TOPに戻る
鬱るんです
躁鬱病の元ITエンジニア「はまー」が心と体の模様を記した雑記帳。 大手IT企業で心身ともにぼろぼろになり退職した後、派遣のエンジニアをやったり小さなIT企業でほそぼそと働いたり、Web制作事業を立ち上げようとしたりしたが、今は就労継続支援B型事業所でリカバリーを頑張っている毎日。

カテゴリー:糖尿病

今日も調子はいまいち。朝は10時頃起きたのだが、どうにもだるい。しかし内科へ行かないといけないので、重たい頭と体を引きずって近くのクリニックまで歩いていった。今回も血圧が高いので、ついに血圧を下げる薬が処方された。また薬が増えたよ、やれやれ。さらに最近喘息気味だと話すと、これから梅雨に入るとますます悪化するかもしれないので、今のうちにしっかり治しておきましょう、ということでステロイドの吸入薬も処方された。医療費がかかってたまらん。まだ1年の半分も経ってないのに、今年の医療費は9万円近くかかっている。入院とか大きな病気をしたわけでもないのに。

 

午後になって、妻が買いたいものがあるので横浜へ行くというので、私もついていった。行ったついでにヨドバシに寄ると、今日はSONYの3Dテレビのデモを店頭でやっていた。もちろん専用の眼鏡を借りて視聴したのだが、デモの映像の違いなのか、立体感は先日視聴したパナソニックの方が上回っていたような気がする。

 

そしてヨドバシに入り、発売されて一週間のiPadをいじくり倒す。うん、おもしろい。確かにおもしろい。お金に余裕があれば買って損はしなさそうなおもちゃである。単に使っておもしろいというわけではなく、マルチタッチなインタフェースや傾きを検知するセンサー、通信機能などのプラットフォームが用意されており、その上にアプリを載せるというのはデベロッパーとしても興味をそそる。自分でアプリも作ってみたいところだ。

 

しかし、そうは財布が許さない。いつになったら許してくれるか、それはこの調子では永遠に来ないかもしれないが、まあなかったらなかったで別に困るものではない。自宅のPCは今ではなかったらとても不便である。それくらいの必需品にこれからiPadはなるのだろうか。今後の展開が楽しみだ。

朝9時過ぎに起床。昨日の疲れが残っていたが、神経からくる疲れではなく、単なる疲労。ゆっくり休む。

昼過ぎ、妻の実家におじゃま。久しぶりに義姉と会って話せた。義姉は平日休みのため、すれ違いになってなかなか会えなかった。飲食店で働いているため、正月でも休めない。サービス業は大変だ。

夕方、耳鼻科へ。数日前から鼻がつまって苦しい。アトピーも軽い喘息も持っている私は、アレルギー性鼻炎にも昔から悩まされてきた。特に合唱活動をやっていたときには、練習時や本番時の鼻づまりは大変困る。いつも点鼻薬を持ち歩いていた。

合唱活動を休止したら、なぜか鼻炎はなくなった。歌うときに鼻でブレスをするから、余計に埃を吸い込んでいたのだろうか。アレルギー血液検査を10年以上やってなかったので、検査してもらった。前回はIgEが14,000というわけのわからない数値だったのだが、10年以上経った今では体質は少しは変わっているだろうか。ちなみにIgEの基準値は170以下。

その後、内科に血液検査の結果を聞きに行った。先週の金曜日に採血して、結果は次回の診察で、と言われたのだが、最近ちょっと気が緩んでいて、ついついカロリーオーバーしてしまったり間食してしまったりしていて、ヘモグロビンA1cの値がどうなっているのかとても気になっていた。前回の1月の検査では4.9であった。5.8未満を余裕でクリアしていたのだが、体重とともにこの値もリバウンドしているのだろうか。

しかし、意外や意外、4.7と前回よりもさらに下がっていた。本当に自分は糖尿病なのだろうか。いやいや、たまに間食してしまったりするが、基本的に食事は野菜中心のメニューで、調理にも砂糖を使わずに合成甘味料を使っているし、カロリーのある飲み物は飲まないし、お菓子もノンシュガーのチョコレートしか食べてないし、この食生活を貫いているからキープできているのだ。まあ、食生活を元の食べ放題に戻さなければ、今くらいの間食であれば大丈夫ということか。

朝は7時過ぎに起きた。最近は割と調子がよいようだ。

午前中は内科へ通院。今日は採血であった。最近間食が多くなってしまっているので、ヘモグロビンA1cの値がどうなってるのか気になる。血圧が相変わらず高めだと言われた。上の値より下の値がやばいらしい。降圧剤を処方するかどうかの微妙な値。そんなに血圧が高くなるような食事はしていないんだけどなあ。味も薄味だし。とにかくこれ以上薬が増えるのはごめんだ。もっとちゃんと運動して体重を落とすしかないか。

そして午後をだいぶ過ぎてから横浜へ。ヨドバシの隣にあるダイソーに用事があったのだが、そこについたときにはトイレに行きたくて、トイレを借りにヨドバシへ。しかしダイアモンド地下街からの入り口がある地下1階と1階にはトイレがない。それはわかっているのでとりあえずエスカレータで2階へ。

トイレから出てきたら、そこは目の毒の山。デジカメコーナーであった。ずいぶん前から使っている自分の300万画素のデジカメは、手ブレ補正機能もないし光学ズームも3倍だし、かなり物足りなさを感じていた。手ブレ補正機能は私にはいらないと思ったのだが、

「通りがかりの人に撮影をお願いしたら、その人がヘタだった」

という痛い経験もあって、やっぱりあった方がよろしい。ズームも3倍だけだと全然物足りない。最近は10倍を超える光学ズームのデジカメも増えてきて、来週に帰省、月末に旅行の予定がある私にとっては「さあ、好きなのを選んで買っておくんなまし」とでも言っているようだった。

そこにどれくらいの時間いたのかわからない。躁状態だと買ってしまっていただろう。しかし、今日はなんとか踏みとどまった。そんな贅沢していられる経済状態ではないのだ。そもそも、その辺の商店街で売っているようなものを、わざわざ安く買うためにダイソーに来たのだ。ミイラ取りがミイラになってはいかん。(ちょっと例えが違うか)

そして、なんとなく上りのエレベータに乗ってしまった。そう、3階は「PC周辺機器・アクセサリー」のコーナーである。ここでもいろいろな誘惑にかられながら、フロアのあちらこちらをさまよい、なんとか何も買わずに出てきた。これは何かの修行なのか?帰ったら19時を過ぎていた。やれやれ。

今日は内科への通院日。あいかわらず寒い。少し雪になりかけている感じの雨がぱらついていた。早く暖かくなっておくれ。

先月の血液検査の結果が出ていた。糖尿病のためにカロリー制限されているものの、「たまにはこれくらいなら」とついついカロリーオーバーしたり間食したり、ということが増えてきているのだ。ちょっとこれはやばいなあ、今回は数値が悪化して医師に注意されるだろう、と予想していた。

しかし、意外にも数値は良くなっていた。過去2~3ヶ月間の血糖値を表すヘモグロビンA1c(4.3~5.8が基準値)の値はなんと4.9。去年の3月には7.6という危険な数値(8.0を超えると危ない)だったのだが、それから教育入院をしたり食事療法や運動療法をできるだけ取り入れて、10月には基準値の5.8未満である5.5まで下げ、そして今回の1月の検査ではさらに4.9まで下がった。この数値はもう糖尿病患者の数値ではない。

とは言え、自分は「重症ではないが糖尿病」であることは変りない。たまに油断してカロリーオーバーしてしまったりしたものの、基本的には間食はしないことと栄養のバランスを考えてカロリーの低い食事をしているから、この数値なのだ。だから油断はできない。ここで気を抜いて元の食生活に戻れば、またこの数値が基準値からオーバーするのはわかっている。

さらに、糖尿病になってから、生命の危険を感じて心を入れ替え、本格的に減量もした結果、ちょっとこのところ下げ止まっているが、ピーク時から22キロ体重は減ったし、それに伴って以前は健康診断のたびに肝臓の値が悪く、脂肪肝だとか心陰影肥大と書かれていたのが嘘のように正常に戻っている。

しかしながら心を入れ替えてもうつ病は治らない。と言うか、俺の心を誰か入れ替えてくれ。

今日は朝9時頃起きただろうか。まだまだ本調子ではないが、なんとか動ける。

前回内科に行ってから、今日で5週間。薬は4週間分しか処方されてないので、もうなくなっているのだが、2週間前に受けた人間ドックの結果を持って行きたいので、それが来るまで待っていた。今までは2週間くらいで来ていたのだが、まだ来ない。郵便屋さんはいつも11時頃くるので、11時頃まで待って来なかったあきらめようと思っていた。

しかし、11時を過ぎても郵便は来なかった。来週まで待たないといけないのか?
そう言えば、以前にも書いたが私が受診した検診機関は、検査結果がWebを見ることができる。

ウェブカルテ1
(クリックすると拡大)

ダメモトでWebサイトをチェックすると、あ、結果がアップされている!

ウェブカルテ2

こんな感じである。ヘモグロビンA1cは基準値の5.8以下をクリア。

ウェブカルテ3

こんなグラフも出せる。

さっそくプリントアウトして、近所の内科へ行った。コレステロールが減っていたので、コレステロールを下げる薬が減量された。よしよし。

その後、お弁当を買って妻の実家におじゃまし、そこで昼食をとらせてもらった。しばらく義母や姪と話をしていたが、ちょっと疲れてきたので買い物をして帰宅。帰ってからはゆっくりと過ごした。本当はユニクロに行きたかった。ちょうど自分がほしいヒートテックのインナーのTシャツが安くなっていたのだが、明日もある。無理はするまい。