TOPに戻る
鬱るんです
躁鬱病の元ITエンジニア「はまー」が心と体の模様を記した雑記帳。 大手IT企業で心身ともにぼろぼろになり退職した後、派遣のエンジニアをやったり小さなIT企業でほそぼそと働いたり、Web制作事業を立ち上げようとしたりしたが、今は就労継続支援B型事業所でリカバリーを頑張っている毎日。

月別アーカイブ: 2014年1月

今日は買いたいもの、というか早急に買い替えが必要なものがあって、少し遠くのお店までバスを乗り継いで行こうとしたのだが、やはり今日も体調がいまいちで、途中でしんどくなって引き返し、お昼ごはんだけ食べて帰ってきた。無理をしてはいけないが、たまには無理を承知で出かけてみるのも悪くはない。(なんじゃそりゃ)

気がつけば今日は1月の最終日。ということで、家計簿の締めをする。今月は医療費が4万円以上もかかってしまった。手術やら入院やらなしでこんなにかかったのは初めてだ。普通の通院だけでも毎月2万円くらいかかっているが、それにプラス2万円以上かかったことになる。

何でそんなに医療費がかかったかというと、自分が帯状疱疹で2回皮膚科に行ったり(薬がめっちゃ高かった)、妻が蕁麻疹で2回皮膚科に行ったり(この薬も高かった)、あと妻の胸部CT検査(高い・・・)、自分の24時間心電図検査(そこそこ高い)、視野検査(そこそこ高い)、妻の鼻炎など、塵も積もれば、というよりどでかいのがドカンドカンとかかってしまった。

来月からどうなることやら。

昨日の体調は一昨日とあまり変わらず推移したが、今日はもうちょっとしんどい。

波があるからしかたがない。

外では風が強く吹いている。

ぜんぶ風のせいだ。

そういうことにしてしまおう。

普段は夢を見ないことが多い、というか見ているけれども起きるときには忘れてしまっているのだろう。しかし、ここ数日はなぜか覚えている。

前の前に勤務していた職場の同僚の女性が出てきた。ロボットを作るのが趣味な人だったが、何やら等身大の大きなものを作っていて、それを手伝っていた。

家族が2日連続で出てきた。家族の誰、というのではなく、漠然と家族全体、という記憶がある。1日目は、屋内のアミューズメントパークみたいなところにいて、姪が何かをほしがっていたり、兄は「次はあれに乗りたいと思っている」と、何かの乗り物を指さして言っていた。

2回目はみんなで車に乗っていた。その後場面が変わって、従姉妹とうどんか何かを食べたりしていた。その断片的な場面しか覚えていないが、兄と何か話をしたような気がする。

姪やら従姉妹やら、2日とも親戚まで出てきた。これはちょっと珍しい。

その次は昼寝のときだったか、山岳会の仲間2人が出てきた。2人とも一緒に北アルプスを2回登った女性で、自分とは仲が良かった。夢の中では、やはり山で、確かスキーをしていた。

その次は、かつて自分が活動していたヴォーカルアンサンブルグループのメンバーが出てきた。出てきたことだけ覚えているが、詳細は覚えていない。

今朝は、高校時代の卓球部の仲間が出てきて、昔に戻って卓球をしていた。

なぜ最近になって、見た夢をこんなに覚えているのかわからない。眠りが浅いのだろうか。どの夢も、その時点の自分に戻っている。帰りたいのだろう、あの頃に。

昨日は午前中から動けて、1歩とはいかなくとも少しは前進したと思ったのだが、今日はまたしんどくなった。朝起きて、ご飯を食べてまた昼まで寝て、ご飯を食べてからまた横になって・・・。

これではいかん、少しでも動かねば、と思って、なんとか着替えて近くのスーパーまで行って帰ってきた。本当はもう少し遠くのスーパーへ行くつもりだったのだが、いざ外に出たら、そこまで歩く気力はなかった。

妻も調子が悪い。どうして同期しているのだろう。

今日は午前中から皮膚科に行くことができた。帰りには、最近新しくできたコンビニに寄ったりする余裕もあったし、昼食も簡単だが自分で作って食べた。水曜から続いた不調は、とりあえず5日でストップしたようだ。

しかし、昼過ぎにはしんどくなって、夕方まで寝てしまった。でも昨日よりよくなっているから、これでいいのだ。