TOPに戻る
鬱るんです
躁鬱病の元ITエンジニア「はまー」が心と体の模様を記した雑記帳。 大手IT企業で心身ともにぼろぼろになり退職した後、派遣のエンジニアをやったり小さなIT企業でほそぼそと働いたり、Web制作事業を立ち上げようとしたりしたが、今は就労継続支援B型事業所でリカバリーを頑張っている毎日。

月別アーカイブ: 2014年8月

今日も一日中寝ていた。

調子が悪い時に横になっていると、時間が経つのが早い。

妻がお買い物に行ってくる、と言って出かけたら、すぐに帰ってきた。

時計を見たら、30分以上経っていた。

珍しく食欲もない。

体全身がだるい。

頭のなかには靄しかない。

なかなか抜け出せない。

今日は1日じゅう寝ていた。朝起きて朝食を食べたあと、しんどくてまた寝た。昼食を食べてまた寝た。夕方は少し起きていたが、また夕食まで寝ていた。ずっとしんどかった。

昔、最初の会社に勤務していて鬱で苦しんでいた頃、よく見た夢がある。いや、夢というか半分夢というか。朝起きたが、動けない。会社に行かなければいけないのに、どうしても動けない。

起きなければ、起きなければ、起きて会社に行かなければ。

頑張ってようやく起きることができて、なんとか会社に行った。

・・・はずだったが、気がつくと、まだ自分はベッドの上で寝ている。しまった、あれは夢だったのか。今度こそ起きなければ、起きなければ、起きなければ・・・、

やっと起きて会社に行ったが、ふと気がつくとまだ自分は寝ていて、今度こそ起きなければ、起きなければ起きなければ・・・

それを10回くらい繰り返して、やっと本当に起きることができた。毎日のようにそんな状態が続いた。よほどプレッシャーを感じていたのだろう。

今日もそれに近いことが午前中に寝ている時に起こった。

目を覚ましたが、動けない。別に起きてどこへ行く必要もないが、動けないことが気持ち悪い。いつの間にか誰かが自分の頭を、背中を尻を触っていて気持ちが悪い。金縛りのときと同じ触覚の幻覚だ。とにかく起きて動きたい。起きなければ起きなければ起きなければ・・・。

どうしても体が動かない。妻の名前を呼んで助けを求めるが、助けは来ない。なんとか自力で起きなければ。

もがいているうちに、やっと起きることができた・・・と思ったその瞬間。やはりまだ寝ている自分に気がつく。くそ、またか。今度こそ起きなければ、と頑張って、体を反転させて、畳の上に這いつくばって、タンスに手をかけて・・・、

また布団で寝ていた。どうしても起きることができない。それを何十回繰り返しただろうか。ようやく起きて、這いつくばってトイレまで行ったら、妻が入っていた。妻の名前を呼んでいた、布団に寝ながら呼んでいた。まだ自分は寝ていた。必死で妻の名前を呼び、「助けて、助けて」と大声で呼んでいた。炊飯器の電子音が聴こえた。ご飯が炊ける音だ。夢なのかなんなのかわからないが、ずっと叫んでいた。

妻が気がついて起こしてくれた。言葉にはなっていなかったが、だいぶうなされていたという。今度こそ本当に起きることができた。「さっきご飯炊けた?」と聞くと、炊けたという。聴覚は働いていたのだ。それにしても、こんな風にうなされて起こされるのは久しぶりだ。前はもっと頻繁にあった。

やはり自分で自覚している以上のプレッシャーを感じているのかもしれない。ここ最近の心身の不調と、コントロールできない食欲と体重。それらが重なって、もがいているのか。

かなり追い詰められている。追い詰めているのは、ほかでもない自分自身だ。

しんどくて横になっている時間が多い。
活動量が少なく、運動もできていない。

調子が悪いと、過食気味になる。
何か食べたい。食べても食べても食べたい。ダイエット中なのに食べたい。
食べてしまった。食べてしまった。食べてしまった。

停滞していた体重が、やっとこさ減り始めたのに、また増えだした。
自己嫌悪。

体重のことを気にし過ぎなのかもしれない。
毎日何回も体重計に乗っている。
体重なんて1日のうちにいくらでも変動するのに。

食べることに依存するのが過食症。
体重計の数値が減ることに依存するのが拒食症。

その2つが混在しているのか。
摂食障害は依存症の一つ。
鬱になりやすい人は、依存症にもなりやすいとか。

なんとかくい止めたい。

眠剤が効かない。

今日は朝からずっとしんどくて、夕方までずっと寝ていた。

最近調子が悪いことが多いが、今日は特にしんどい。

急に気温が下がったからだろうか。

明日は回復しているといいのだが。