TOPに戻る
鬱るんです
躁鬱病の元ITエンジニア「はまー」が心と体の模様を記した雑記帳。 大手IT企業で心身ともにぼろぼろになり退職した後、派遣のエンジニアをやったり小さなIT企業でほそぼそと働いたり、Web制作事業を立ち上げようとしたりしたが、今は就労継続支援B型事業所でリカバリーを頑張っている毎日。

「あなたは糖尿病です」

と医師に宣告された。先週の採血の結果、糖尿病に間違いなしということだ。「HbA1cが7.6」この値が全てを物語っていた。正常範囲の値は 4.3〜5.8。6台だとグレーゾーンだが7台以上だと完璧に糖尿病だそうだ。

なめていた。完全に自分の食生活や生活習慣をなめきっていた。これからは間食は許されないし、カロリー制限もしないといけない。運動もまじめにやらなければならない。糖尿病は怖い。合併症で失明することもある。一度かかったらなかなか後戻りできない病気である。なんとか進行を食い止めなければ。

血糖値を下げる薬やコレステロールを下げる薬などを処方された。数えてみたら、これで自分が一日に飲む薬の数は35錠になった。ヤク中である。

なんで、なんでこんなに病気が舞い込んでくるのか。今でも精神科(躁鬱病)、皮膚科(アトピー)、歯科(定期的に歯石除去)、眼科(目のアレルギー)といろんな病院に通院しているのに、2週間に一度通う病院がまた一つ増えた。やっかいな病気をまた一つ抱え込んだ。

問題なのは、抗鬱剤の中に食欲増進の副作用がある薬があること。鬱でしんどいとき、しんどくて寝たきりなのに、やたらお腹だけすいて食っては寝て食っては寝て、それでどんどん太ってしまった。間食をやめるということは、その欲求と闘わないと行けないということ。薬の副作用から来る食欲。これがまた手強いのである。これを必死に我慢すると、今度はストレスがたまってメンタル面が心配だ。

これからどうすればいいのだろうか。先が思いやられる。


コメントする

メールアドレスは公開されません