するかもしれないので、今のうちにしっかり治しておきましょう、ということでステロイドの吸入薬も処方された。医療費がかかってたまらん。まだ1年の半分も経ってないのに、今年の医療費は9万円近くかかっている。入院とか大きな病気をしたわけでもないのに。

 

午後になって、妻が買いたいものがあるので横浜へ行くというので、私もついていった。行ったついでにヨドバシに寄ると、今日はSONYの3Dテレビのデモを店頭でやっていた。もちろん専用の眼鏡を借りて視聴したのだが、デモの映像の違いなのか、立体感は先日視聴したパナソニックの方が上回っていたような気がする。

 

そしてヨドバシに入り、発売されて一週間のiPadをいじくり倒す。うん、おもしろい。確かにおもしろい。お金に余裕があれば買って損はしなさそうなおもちゃである。単に使っておもしろいというわけではなく、マルチタッチなインタフェースや傾きを検知するセンサー、通信機能などのプラットフォームが用意されており、その上にアプリを載せるというのはデベロッパーとしても興味をそそる。自分でアプリも作ってみたいところだ。

 

しかし、そうは財布が許さない。いつになったら許してくれるか、それはこの調子では永遠に来ないかもしれないが、まあなかったらなかったで別に困るものではない。自宅のPCは今ではなかったらとても不便である。それくらいの必需品にこれからiPadはなるのだろうか。今後の展開が楽しみだ。


コメントする

メールアドレスは公開されません