TOPに戻る
鬱るんです
躁鬱病の元ITエンジニア「はまー」が心と体の模様を記した雑記帳。 大手IT企業で心身ともにぼろぼろになり退職した後、派遣のエンジニアをやったり小さなIT企業でほそぼそと働いたり、Web制作事業を立ち上げようとしたりしたが、今は就労継続支援B型事業所でリカバリーを頑張っている毎日。

月別アーカイブ: 2010年11月

毎年京都の清水寺でお坊さんが大きな紙に大きな筆で書いている、例の一文字である。毎年個人的に予想しているのだが、投票者に図書カードなどの賞品が抽選で当たると知って、はじめて実際に投票してみた。その字とは、今年いろんな所でいろんな記録を塗り替えたやつである。と言ってもイチローではない。もう既に喉元は過ぎ去っているが決して忘れてはいない、おそらく直球勝負のど本命の漢字である。

ただ、喉元過ぎた最近のニュースを見ていると、「○朝鮮」とか「○方領土」とかの漢字を思い浮かべてしまうのは私だけだろうか・・・。

今日は失業認定日なので、午前中はハローワークへ。そして午後からは先日の日記で書いた「就労支援センター」へ行ってみた。いったいどういう機関なのだろう。何か得られるものがあるのだろうか。期待半分、不安半分で行ってみた。

行ってみて、職員の方と一時間あまり話をした。最初はこのセンターの説明と、私へのヒアリング。説明によると、ここは文字通り「障害者の就労を支援してくれる」公的機関だそうだ。特にこのセンターの利用者の9割が精神障害者とのこと。

なんだか事務的な感じに書いてしまったが、実際はとてもフレンドリーで、半分はヒアリングというよりカウンセリングである。いや、実際にただの職員ではなく、心理を専門としたれっきとしたカウンセラーだそうだ。また、スタッフ全員が民間企業出身で、会社や職場についての理解も持っているとのこと。

今日の話をまとめると、体調の様子を見ながら何回かカウンセリングを重ねていって、これから自分がどういう形でどういう職業を探していくべきか、一緒に考えていきましょう、ということであった。あくまでも支援センターであり、仕事の斡旋はできないのだが、仕事を見つけるまでのいろいろな手助けをしてくれるし、就職できた場合は、その後採用側の企業等との間に入って就労の継続を支援してくれるそうだ。

その他にもスキルトレーニングなど、いろいろなサポートをしてくれるらしい。公的機関なので費用は一切かからない。先日の精神保健福祉士といい、今日のカウンセラーといい、いい人に巡り会っているような気がする。ずっと一人で「どこへ行って誰に何を相談したらいいんだろう」と悩んでいたが、先日の精神保健福祉士に道筋を教えてもらい、その道を進めば、そこには導いてくれる人がいた。そんな気がした今日の面談であった。次回は再来週に面談の予約をして、帰ってきた。

今はまずまずのこの体調をこのままキープできることを祈りつつ、自分のできる仕事を見つけて、実際に職に就けるまで焦らずに自分のペースでできることを一つずつやっていこう。

ネットにはテンプレートがたくさん転がっているけど、検索したら、
「PCで作成してもOK」
「履歴書は手書きで職務経歴書はPCで作成」
なんて最近でも意見がわかれてる。

会社によりけり、担当者によりけりかもしれないけど、実際のところどうなんだろう。人事やその他採用に関するお仕事をしている方は「うちの場合は」でかまわないので教えてください。

前回(2006~2007年)就職活動をしたときは、必死に手書きで丁寧に丁寧に書いて、間違えたら一からやり直して、一つの会社に応募するのに用紙を3枚くらいダメにしたこともあった。履歴書用紙だってタダではないし、けっこう大変だったのだ。

履歴書を返送してくれない会社もけっこうあったけど、なんで返してくれないのかなあ。単に手間の問題なのかなあ。証明写真だって1枚100円以上するから、返してくれたら使いまわせてありがたいのに。

本格的に就活を始めるとなると、大量に履歴書をばらまいて、大量のお祈りメールをいただくことになる予感が希ガス。

これから自分、どうなるのだろう、どうしたらいいのだろう、そういう漠然とした不安の中、なかなか安定しない体調をもどかしく思いつつ、未曽有の就職難のなか、精神障害者が職に就くのは大変困難であることをネットのコミュニティなどで知っている私は、ずっと一人で大きな爆弾のような不安を抱えていた。

 

そんな折、ハローワークで精神保健福祉士と話をしてきた。相談してみてかなり気が楽になった。「尋ねないと知らない」行政の制度や機関はいろいろあるものだ。

 

仕事の相談に関しては、障害者の就労を支援する「就労支援センター」という機関があるそうだ。横浜市独自のものらしいが(うろ覚え)、横浜市内にいくつかあり、精神障害者専門のところも一箇所ある。それ以外のところで、精神障害に精通していてIT関連に強いところが上大岡にあるので、そこに相談することにした。あくまでも「就職について相談するところ」であり、仕事を斡旋してくれるわけではないが、今までの職歴、経験や障害の状態、家族環境などいろいろな面から、どういう形態でどういう仕事を選べばいいのか、アドバイスをくれるらしい。

 

生活面の相談に関しては、区役所の障害支援課に行政のケースワーカーがいて、その人にいろいろ相談すればいいとのこと。本当に困ってから相談に行くのではなく、「ここに障害者2人で生活している世帯がある。今はなんとかなってるが、この状態が続くと生活が破綻する」ということを予め話しておくといいとのこと。そうすると行政側も少しは気にかけてくれる(と言っていたが本当かなあ)し、民生委員に話を通してくれたり、少なくともにっちもさっちも行かなくなったときに、そこで初めて相談に行くより、ずっと話が早くなるとのこと。とにかく「障害支援課のケースワーカーとのパイプを作っておく」ことが重要とのこと。

 

そしてケースワーカーだけでなく、「精神障害者生活支援センター」というのが各地域にあるらしい。この施設もいろいろと相談に乗ってくれたり、単に無駄話を聞いてくれたりするらしい。うちからけっこう近いところにあったので、そこにも顔を出してみるといいとのこと。同じ地域の精神障害者同士で情報交換ができたり、何らかの支援を得られるようだ。この施設に関しても「顔を売っておく」ことが大事とのこと。

 

帰宅してから、とりあえず真っ先に上大岡の就労支援センターに電話してアポを取った。明後日に面談することになって、そのときに履歴書と職務経歴書を持っていかないといけないので急遽作成している。改めて精神障害者の履歴書のいい見本がないかを検索したら、普通の履歴書とはいろいろ異なったりすることがわかったので、別のサイトからダウンロードしたEXCELのテンプレートを手直しして作成中。

 

だがちょっと困っている。仕事の方向性が決まってない、というかそれを相談しに行くのに、志望動機やら自己PRやら書けないのだ。履歴書にしろ職務経歴書にしろ、応募する会社にあわせて今まで内容は変えてきた。まあ、とりあえず適当に書いてみて、それをたたき台にアドバイスをくれるだろう。「就労支援センター」なのだから。

風邪をひいて病院へ行ってから5日経っても、いまだに咳と痰と鼻水が止まらず、声もまだかすれている。5日分の薬ももうなくなるので再び病院へ行った。どうやら風邪ではなく、喘息が悪化しているようだ。多分気管支に細菌が入ったな、こりゃ。

というわけで、今度は14日分の薬を大量にもらって帰ってきた。これで一日に飲む薬は43錠になった。

おーい肝臓、大丈夫かああああああぁぁぁぁぁ。

前に出してもらったものより強い吸入ステロイド剤も1日2回、1回につき2吸入しなければならない。ああもう、めんどくさいのだ。これで今月の医療費は2万円を超えてしまった。おまけに今年の医療費の累計は20万円を超えた。健康な人が羨ましいよ、ほんと。