TOPに戻る
鬱るんです
躁鬱病の元ITエンジニア「はまー」が心と体の模様を記した雑記帳。 大手IT企業で心身ともにぼろぼろになり退職した後、派遣のエンジニアをやったり小さなIT企業でほそぼそと働いたり、Web制作事業を立ち上げようとしたりしたが、今は就労継続支援B型事業所でリカバリーを頑張っている毎日。

糖尿病との闘いはすでに火蓋を切って落とされている。

私のHPに「カミングアウト宣言」と題して、躁鬱病とアトピー性皮膚炎について書いてあるが、糖尿病も追加するべきか。この日記も最初は自分が躁鬱病でなく単なるうつ病だと思っていた頃に書き始めたので「鬱るんです」というタイトルになっているのだが、躁鬱病だとわかってからは「躁なんです、鬱るんです」に変えようかと思ったものの長すぎるからこのままにしている。糖尿病を入れるとするとどうなるだろう。「打糖、躁なんです、鬱るんです」長いか、やはり。

カロリー制限はきつい。一日1500kcalに抑えるのは難しい。妻は糖尿病の食事のレシピ本を買ってきて「固形スープの素8分の1」とか書いているのを見ては「1センチ四方の固まりをどうやって8等分するんじゃい」などと嘆いている。「一度大きくしてから切り分けて、その後小さくするんだよ」とExcelやVIsioでお絵かきするときの技を教えたところで何の意味もない。

間食は厳禁。厳禁と言えば現金。現金と言えばキャッシュ。キャッシュと言えば、そうか一時的にため込んでおくのか。間食をすると一時的に血糖値が上がってしまう。だから間食は厳禁なのだ。ああ、わけのわからないことを書いて空腹感を紛らわしている自分が悲しい。

飲み物も、食事のとき以外は水、お茶、紅茶(砂糖無し)、コーヒー(ブラック)しか飲めない。3食きちんとバランスよくカロリーを制限して食べ、食べたら速やかに薬を飲まなければならない。しかし血糖値を下げる薬なので、飲み忘れたからといって、食事してから時間が経ってから飲んだら今度は低血糖に陥るのでそれも注意しないといけない。低血糖もこれまた危ないのだ。

鬱との闘い。空腹との闘い。糖尿との闘い。

一病息災とは言うが、一秒嘘くさいとは言わない。ああ、またもわけのわからないことを書いている。もう腹が減ったから寝る!


コメントする

メールアドレスは公開されません