TOPに戻る
鬱るんです
躁鬱病の元ITエンジニア「はまー」が心と体の模様を記した雑記帳。 大手IT企業で心身ともにぼろぼろになり退職した後、派遣のエンジニアをやったり小さなIT企業でほそぼそと働いたり、Web制作事業を立ち上げようとしたりしたが、今は就労継続支援B型事業所でリカバリーを頑張っている毎日。

月別アーカイブ: 2004年2月

この日も疲れが残って1日中寝ていた。何もやってないのに、夜になると倒れこむようにして寝てしまった。

木、金と動けたからこの日も動けるかと思いきや、久しぶりに動いたので疲れがたっぷりたまっていた。体中の筋肉に力が入らない、という感じで一日中横になっていた。GSOの会議に出席できなかったが、他のメンバーも行く予定になっていたのでことなきを得た。

昨夜は寝つきはよかったものの、3時か3時半頃に目が覚め、それから眠れなくなった。しかたがないのでPCに向かってメールを書いたりなんぞしていたが、4時頃もう一度寝たら6時頃まで寝た。朝食を食べてまた寝た。今日はデイケアのイベントで、9時過ぎには家を出ないといけないが、不思議と今日は二度寝しても起きれる自信があった。

そしてちゃんと目を覚まし、家を出ることができた。昨日朝から体が動いたので、自然と自信が出てきたのだろうか。三渓園で満開の梅を見て、中華街で飲茶のランチ。楽しかったが、なんだかとても疲れてしまった。やはりずっと寝たきり状態だったから、外部からの刺激に対して敏感になっているのか。中華街にできた新スポット「横浜大世界」を出たのほ15時半ころだったか、そこで解散となったが、後頭部と首がとても痛かった。首と肩の凝りが物凄くて痛みを伴っている、という感じだ。そして朝から歩きっぱなしなので足が痛い。帰る途中、「台湾式足裏マッサージ」の看板を見つけ、思わず入ってしまった。いたぎもだった。少し痛いがとても気持ちよく、終わったあとにはすっかり足は軽くなっていた。

しかし、家に帰るまでに頭痛はますますひどくなり、帰って来てからもしばらく頭が痛くて動けなかった。20時前くらいになってやっと動けるようになって夕食を食べた。

今日の疲れを明日に持ち越してはいけない。明日はジョイントコンサートの会議にボーカルアンサンブルA代表として出席する。11時から渋谷なので、10時前には家を出ないといけない。さあて、明日はどうなることやら。

今日はやっとデイケアに行くことができた。しかも朝から。今日は午後から診察があるので、それに行かないと薬も切れるし会社に提出する傷病手当金の書類も書いてもらえない。絶対に行かなくてはならない日だった。先月はそういう大事な日にも動くことができなかった。だが、今日は違った。朝、動いたのである。いつもいったんは朝早く起きるが、立ってられなくなってまた寝てしまう。この「また寝てしまう」より先に、だいぶ時間は早いがもう家を出てしまったのだ。

そして無事1日乗り切ることができた。一度動き出すとその後はスムーズに体が動き、疲れを感じることもなかった。帰ってきたらさすがに少し疲れを感じたが、へとへとという感じではない。

今日よかったのは、朝起きた瞬間から「今日は大丈夫だ」というような感覚ではなかったのに、いつもと同じけだるい朝だったのに、そこからいつものように二度寝せずに体を動かせたことだ。同じ1日のスタートでも、そこからの動き方で1日の内容が全く変わってしまう。以前からわかっていることだが、この病気は朝が勝負なのだ。その勝負にいつも負けてばかりいたのだ。負け癖がついていたのだ。昼頃目覚めても遅いのだ。もうその時点で自分の心には敗北感が漂っており、そこから何かをするという気は全く起きなくなってしまうのだ。昼からデイケアに行けそうだけどなぜだか全く行く気がしなかったのはこのためだろうか?

ともかく、今日の1日はこれからに向けて大きな自信となった。そして明日はちょうどデイケアのイベントがあって、横浜の三渓園に行って梅を見て、そのあと中華街に行くのだ。明日もモチベーションを維持するためのイベントが偶然だが続いて、この調子を続けるいいチャンスだ。やればできる。できるのだ。最近ネットのeグループがYahoo!グループに変わったが、ずいぶん前に登録した自分のプロフィールを見て「思う、動く、叶う」と書いてあって懐かしかった。何の本に書いてあったのだっけ。初心を忘れてはいけない。

今日は昼頃、動こうと思えば動けそうだった。
行こうと思えば行けそうだった。
でも、結局デイケアには行かなかった。まるで行く気が起こらない。
なぜなのか。

明日は診察だ。
明日は行く気が起きるだろうか。