TOPに戻る
鬱るんです
躁鬱病の元ITエンジニア「はまー」が心と体の模様を記した雑記帳。 大手IT企業で心身ともにぼろぼろになり退職した後、派遣のエンジニアをやったり小さなIT企業でほそぼそと働いたり、Web制作事業を立ち上げようとしたりしたが、今は就労継続支援B型事業所でリカバリーを頑張っている毎日。

カテゴリー:Webサイト制作

昨日は22時半就寝。平日は21時半にしているのだが、今日は午後からピアミーティングがあるので午前中はお休み。朝はゆっくりできるのでそういう日は1時間繰り下げ。よく眠れた。最近は寝付きがよい。夜中も眠れたのだが、ときどき目が覚めてうすら寒いと感じた。布団をもう1枚出さないといけないか。

中華料理屋でめちゃくちゃうまそうなメニューを見つけて注文した夢を見た。お会計が先払いで、テーブルでチェックしたらドル札でお釣りが返ってきた。料理が出てくるのを心待ちにしているときに、目覚ましが鳴って目が覚めた。あああ食べたかったのに。払ったお金返してほしい。そんなこんなで7時半まで布団の中にいてから起きた。調子は少しだけ疲れが残っているかな、という感じ。朝は低空飛行だ。

いつものようにPCに向かっていたが、10時頃なんだか疲れを感じて「念の為」という感じで横になった。横になってはじめてどっと疲れを感じることがあるのだが、今日はそういうわけでもなかった。でも体を休めるために12時くらいまで横になって音楽を聴いていた。

昼食を食べてから、またしばらく横になっていた。どうもいかんな。やっぱ疲れてるのか?なんとか14時過ぎに家を出て生活支援センターへ。

毎月好例のピアミーティング。ピア(当事者)同士があるテーマについて自分の考えや経験を話したり聞いたりあーだーこーだ言ってなるほどそういう考えもあるのかと思ったり話しながら自分の事に気がついたりする場である。ぜえぜえ。たまには解説しておかなくては。今日のテーマは「相性」。

自分は今日のテーマについては最初ぴんと来ていなかった。自分の考えでは相性なんて第一印象で決まるじゃん、フィーリングの問題だから合う人は合うし、合わない人は合わない。以上、終了。みたいな感じだったのだが、話を始めてからいろいろ意見が飛び交って、案外みんなもっとフレキシブルに「相性」というものを捉えていて、相性は変えられるし変えようとしよう、という方向に話が進んでいった。自分とは違う目線での話はなかなか参考になる。

今日は自分がぴんと来ていなかったテーマだったということもあって、あまり発言はしなかったのだが、最後の方に「もっと利他的になろうよ」と発言した人がいて、ああそうかと思ってその時思ったことを話してみた。

自分がこの生活支援センターに最初に来たときには「助けてもらう」という意識が強かったが、みんなの輪の中に入れずぽつんとしていた。だけどこういうプログラムの場に参加するようになって、「助けてもらう」ではなくて「助け合う」という利他的な意識が高くなり、それこそが「ピアサポートの感覚」というものなんだろうと思って、少しずつ場に加わろうと、来ている人に話しかけてみるということをチャレンジしている。「相性は変えられない」と思い込んでいたが、みんなの話を聞いていて「努力すれば変えられる」と思ってきたので、これから努力しようと思う。

なんて話をしたらずいぶん感心されてしまった。

終わったあとに、ファシリテーターから「毎月水曜日にやっているけど、来月は木曜日になるかもしれません、決まり次第職員からお知らせします」と告知があったのだが、ある人が「それってセンターのウェブサイトに反映されるのは遅いですよね」と言った。「あれは誰がメンテしているんですか?」と私が言ったら、あれは外部の人に頼んでいて、とのことで「お金くれたら僕やりますよ」と冗談で言ったら、最初に尋ねた人が「え?君コーダーできるの?」と興奮した感じで言ってきた。「まあ多少の知識はありますけど」と返事をしたら、「Wordpressわかる?」と言うので、「自分のサイトはWordpressで作っています」と答えた。するといきなり「レスポンシブわかる?」とか言い出した。今までプライベートの話はほとんどしたことがなかった人だが、Web系の人だった。同業者、ではないがIT関係の人が他にもいたよ。ちなみにコーダーというのはこういうWebサイトのソースを書く人のこと。

それで、「12月までの案件があってね」とタブレットで完成イメージの画像を見せてくれて、「素材はあるんだがこれをWordpressに落とし込まないといけないんだ。コーダーできない?」といきなり聞かれた。めっちゃびっくりして「いや、自分は本職でなくてHTML5とかCSS3とか何年か前に勉強しようとかじった程度で、ちょっといきなりは無理です。今は作業所に通うだけでいっぱいいっぱいですし」と答えたら残念そうに、「まあ、また気が向いたら声をかてください」と名刺をくれた。このサイトは4年前にウェブサイトを制作する事業を立ち上げようとしたときに試行錯誤して作ったものだが、そのときに勉強したこともすっかり頭から抜け落ちているし、知らないこともいっぱいあるだろうからちょっと無理だろうけど、おもしろそうではあるな。せっかくスカウトしてくれたのに、う~ん、自分の知識と健康状態がまだまだ追いつけないのが残念。

帰ってきたらどっと疲れた。やはり2時間集中していると疲れる。作業所の作業と違って、他の人の話に耳を傾け、自分がそれに対して何を感じているか、頭をフル回転させているからだろう。明日は朗読の会なので作業所をお休みにしている。ゆっくり休もう。

今日の動画。なんにしようかなあ。別に動画なんて載せないでもいいのだが、やり始めたからには意地でもやるのです。絢香&三浦大知「ハートアップ」。絢香の声と三浦大知の声って相性いいな。歌い方の癖が似ているような気がする。無理やり「相性」にこじつけてみた。

Webサイト制作は完全に凍結状態。そんな甘い世界ではなかった。どうしても次の点がネックになる。

1.体調が不安定

体調が不安定なのはどうしようもない。どうにかなっていたら、今頃どこかの会社で働いている。いつまで経ってもどうにもならないから、自分で仕事を始めようとしたのだ。しかし、ビジネスの世界とはそんなに甘い世界ではない。体調が不安定だと納期を守れる自信がない。1周間や2週間も寝込んでいては話にならない。クライアントに迷惑をかける可能性が高いのに仕事を引き受けるのは無責任。

「そんなに急がなくてもいいから、ゆっくりやってくれたらいい」

という人も中にはいるかもしれないが、そういう人をどうやって探せばいい?コンスタントに受注できる方法は?

 

2.デザインセンスがあまりにもなさすぎる

デザインセンスがこれほどにもひどいとは、自分でも呆れた。確かに美術の成績は芳しくなかった。それでもなんとか他のサイトを真似たりして、と思っていたのだが、どう真似をしてもしょぼくなる。いや、真似すらできないこともある。デザインやらレイアウト、配色などの勉強はしたものの、理屈だけわかってもしかたがない。

Webサイトの制作会社を検索できるサイトがあり、予算や他の条件で絞り込むことができるのだが、とてもかなわない。全体的なデザインももちろんそうだが、細かい部品などもきれいに作りこんである。自分で絵が描けない上に、Adobeのソフトも使えなくなったから、ツールもなくなった。他のアプリの体験版も試したが、ベクターグラフィックのいい物は正直ない。

「別にそんなに凝ったものでなくてはいいから」

という人も中にはいるかもしれないが、そういう人をどうやって探せばいい?コンスタントに受注できる方法は?

 

徹底的にマーケティング&リサーチをやったわけではないが、ちょっと調べただけで今の時代に求められているクオリティが自分の想定よりはるかに高いことがわかる。どこの世界だって競争が激しい。だからこそ他と「差別化」するための何かが必要なのだろうけど。

 

3.サーバの運用管理の問題

「ホームページを作ります」とサイトで宣伝したり営業をしたりしてお仕事をもらった場合、「で、そのサイトはどこに作るの?」という話になる。これは当初の計画では、自分がレンタルサーバを契約してドメイン取得も代行し、顧客から保守費をいただく予定だった。それはどこの業者も当たり前にやっていることで、サーバとドメインの管理費が月500円くらいなのに対し、2,000円くらいの保守費を取る、というのが相場のようだ。

そうすると、1件案件をやれば、保守費だけで月に1,500円の利益が出る。10件やれば15,000円、20件やれば30,000円、やればやるほど保守費だけで稼げてしまう。もちろん顧客のお店が潰れたり他の業者に乗り換えたりしたら減ってしまうが、基本的に儲かっていく仕組みである。

しかし、その域に辿り着くまでに仕事がなくなって生活に困り、自分がレンタルサーバの代金を払えなくなってしまったらどうする?生活費を工面しても捻出できなかったらどうなる?顧客のWebサイトが一斉に見られなくなってしまう。それだけは避けなければならない。

それを考えると、一切仕事を請け負うことができなくなる。

「サーバはうちで用意するから、中身だけ作ってよ」

そういう人も中にはいるかもしれないが、そういう人をどうやって探せばいい?

最初に手がけた案件は、そういうお客様だった。身内だったから仕事をふってくれたが、そういうつてがずっとあるわけではない。自分のサイトで宣伝したり営業したりして、「お手伝いはいたしますが、サーバはお客様自身でご用意していただきます」と言って「ああ、そうですか」という客がどれだけいることだろう。「やるんだったら全部やってくれよ」普通はそう言うだろうし、他の業者は全部やるのだ。

どこで自分は差別化すればいい?

 

付け焼き刃ではどうにもならない世界だった。まさかこれほど競争が激しいとは。自分が甘かった。業者が乱立しているからこそ、低価格で高クオリティが求められている。Webサイトが商業目的だったら(当然それを想定している)、SEO対策は必須だ。そのノウハウもまだ自分の中には十分ではない。レスポンシブ対応をするにも、検証に使える実機が少なすぎる。

 

何もかも手詰まり。

このビジネスモデルは最初から破綻していたのだ。

お金を稼ぐ方法の続き。このブログにも、最初は「アフィリエイトってどんなものだろ」みたいな感じで広告を入れてみたが、このレベルではどうにもならない。

もう少し調べたら、「Amazon Product Advertising」というものに登録して、Amazonの商品を紹介して広告収入を得る、というのもあった。例えばこんな感じ。

正に名前そのままの「ホームページ辞典」。自分がWeb制作の勉強を始めた時に買った本で、今でも重宝している。「HTMLとはなんぞや」みたいな基礎的なところはあまり書いてないので、そこはある程度理解している人向けだが、HTML,CSS,Javascriptの主要な部分は押さえてあり、リファレンスとしては「やりたいことがすぐ分かる本」という感じである。

HTML5やCSS3については触れていないが、同じシリーズの「HTML5&CSS3辞典」がこれまた詳しいので重宝している。これもお勧め。

みたいな感じで、「これは良さげだ」と思うような紹介文を書いて(上の文章はいまいちだな)、誰かが検索してこのページに辿り着いて、クリックして買ってくれたら少しだけお金が入る。そんなに稼げるわけではないが、「数撃ちゃ当たる」で時々そういう記事を書いておけば、何もしないよりはましかも。

ただ商品を適当に褒めちぎればいいというわけでなく、あくまでも「自分がいいと思ったもの」の特長を的確に伝えないとただのハッタリになる。なんか紹介できるものがあれば、そういう記事をアップしてみよう。

デザインの勉強は棚に上げて(ちょっと現実逃避モード)、個別記事にソーシャルボタン(「いいね」とか)を設置したり、ヘッダーメニューの下にパンくずリスト(「ホーム > ○○」みたいな表示)を追加してみたり、いろいろやっていた。一応、Webページ作成のお勉強である。

せっかくパンくずリストを追加したし、WordPressでは固定ページを作って簡単にメニューを作れるので、昔書きためた手記をページとして作成していたところ・・・、

急に画面のレイアウトが崩れた。

文字はやたら大きくなるし、フォントはおかしくなるし、右のサイドバーの中の要素とかもアンバランスになるし、右上の検索ウィジェットがカレンダーの中に取り込まれている。おまけにせっかくサブメニューを作ったのに、選択しようとするとマウスポインタを下に下げるとサブメニューが消えてしまう。これはメインメニューとの間に隙間が空いたせいだろうが、この隙間はなんで空いたんだ!

何が起こったんだ?と思ったら、今まで空白だったGoogle AdSenseの広告が表示され始めた。なんかこいつが悪さしているらしいが、う~む、どうしたものか。

とりあえず、インスペクタで片っ端から調べて、CSSを調整していくしかないのか。それにしてもこんな弊害があるとは。

手記の方はおいおいアップしていく予定。

広告は嫌いであるが、Google AdSenseというのがどういうものか知りたいので、あえて貼ってみた。別にこれで収入を得ようというわけではない。

われながらうざい。

【3時間後に追記】

ありゃ、さっきまで表示されていた広告が消えてしまった。というか出ていたのが不思議だったのだが。

サイト上の広告コードを配置しても、そのライブ広告はすぐに表示されないことに注意してください。申請が完全に承認されるまで、一時的に「空白の広告」が代わりに表示されます。空白の広告はページの背景に同化して表示されるので、ユーザーには見えず、ユーザー エクスペリエンスへの影響はありません。

と書いてあったし、AdSenseにログインしても、

http://www.yet-another-world.jp/blog/hammer/ のお申し込みは審査中です。アカウントが承認されるまで、空白の広告のみが表示されます。

と表示されるので、さっき表示されていたのはプレビューだったのかなあ。